keigoman’s diary

注文住宅や、二世帯住宅にまつわる記事を中心に。

タイル壁のアクセントウォールにエアコンを取り付ける方法

 

今回はかなりマニアックというか、

ニッチな実用記事です。

タイトルにある通り、

基本「石」である

タイルの壁面に、

エアコンをいかにして

取り付けるか

という話。

もちろん、エコカラットや、

木製のアクセントウォールにも通用する方法です。

 

我が家のリビングは、かなり長めの長方形です。

よって、エアコンは、部屋を遠くまで見渡せる側、

つまり短い辺の壁に取り付けたいわけです。

f:id:keigoman:20190521175513j:plain

しかしその壁には、アクセントウォールを

設置したい。

しかもタイル。

タイル面に直接エアコンを設置するとなると、

タイルにネジ穴をあけるなど特殊な作業が

必要となるため、通常の家電量販店の

標準取り付け工事では対応してくれません。

 

ならば、エアコンを先につけておいて

タイルを後付けするか…?

 

つまり、エアコン部分だけタイルを貼らない

という選択肢もありますが、

十数年後、エアコンを買い替えた時に、

その空白部分のサイズが新しいものと

合うとは限りません。

 

ヘーベルハウスの営業マンも、

これは初めての事態のようで、

的確な対処方法がわからないようでした。

そんな時、内装関係の仕事をしている

じいちゃんが言ったのです。

 

「タイルと同じ厚みの板を

 貼っとくんだよ」

 

つまり、こういうことです。

f:id:keigoman:20180926062627j:plain

 

エアコンを壁に取りつけるネジのエリアだけ、

タイルではなく、板張りにするというわけ。

板の部分はエアコンで見えなくなりますから、

これならいつか訪れるエアコン買い替えにも

ばっちり対応できるというわけです。

板の厚みは、タイルと同じか、1㎜程度厚めに。

これはタイルによるので「何㎜の板」と

はっきり言いきることはできませんが、

約15㎜程度でしょうか。そして大きさは、

横48㎝×縦28㎝。

これを、タイル工事の前に、

木工用ボンドとくぎ打ちで、壁につけておくのです。

そもそもこの部分はアクセントウォールを

貼り付ける予定であったので、壁紙の内側は

全体が、ベニヤ板で補強されています。

 

で、できあがったのが、こちらの状態。

f:id:keigoman:20180924171710j:plain

 

…としたのですが、実はこれ、

板部分の縦が長すぎました。

エアコンをつけてみたところ、

5㎝ほど上に板が残ってしまったのです(涙)。

仕方なく、タイルの部分を写真に撮り、実物大の大きさで

マット写真紙にプリントアウトし、

板の上から張り付けました。

写真をよーく見ると、そこだけ色味が違うのですが、

気づく人もいないのでまあいいか、ということで。

 

そしてエアコンを設置した画像がこちらです。 

f:id:keigoman:20180926063226j:plain

 

日本中に何人の方が同じ悩みを抱えているか

わかりませんが、これから家を建てる方の

中には私たちと同じように、

タイル面にエアコンを取り付けたい方も

いるかもしれないということで

この記事を著してみました。

タイトルにある通り、

タイル壁の

アクセントウォールにも、

エアコンは

取り付けられます。

というお話でした。

施工業者でお悩みの方は、関東近郊であれば、

パソコン画面のお問い合わせフォームから

お声をかけていただければ、

我が家が依頼した業者を紹介することもできます。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 旭化成ホームズへ
にほんブログ村

↑「ほう、参考にさせてもらおうか」と

思っていただけましたらクリックをお願いします。

新しい記事を書くモチベーションになります。 

↑ 読者登録していただくと更新の励みに
なりますのでよろしくお願いします。