keigoman’s diary

注文住宅や、二世帯住宅にまつわる記事を中心に。

つけてよかった! 注文住宅に欠かせないオプションベスト5

 

最近の新築マンションや建売住宅では、

食洗機、浴室乾燥機などはもはや「標準」と

言っていい装備となっていますが、

注文住宅の場合は、その一つ一つに対して、

つけるか否かの選択を迫られます。

「つけたいけど、高いし、あきらめるか」

そう思うことも多いでしょうし、

私たちもいろいろ諦めはしました。

ちなみに諦めたもの一覧はこちら。 

keigoman.hatenablog.com

 

それでも、諦めることなく導入した

装備の数々があります。

そのどれもが、

つけてよかった度100%。

せっかくの新築、そして注文住宅を建てるのであれば、

これだけは諦めたくない!

…と思われるものを紹介します。

ランキング形式ではありません。

そのどれもが、つけてよかった第一位です。

 

1.食洗機

我が家は二世帯住宅ですが、親世帯と子世帯で

キッチンは別々なので、私たち夫婦の洗い物は家族3人分です。

その食事で出た洗い物は、

どんなメニューであれ、

1日2回の使用で

すべて済みます。まずは、

朝ごはんで使ったまな板、みそ汁用の鍋、茶わん類。

これに、自分がお昼に食べた1人分の

わずかな食器を足して昼過ぎにまず1回運転。

夕飯は、例えばフライパンにまな板、

ご飯を炊いたときの炊飯ジャーのお釜や

食器類の全てと、麦茶を入れている

2リットルサイズのピッチャーなども入れて

寝る前に1回運転。

これで全ての洗い物が終了するので、

我が家のキッチンには洗い物を干すかごはありません。

詳しくは、こちらの記事を参照ください。 

keigoman.hatenablog.com

 

かごがないので、キッチンもすっきり。

冬場の手荒れもなくなり、いいことづくめです。

もう、食洗機なしではいられません。

共働きで子どもがいる家庭であれば、なおさら必需品です。

 

2.浴室換気乾燥機

2005年に新築購入した分譲マンションにも

これはついていましたが、

今の乾燥機は、性能が違います。

マンション住まいの頃は、家族3人分の洗濯物が乾くのに

6~8時間がかかっていましたが、今は

3~4時間でずばっと乾きます。

子どもの洋服サイズが大きくなった分、

今の方が乾かす布の量は多くなっているはずですが、

それに要する時間が全然違います。

単体で比較することはできませんが、恐らくは

電気代も、時短ができる分より安くなっていると思われます。

梅雨時はもちろん、梅雨よりも実は雨の日が多い秋など、

もう、浴室乾燥なしではいられません。

生乾きの湿ったバスタオルとは、これでお別れです。

f:id:keigoman:20181023155455j:plain

 

浴室乾燥についての詳細はこちらから。 

www.keigoman.com

 

 

3.電動シャッター

注文住宅ですから、

全ての窓に対して、シャッターをどうするのか決めます。

つけるのならば電動か手動か。

そして我が家は前述の通り二世帯住宅なので、

老夫婦が住む1階の窓には、

電動シャッターを2つつけました。 

www.keigoman.com

これがもう、音もなく素早く

開け閉めできて素晴らしいわけです。

冬の寒い日にも、窓を開けることなくボタンをピッで

閉まるわけですから、室内の暖かい空気を逃がすことなく、

外に出て寒い思いを

することもありません。

今は元気なご夫婦も、いつかは年老いるわけです。

後付けするには大ごととなる装備ですので、

最初からつけておくことをおすすめします。

f:id:keigoman:20181023161953j:plain

 

4.玄関収納

これぞ、注文住宅のだいご味でしょう。

玄関わきに、極力広めの収納を設けることで、

住みやすさは格段にアップします。

まず、靴類の大半をここにしまうことができるので、

玄関に大きな靴箱を

置く必要がなくなります。

天井までの高さの靴箱は圧迫感があり狭い

印象を与えますが、

背の低い小さめの靴箱を置くことで、

玄関を広く見せることができます。

さらには、赤ちゃんがいる家庭にとっては、

ここにベビーカーやバギーをしまえるのは大きな魅力。

我が家の場合はテントやBBQコンロなどの

アウトドアグッズ一式と、高圧洗浄機などが入っています。

これにより、屋外に倉庫を置く必要もなくなります。

f:id:keigoman:20181023160219j:plain

www.keigoman.com

 

 

5.床暖房

2000年初頭から家庭に普及し始めましたが、

これが出始めた当初はランニングコストが高く、

「つけたはいいけど使わない装備」

ナンバーワンでした。

今は違います。

冬場は毎日使ってもよいだけの熱効率を誇る、

理想的暖房ナンバーワンです(我が家調べ)。

充分暖かいので、エアコンと併用する必要はありません。

床からじんわり温まるので、

はだしで過ごせます。

灯油を定期的に購入する必要も、もちろんありません。

ただし、つけてすぐに温まるものではないので、

朝起きる20分前くらいにタイマーで

ONにする必要はあります。

面倒なのはたったそれだけ。

こちらも後付けはしにくいアイテムなので、

最初の段階で思い切るのが吉です。 

www.keigoman.com

 

f:id:keigoman:20181023155758j:plain

 

無垢の床とか、太陽光とか、

天井埋め込みのスピーカーとか、

憧れてしまう装備は色々ありますが、

我が家の場合はまず、上記の5つを優先しました。


 

 

 

中でも食洗機と浴室乾燥は、この家に来る前の

マンション時代から使っており、

その利便性は知っていました。

これらがない家に住んでいたころはそれでも

問題なく住んでいたのですが、やはり、

一度使えばその良さは分かります。

 

これから注文住宅を建てようとしている友人には、

必ずこの5点を勧めています。 


にほんブログ村

 ↑「読んだ甲斐があった」と思っていただけましたら、

クリックをお願いします。

毎日原稿を書くことを目標としている自分の

大きなやりがいとなります。

 

 

読者登録していただくと更新の励みに

なりますのでよろしくお願いします。