keigoman’s diary

注文住宅や、二世帯住宅にまつわる記事を中心に。

ヘーベルハウス建築レポート 第18週目 完成直前内覧会開催の巻

 

通りすがりの小学生が

「あっ、あの家かっこいい!」と叫んだ

建物も、ついに完成となりました(実話)。

f:id:keigoman:20181123163926j:plain

 

建物の工事はほぼ終わり、残すは外構のみ。

門塀も建てられて、

こちらも塗装を待つばかりという状態です。

この壁を、建物の外壁と同じ、

ヘーベルハウスオリジナルカラー

「ダイナホワイト」にするために、

私たちは外構工事もヘーベルにお願いしたのです。

詳細はこちら。 

www.keigoman.com

 

門塀に向かって右側では、シンボルツリーを植える

スペースの工事が行われていました。

f:id:keigoman:20181123164220j:plain

 

上から見るとこんな感じ。

f:id:keigoman:20181123164250j:plain

 

ここは、木を植える場所だけを作ってもらっておいて、

シンボルツリー自体は自分たちで買いに行く予定です。

少しでも安くしたいということもありますが、

実物を自分たちで見て、気に入ったものを買って、

自分たちの手で植えたいというこだわりもあります。

この部分は「施主支給」ということにして、

少しだけ安上がりにすることができます。

 

一方、家の中はというと。

f:id:keigoman:20181123164601j:plain

 

1階リビングに、旧居から流用する

シーリングライトなどを付けました。

2階のトイレもご覧の通り、この家のために

購入したペンダントライトを設置。 

f:id:keigoman:20181123164708j:plain

 

天井部分にも、照明と同じ色のカバーを付けてみました。

詳しくはこちら。 

www.keigoman.com

 

そしてなんと、ヘーベルハウスから、

「完成直前内覧会を開きたい」

という申し出が。

さんざんお世話になった営業のKさんからの

依頼ですから、喜んで承諾しました。

そのチラシがこちら。

f:id:keigoman:20181123165006j:plain

↑チラシにも小さく書いてありますが、外観は実物とは異なります。

 

・敷地43坪に建つ、
 47坪の二世帯住宅です。

・十分な採光を確保する吹き抜けが
 広々リビングを演出。

・AVルーム、広々バルコニーも
 おすすめの空間です。

 

…といった、我が家の見どころポイントも

書かれていて、なんかうれしい(笑)。

土日の2日間開催されたわけですが、

当日はこの内覧会のために、

ヘーベルハウスの手によって、

仮のダイニングテーブルとソファーが

家の中に運び込まれていました。

がらーんとした状態よりも、実際に

住んでいる状態の想像がしやすくなります。

内部の写真を撮りそこねてしまったのが少し残念。

1階の玄関脇に受付が設けられており、

見学者はここで住所と名前などを

書いてから入る仕組みです。

f:id:keigoman:20181125210019j:plain

↑のぼりも立てられて、「ザ・見学会」といった雰囲気。 

そして日曜日、私たちも見に行きました。

 

するとたまたまこの日、犬を抱きかかえたマダムが、

その犬を連れたまま中に入ろうとするという、

小さな事件が。

ヘーベルハウスのお姉さんが声をかけて、

見学の間は、外で預かっておいてくれることとなりました。

細かいところまで気を配ってくれてありがとう。

結局、土日の2日間で10組ほどの方が訪れたそうです。

この見学会を皮切りに、入居から約3年の間に

30回ものバス見学会を受け入れることになろうとは、

この時の私たちはまだ想像もしていなかったのでした。

バス見学会は、その度に家の内外をきれいにせざるを得ず、

逆に言えば、リセットされたようにきれいになるので、

散らかりかけた家が元通りになるお得なイベントです。

バス見学会の詳細はこちらにて。

 

www.keigoman.com

4か月以上にわたった新築工事も、

いよいよ仕上げの段階となりました。

次週、建築レポート最終回。「完成の巻」となります。

 

完成まであと

日  

www.keigoman.com 

読者登録していただくと更新の大きな

励みに なりますのでよろしくお願いします。 

 


にほんブログ村

↑ランキングに参加しています。

こちらから出て行っていただけるとありがたいのです。