keigoman’s diary

注文住宅や、二世帯住宅にまつわる記事を中心に。

なぜ我が家は外構工事までヘーベルハウスに依頼したのか⁉

 

注文住宅の中でも、

ヘーベルハウスは比較的、

坪単価の高いハウスメーカーです。

それだけに、

いかにして安く上げるか

という工夫を重ねてきました。

 

↓これとか。 

www.keigoman.com

 

↓はたまたこれとか。 

www.keigoman.com

 

要は、ハウスメーカーを通さずに、

「施主支給」という形で、

自分たちで取り付けることで、

いろいろな設備を仕上げるということです。

「自分たちで」と言っても、DIYするわけではなく、

専門業者に依頼するということですが。

 

そうやって、

独自の手配で安く

上げられるものの中には、

「外構工事」があります。

家、つまり建物以外の部分の工事のことで、

具体的には、駐車場や塀、庭、門柱など、

家の周囲を整える工事のことです。

こちらもまた、ヘーベルハウスを通して

依頼するよりも安く上げられたり、

同じ値段でもよりグレードの高い

仕上げにできたり、

ブロックの種類などの選択の幅が

大きく広がったりします。

 

そして、余計な出費撲滅委員会

勝手に名乗る我が家ですが、

この外構工事はヘーベルハウスに依頼しました。

その理由のひとつが、これです。

f:id:keigoman:20181106164119j:plain

 

自転車置き場です。

後付けするよりも、

最初からつけてもらった方が

仕上がりが早くてきれい、かつ、

家との一体感もあると判断しました。

ちなみにこちらの自転車置き場、こみ込みで約15万円です。

 

そして何よりも大きな理由はこれです。

f:id:keigoman:20181106164309j:plain

 

門塀。

道路に面した玄関の目隠しであり、

ピンポンやら郵便受けやら表札やらを

設置するための壁ですが、

これをどうしても、

家と同じ純正の色にしたかったのです。

というわけで、

仕上がったものがこちらになります。

f:id:keigoman:20181106165029j:plain

 

外壁には凹凸があり影ができる分、

やや暗く見えますが、

門塀と外壁は同じ「ダイナホワイト」です。

f:id:keigoman:20181024082841j:plain

 

正面から見るとこんな感じ。

白のように見えて結構まだらな、

ヘーベルハウス独自の色です。

外構工事を別の業者に依頼し、

似た色で塗ってもらうことも考えたのですが、

やはり全く同じ色にしたかったので、

こちらの外構工事一式を

ヘーベルハウスに依頼をしました。

ちなみに、表札はこちらになります。

 

 

今回の記事を書くにあたり、

ややマニアックな資料も出てきたので、

ついでに載せておきます。

 

f:id:keigoman:20181106165536j:plain

 

外構工事の設計図、「外構図」です。

分かる方には分かるのですが、土地は角地です。

かつ、台形をしています。

その、一見使いにくそうな余りの部分に、

自転車置き場を設けました。

f:id:keigoman:20190610151520j:plain

 

かくして、門塀も自転車置き場も含めて、

一体感のある建物に仕上がったのではないかと、

マイホームパパは自負しているのでした。


にほんブログ村

↑家ブログのランキングに参加しています。

こちらの写真をクリックしていただけると、

新たな原稿のネタが湧き出てきます。

f:id:keigoman:20181106170633j:plain

読者登録していただくと更新の大きな

励みに なりますのでよろしくお願いします。