keigoman’s diary

注文住宅や、二世帯住宅にまつわる記事を中心に。

シンボルツリーも自前で安価に。見落としがちな値下げポイント

タイトルですべて物語ってしまっておりますが、

注文住宅を建てるにあたって、グレードを下げることなく、

少しでも安く仕上げる方法はたくさんあります。

この記事や、

 

keigoman.hatenablog.com

 

この記事などもそう。

 

keigoman.hatenablog.com

 

 

そして今回は家の外、シンボルツリーのお話です。

 

2000年代に入ってから、戸建ての玄関周りに大きめの木を植える、

「シンボルツリー」という言葉が使われるようになりました。

建売住宅でも、これが最初から植えられている場合も多いようです。

 

注文住宅の場合は、家をどうするかという打ち合わせの中で、

シンボルツリーのスペースを設けるのか、いらないのかを決めます。

そして設けるのであれば、そこに何を植えるか、

自分の好みの種類をオーダーすることができます。

建売のように、最初から決まった木が植えられているのとは違い、

これを選べるところもまた、注文住宅の醍醐味です。

 

…が、オーダーしないことも、もちろん可能です。

玄関の周囲に、それ用のスペースだけを作ってもらっておいて、

あとは自分でホームセンターに行くなりして、買って、植えるのです。

これで、かなり安くなります。

具体的な数字の資料が残っていないのが残念なのですが、

実践される方は、打ち合わせの段階で、営業の方に聞いてみてください。

「ここに、この木を植えると総額でいくらアップになりますか?」

木の値段と、植栽の費用とを教えてくれることでしょう。

その作業を、自分たちでやってしまおうということです。

 

我が家のシンボルツリー用のスペースを作る外構工事の様子がこちら。

 

f:id:keigoman:20181003215528j:plain

 

そして、完成した状態がこちら。

 

f:id:keigoman:20181003215622j:plain

植える場所だけを作ってもらって、これで「完成」です。

 

引っ越しを終えて最初の週末、家族そろって、

ここに植えるための木を買うために、

東京・練馬区にある、オザキフラワーパークへ。

関東のガーデニング好きな方にとっては、おなじみのお店です。

店内を回り、いろいろな候補が上がった中、

シマトネリコという木にしました。

 

また、植栽用の木と同時に、

それを支えるための、焼杉の杭も購入。

これにもいろいろな種類があるので、

自分好みのものを選べるのが、自前の利点です。

ついでに、シマトネリコの足元に植える小さな植物も購入。

 

自分たちで穴を掘り、植えた木は、その眺めもひとしお。

こんな感じになりました。

奥に置いてある植木鉢は見なかったことに…。 

f:id:keigoman:20181003215550j:plain

ツリースペースの周囲のこまごました植物は、枯れたらチェンジ。

季節ごとのグリーンを楽しんでおります。

ちなみに、自前で購入するシマトネリコの値段は、こんな感じ。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【現品発送】シマトネリコ樹高1.9-2.3m(根鉢含まず) 株立
価格:9800円(税込、送料別) (2018/10/4時点)

楽天で購入

 

通販でも買えるのなら、

無理して軽自動車に積み込むことなかったな…。 

 でもやっぱり、実物を見ながら買うのも大事だしな…。

そして、この日から2年半が過ぎ、

シマトネリコは、こんなに大きくなりました。

f:id:keigoman:20181007173702j:plain

高さはもう十分なので、これからは、剪定しなくてはならないかも。

読者登録していただくと更新の励みに
なりますのでよろしくお願いします。

 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 旭化成ホームズへ
にほんブログ村

↑「読んだ甲斐があった」と思っていただけましたら、クリックをお願いします。

毎日原稿を書くことを目標としている自分の大きなやりがいとなります。