keigoman’s diary 注文住宅物語

注文住宅や、二世帯住宅にまつわる記事を中心に。

おしゃれすぎるnido (ニド)のペンダントライト、買った!

 

前略。いきなり本題です。

1階は親世帯、2~3階は私たち夫婦と

小学生の息子が住む二世帯住宅の我が家。

そして2階のリビングの照明は

すべてダウンライトとしたのですが、

1階リビングの照明は、

私たちが住んでいた分譲マンションで

使用していた照明を流用しました。

ダクトレールから、3つのペンダントライトを

吊り下げるタイプのものです。

こちらがマンション時代。

f:id:keigoman:20181001185947j:plain

 

そして、新居へ。

f:id:keigoman:20181001190103j:plain

 「いつか気に入ったデザインのものが

 あったら買い替えよう」

そう思っていたところ、

見つけてしまいました。

 

いきなり結論になりますが、

はい。

こちらです。 

f:id:keigoman:20181002064913j:plain

 

とっても素敵なので、別の角度からももう一度。

f:id:keigoman:20181001190623j:plain

 

nidoというブランドのもので、

そのまんま「ニド」と読みます。

飛騨高山にある柿下木材工業所という会社が、

照明デザイナー・渋谷達也氏とともに

作り上げたこの灯り。

精密な加工技術を駆使し、

木の良さを活かしながらも、

光の質にもこだわったという逸品です。

ハードメープルの内側の光が乱反射し、

木と木の間から木漏れ日のように

光が溢れるデザインが秀逸。

和風であり、洋室にも合う、

繊細なたたずまいが魅力的です。

ちなみに、nidoという名前は、

セードの傾斜角度が「2度」だから。

飛騨高山という、良質な木で知られる地の木工所が、

日本の家、日本のインテリアに合う照明を

…と作ったそうです。ちなみに、トイレの

ペンダントライトもこちらの会社の商品であることは、

柿下木材工業所のHPを見て知りました。 

keigoman.hatenablog.com

 

 結論として、この会社が作るものは、

私たち好みであるのでしょう。

どれも、木のぬくもりが感じられて素敵です。

 

実を言えば、このnidoシリーズには、

高さ1600㎜の

フロアスタンドもありまして。

こちらです。 

 

同じ部屋に、セットで置いたら素敵だろうなあ…。

いつの日か、また小銭がたまった暁には、

導入したいところなのであります。

草々。

読者登録していただくと更新の励みに

なりますのでよろしくお願いします。

 

 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 旭化成ホームズへ
にほんブログ村

↑「うん、こんな照明も悪くないねー」

と思った方はクリックお願いします。