keigoman’s diary 注文住宅物語

注文住宅や、二世帯住宅にまつわる記事を中心に。

マンションのママ友・パパ友への、引っ越しのあいさつ文

 

新居の契約も済み、仮住まいも決定。

いよいよ、住み慣れたマンションを

去る日がやってきました。

新築の分譲マンションを購入し、住み始めてから9年。

その間に多くのママ友・パパ友もできましたが、

その方々に、引っ越しの報告をしなくてはなりません。

LINEでの一斉送信ではなく、手紙を書くことにしました。

この手紙の中にもありますが、

人づてに我が家の引っ越しを知るのではなく、

皆様に同時にこのことを伝えたかった、

というのが一番の理由。

以下は、その全文です。

同様の状況にある方は、よろしければ、

あいさつ文のたたき台にしてください。

 

 

拝啓 ●●様

 

突然の手紙で失礼します。

104号室の○○(私たち夫婦の苗字入る)です。

去る9月頃から持ち上がった話だったのですが、

このたび決定となりましたのでお伝えします。

 

引っ越します。

 

夫側の両親と一緒に住むため、

二世帯住宅を建ててそちらに移るというかたちです。

引越し先は、可能であれば、△△小学校の

学区内ということで土地を探したのですが、

土地価格を調べてみますと、

このエリアはなかなかの大都会で、

自分たちが望む条件では、残念なことに手が出ませんでした。

結局、××市という場所に落ち着くことになりました。

ちなみに最寄り駅は▲▲駅、バスで12分という距離です。

 

●●さんには、本当にいろいろとお世話になり、

大変、感謝しております。

 

駐車場やエントランスで会ったときに、

挨拶だけではなく、ちょっとした他愛のない会話が

できる関係というのは、簡単には得がたい、

貴重なものだと思っています。

夫婦、そして息子ともども、

仲良くしていただいたことは忘れません。

ご自宅にもお招きいただき、また、

遊びにも来ていただき、ありがとうございました。

●●さんのおかげで、楽しく過ごさせていただくことができました。

 

このマンションには永住する気まんまんでしたので、

ここを去ることは大変さみしいのですが、

決して、ネガティブな理由による転居ではないので、

前向きに行きたいと思います。本来であれば

直接お会いしたときにお伝えするべきなのですが、

個別にお話をさせていただきますと、

どうしてもタイムラグが出てしまい、

どなたかから伝え聞く形で、

私どもの転居の話が耳に入るということを

避けたかったので、手紙にてお知らせをさせていただきました。

 

まもなくこの部屋は中古物件として売りに出しますので、

買い手がつき次第、その方の希望にあわせて

部屋を空けることになります。

遅くとも来年3月末までには引っ越すことになりますが、

しばらくの間はまだこちらにおりますので、

これまで同様に仲良くしていただければ幸いです。

 

末筆になりましたが、これから寒くなってまいりますので、

くれぐれもお体には気をつけて、

ご夫婦、お子様そろって健やかに過ごされますよう、

心より祈念しております。

 

敬具

 

f:id:keigoman:20190123100733j:plain

↑写真は、私たちが実際に住んでいたマンションのLDK。

いろいろな思い出もありますが、

新しい生活に目を向けて、楽しくやっていきたい所存です。

 

※2019年新春追記

転居からまる3年が経ちましたが、

未だに、マンション時代の中の良かった方々とは

年賀状のやり取りもあり、

また時には遊びに来てくれたりと、

仲良くさせてもらっております。

今後とも、よろしくお願いいたします。

 

 

読者登録していただくと更新の大きな励みに
なりますのでよろしくお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 旭化成ホームズへ
にほんブログ村

↑「一斉通知…この手紙をもとに同じ方法をとるか」と

思っていただけましたら、クリックをお願いします。

新しい記事を書くモチベーションになります。