keigoman’s diary 注文住宅物語

注文住宅や、二世帯住宅にまつわる記事を中心に。

ヘーベルハウスの三階建て二世帯住宅。三階建てであることのメリット

 

私たちの家が3階建てになった理由は、

ひとえに、二世帯住宅であるからです。

1階は親世帯。2、3階が私たち子世帯です。

3階建て住宅のメリットを紹介していきます。

 

まずはなんといっても、

見た目が威風堂々としていらっしゃる。

f:id:keigoman:20190128192957j:plain

 

青空をバックに、そびえ立つ白いお家。

「一国一城の主」感が、より味わえます。

 

そして前述の通り、1階は親世帯。 

2階に18.5帖のリビングルームと、トイレ&お風呂。

3階は夫の部屋、妻のウォークインクローゼット、

子ども部屋と、和室があります。

f:id:keigoman:20181007151653j:plain

 

 

交差点の角地に建つ我が家。

隣接する家はすべて2階建てということもあり、

3階からの眺めはなかなかに気持ちがいいものです。

中でも、3階和室で寝ている状態から

窓の外を見た時の光景がこちら。

f:id:keigoman:20181008110819j:plain

 

空しか見えない窓。

タワーマンションの最上階と言えば大袈裟ですが、

限りなくそれに近い味わいです。

 

また、2階にリビングを設けた3階建てなので、

憧れだった吹き抜けを

設けることができました。

18帖のリビングの中央あたりに、

ぽっかりと上に抜ける空間と、大きな窓。

この部屋の明るさは、

常に外の明るさと同じです。

f:id:keigoman:20181008212904j:plain

 

2階建てで吹抜けを設けるのであれば、

1階にリビングを設ける必要がありますが、

やはりリビングは上階のほうが圧倒的に明るいです。

2階リビング+吹抜けというのは、3階建てならでは。

マンションに住んでいた頃は1階だったこともあり、

昼間でも、リビングの電灯は点けていました。

その当時は、部屋に置いた観葉植物も

すぐに枯れてしまっていましたが、

今は、水やりさえ忘れなければ、

どれも生き生きと茂っています。

日中、日当たりの良い場所に移動させる必要はありません。

「ここに置きたい」という場所に置いておけば、

そこが日当たりの良い場所なのです。

二世帯ではなく、単世帯で2階建てを建てる方も、

1階ではなく2階にリビングを設けることは、

一考する価値はあると思います。

 

また3階建ての場合は、思い切って

3階にリビングを置くという手もあり。

立地によっては、かなりの解放感が得られるはずです。

都内近郊であれば、川越の住宅展示場にある

ヘーベルハウスのモデルハウスがそう。

3階のリビングルームに沿って広いベランダがあり、

非現実的なほどに素敵な空間で、

こちらも一見の価値ありです。

f:id:keigoman:20181008111137j:plain

↑川越展示場の画像をお借りしております。

 

実は最近、嫁の知人がヘーベルハウスで

家を建てたのですが、

3階建ての3階にリビングを設け、

同じフロアに広いベランダを設けたようです。

赤ちゃんがいる家庭なので、

ベランダにはきっちり水道蛇口もつけて、

いつでもビニールプールができる仕様に。

しかも、下からの視線を完全に遮るために

ベランダ手すりを、高めの壁としたそうです。

新築祝いで遊びに行った際、

そんな家を建てたパパは言いました。

「これで、子どもをプールに入れながら、

 昼間っから全裸でビールが飲めるんですよぉぉ」

 

その手があったか。

 

我が家も、せめて3階ベランダだけでも

そうすればよかったと思いましたよ。

3階ベランダは、立地によっては

視線が入ってこないのです。

 

そしてヘーベルハウスの場合、

3階建ては重量鉄骨造ですが、

2階建ては軽量鉄骨造となります。

耐震性などの強度に変わりはないのでしょうが、

やはり重量鉄鋼の方が、さらに強いイメージです。

制振装置も、2階建てと3階建てでは

まったく異なります。

詳しくはこちらから。 

www.keigoman.com

 

その一方で、3階建てにはいろいろ制約もあります。

まず、住宅街であればどこにでも

建てられるわけではないこと。

これについては、土地探しの話にもかかわってくるので、

詳しくは、下記をご覧いただけましたら幸いです。

 

www.keigoman.com

↑住宅街で3階建てを建てるにあたっての

注意点も記してあり、

こちらも読み応えある記事となっております。 

 

ちなみに3階に和室を設けたのは、

やはり家の中にひとつは

畳の部屋が欲しかったことと、

ベッドではなく、布団で寝る派だからです。

妻も自分も、ずっと布団で寝てきました。

さらに、小学生の息子は幼少期から

めちゃめちゃ寝相が悪く、

布団を飛び出していなくなり、

気づけば隣の部屋で寝ていることもしばしば。

とてもベッドでなど、眠れるはずがありません。

そんな理由から、3階の和室が我が家の寝室です。

4帖半の部屋に布団を

敷き詰めて、基本的には万年床。

友人が来るとか、バス見学会があるとか、

そういったことでもない限り、

この部屋は一面、布団の海です。

3階で布団で寝ることのメリットは、

以下の記事にも書きましたが、

晴れた日は気軽に布団干し放題できます。 

www.keigoman.com

 

また、3階建てのデメリットについて語りますと。

先に述べた通り重量鉄骨となるため、

2階建てに比べて建築材料費が上がります。

さらに基礎工事も、2階建てのそれに比べて

3階建てはより深く掘る必要があるため、

坪単価が高くなるわけです。

 

ただやはり、ネックになるのはご近所様との関係。

問題が発生するか否かは立地次第なのですが、

まずは、この点を第一に考える必要がありそうです。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 旭化成ホームズへ
にほんブログ村

↑「読んだ甲斐があった」と思っていただけましたら、

クリックをお願いします。 毎日原稿を書くことを

目標としている自分の大きなやりがいとなります。