keigoman’s diary

注文住宅や、二世帯住宅にまつわる記事を中心に。

ヘーベルハウスの屋上をあきらめたら、月々6000円が浮いた話

 

ヘーベルハウスのモデルハウスに行くと、

必ずといっていいほど屋上があります。

f:id:keigoman:20180925065537j:plain

憧れます。

子どもと一緒に天体望遠鏡をもって上がり、

星や月を眺める…なんていうのも素敵です。

もしかしたら、少し遠くの花火大会なんかも見られるかもしれません。

我が家は予算の都合で太陽光パネルの設置はあきらめました。

…ので、理論上は3階部分の床面積と同じだけの広さの

屋上を設置することができるわけです。かなりの広さです。

営業の方に尋ねると、我が家に屋上を付けた場合、

上るための階段と、屋上に設置する手すりなど、

それに必要な工事によって

家屋の価格は約250万円アップするとのことでした。

35年ローンですから、これを

月々に直すと、約6000円となります。

月6000円。年に72000円。

きっと、建てた当初はうれしくて、

毎日のように昇ってはニヤニヤするかもしれません。

しかし、35年にわたって月6000円分、屋上という空間を

エンジョイするかと考えた時に、怪しいものだと考えるようになりました。

庭造りが好きで、屋上庭園を楽しみたいとか、

しっかりした目的がある方ならば、もちろん屋上はおすすめです。

しかし、私たち夫婦はそこまでのガーデニングピーポーではありません。

プランターやら、土や、たい肥やらを屋上まで運ぶのも、正直、面倒です。

その程度の人間が、月6000円の使用料を屋上に払うことはないだろうと。

年に一度の花火大会に72000円

払えるかといったら、高すぎます。

そんな判断で、私たち夫婦は屋上をあきらめたのでした。

 

でもやっぱり、憧れちゃう気持ちに変わりはありません。

こればっかりは後付けすることもできないものなので、

「月にいくらかかり、

自分たちにとってそれだけの価値があるか」

という観点で、屋上の設置を考えてみるとよいと思います。

読者登録していただくと更新の大きな励みに
なりますのでよろしくお願いします。

 

 

 

 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 旭化成ホームズへ
にほんブログ村

↑「屋上という施設を、月いくらで考える方法もあるのか」と

思っていただけましたら、クリックをお願いします。

新しい記事を書くモチベーションになります。