keigoman’s diary

注文住宅や、二世帯住宅にまつわる記事を中心に。

注文住宅で、アクセントウォールを5割安く仕上げる方法

 

f:id:keigoman:20180924171404j:plain

我が家の2階、長方形をしたリビングルームの一面は、

このようになっています。

テレビの向こうの壁に、アクセントウォール。

ちなみに、平田タイルというメーカーのものです。

アクセントウォールにタイルを使用するとなった場合、

最終的には「平田タイル」か「名古屋モザイク」の

どちらかで選択することになるケースが多いのですが、

その話はこちらの記事でも触れています。

 

keigoman.hatenablog.com

 

ともあれ。

これが、ずっと憧れだったのです。

…が、やはり

アクセントウォールは、新築の段階で

これをつけようとすると高い! 

写真にある壁の部分=横3500㎜×高さ2400㎜の面積で、

40~50万円ほどします。

そこで我が家は、新築の時にはいったんあきらめて、

壁を補強してもらうだけとしました。

通常は石膏ボードを張るのですが、のちのちタイルをはれるよう、

ベニヤのボードで補強しておいたのです。

 

これならば、追加の料金は2万円程度。

 

そして、入居から半年が過ぎたころ、ようやく小銭がたまったので、

タイルの施工業者に、こちらの工事を依頼したのでした。

少しでも安く上げるため、壁紙を自分たちではがした光景がこんな感じ。

f:id:keigoman:20180924171530j:plain

 

じいちゃんと息子と自分とではがして、壁はこのようになりました。

f:id:keigoman:20180924171623j:plain

 

そして、タイルを施工してもらったのが、以下の写真となるわけです。 

f:id:keigoman:20180924171710j:plain

 

ちなみに、業者に依頼したこの工事、材料費込みの工賃は、約25万円。

新築の時にハウスメーカーに

頼んだ場合に比べ、半額ほど安くなりました。

つまり、今日のポイントは以下となります。

新築の時にはなにかとお金がかかるもの。

アクセントウォールはいったんあきらめて

壁の補強だけをしておくことで、

出費も抑えられるという話でした。

施工業者でお悩みの方は、関東近郊であれば、

パソコン画面のお問い合わせフォームからお声をかけていただければ、

我が家が依頼した業者を紹介することもできます。

読者登録していただくと更新の大きな励みに
なりますのでよろしくお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 旭化成ホームズへ
にほんブログ村

↑「その作戦、もらった!」と思っていただけましたら、

クリックをお願いします。

新しい記事を書くモチベーションになります。