keigoman’s diary 注文住宅物語

注文住宅や、二世帯住宅にまつわる記事を中心に。

映画、ゲーム、カラオケ…シアタールームでできること

 

女子受けの悪いシアタールームネタですが、

まだまだ書きます。

 

これまでも少し触れてきましたが、

自分の作ったシアタールームは、約70インチ大の

スクリーンに加えて、PC、テレビと、

全部で3つのモニターがあります。

 

その3つで、同時に

別々の動画が見られます。

 

例えば、スクリーンの大画面で

浦和レッズの試合を、右下の小さなテレビで、

その裏でやっている

鹿島アントラーズの試合を、

さらにPCでは、最終的な順位に関わる

また別の試合を。

DAZN(ダゾーン)や

BS放送や地上波なども駆使することで、

3試合同時に見ることができるわけです。

Jリーグもシーズン終了間際ともなると、

その試合次第で最終的な順位が決まったりするので、

同時に見たい状況というのはあるわけです。

そして、アンプがあればこのように

同時に見ることが容易になります。

 

同様に、オリンピックの時には、

日本人選手が出ている別々の競技を

同時に見られますし、

ワールドカップの時にも、同時刻キックオフで、

日本代表戦の裏でやっている、

日本の順位に関わる試合を見られるわけです。

3つのモニターに目を凝らしている姿は、

ちょっとしたデイトレーダーのようです。

 

www.keigoman.com

 

そしてまた、

この部屋は

ゲーム部屋でもあります。

と言っても、WiiUとNintendo Switch(ニンテンドースイッチ)

だけですが、それを、

32インチのテレビでも、大画面スクリーンでも遊べます。

しかも後ろから音が迫ってくる5.1ch仕様。

Nintendo Switchが発売された当初の目玉ソフト

『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』の場合は、

森の中を歩き回っていると、左後ろから、

「フゴーッ、フゴーッ」と声がして、

振り返るとボコブリンが間近に迫っているわけです。

右後ろから「キィキィ」と声がするので見てみると、

アイスキースが近づいてくるのが見えるわけです。

70インチの大画面でシーカータワーの上に立ち、

塔の端っこから下をのぞき込むと、下腹部がぞわぞわします。

 

かように楽しめる部屋なわけですが、

ボタンひとつで、映画ももちろん見られます。

しかも、amazonプライム会員なので、

3万本を超える映画がいつでも見放題。

 

新居が完成し、我が家の担当だった営業のKさんが

遊びに来た時に、この部屋に入ってもらいました。

そして、Kさんは言ったのです。

「出たくない部屋ですね」

リップサービス半分とはいえ、最高の賛辞をいただきました。

 

正面に並んだ機器の内訳は、この通り。

f:id:keigoman:20181109143316j:plain

 

なによりもこの部屋が便利なのは、

この小さな窓にシャッターを付けたところ。

昼間から、この部屋は真っ暗にすることができ、

かつ、シャッターのおかげで防音効果もあります。

f:id:keigoman:20181102114148j:plain

 

外から見ると、この窓です。

f:id:keigoman:20181109143541j:plain

 

そして、

WiiUや、Nintendo Switchにはカラオケの

ソフトがあり、ネットにつなぐことで、

新曲が毎週バンバン配信されます。

曲数はこの2つで微妙に違っていて、

WiiUは10万曲、Nintendo Switchは14万曲。

ともあれ業務用のカラオケボックスLIVE DAMが

約20万曲ですから、それに匹敵する曲数です。

 

そのあたりはまたいずれ書くとして、

家の中でカラオケができるというのがポイント。

しかも、ヘーベルハウスならではの

防音性の高さも奏功して、

我が家は夜中でも歌います。

入居した当初に「どこまでボリュームを上げたら

外に聞こえるのか」を実験しましたが、

ほぼ、カラオケボックス並みの音量で

イケることが判明しました。

住宅街の真ん中で、

私たちは今夜も唄います。

 

ゲーム、映画、カラオケ。

ついでに、趣味のギターも弾き放題。

ちょっとした

ラウンドワンと化した、

我が家のシアタールームなのでした。

 

ずっとこんな部屋が作りたかったので、

ようやく夢の一つがかなった思いです。

また小学生の息子も、この部屋が大好き。

週末になると、今は『名探偵コナン』の映画を

家族そろって観ています。

つい去年までは、ポケモンやドラえもんだったのに。

どんどん成長していくのに合わせて、

この部屋で見る映画もまた、

どんどん変わっていくのでしょう。

いつか『ショーシャンクの空に』とか、

父ちゃんが見せたい映画を一緒に観る日が来るのかな。

 

ともあれ、家の中にカラオケルームがあると、

飲んで歌って、飲み潰れたら

布団に直行できるのもいいのです。 

読者登録していただくと更新の大きな

励みに なりますのでよろしくお願いします。

 

 


にほんブログ村

↑「読んだ甲斐があった」と思って

いただけましたら、クリックをお願いします。

毎日原稿を書くことを目標としている自分の

大きなやりがいとなります。