keigoman’s diary 注文住宅物語

注文住宅や、二世帯住宅にまつわる記事を中心に。

ヘーベルハウス建築レポート 第4~5週目

 

基礎の状態から1週間後。

足場が組まれ、すでに1階部分の鉄骨が組み上がり、

2階に差し掛かっているのが見えます。

f:id:keigoman:20181017192500j:plain

 

それから2日後、中を見ると階段が。 

f:id:keigoman:20181017192523j:plain

 

見ての通り、階段部分も鉄骨で作られているので、

万が一、家の中が火事になっても、

階段が焼け落ちることはありません。

そして、床にもヘーベル版が張られているのが見えます。

 

さらにこの日、1階の窓も取り付けられていました。

木造の場合は、窓は屋根までが組み上がってから

取り付けるのが通常ですが、重量鉄骨の場合はこの時点ですでに

窓がつけられているのがポイント。

地震の際にも、窓枠が鉄骨自体に取り付けられているので

ゆがむことなく「開かない」という事態を避けられるそうです。

f:id:keigoman:20181017192638j:plain

 

後に、我が家の駐車場となる場所に小型のクレーン車が入っています。

f:id:keigoman:20181017192742j:plain

この写真↑の注目点は、左側にある電柱から伸びた電線。

その全てに、黄色いカバーがかけられ、

養生がなされていることが分かります。

電線を傷めないよう、我が家の工事のために、これが

行われているのです。そのことに気が付いた時には、

ちゃんとした会社のていねいな仕事だと感じました。

そして、この手間賃も家の値段に入っているんだな…。

 

そしてまた翌日も現場へ。

1階に、ALCパネル=ヘーベル版が取り付けられていました。

f:id:keigoman:20181017192832j:plain

 

玄関扉が取り付けられる部分の左右に、

はめ込み窓もついていました。

f:id:keigoman:20181017192848j:plain

 

これが、のちにこうなるわけです。

f:id:keigoman:20181017192911j:plain

 

 玄関も、先の窓と同様に

「地震で歪んで開かない」ことがないわけです。

 

まだまだ先は長く、待ち遠しい日々は続きます。

 

完成まであと

93

 

www.keigoman.com

 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 旭化成ホームズへ
にほんブログ村

↑どなたでもクリック可能です。

押していただけると、新たな原稿のネタが湧き出てきます。