keigoman’s diary

注文住宅や、二世帯住宅にまつわる記事を中心に。

床暖房をつけると、電気代はいくらかかるのか問題

 

床暖房は、建売の戸建てやマンションでは、

まだまだ設置されているケースは少ない設備です。

 

注文住宅を建てようとしている人にとっては、

つけるべきか否かが、悩ましい設備だと思います。

「床暖房ってどうなの?」と

知り合いに相談して、「やめたほうがいい」と

言われた人もいることでしょう。

しかし、その知り合いは、

床暖房を10年前に付けた人だと思われます。

 

床暖房は2000年初頭から家庭に

普及し始めましたが、これが出始めた当初は

ランニングコストが高く、

「つけたはいいけど使わない装備」ナンバーワンでした。

快適なことに間違いはないけれど、電気代、

あるいはガス代が跳ね上がってしまうため、

無用の長物…パパがスイッチを入れると、

ママに怒られる装備となってしまっていたのです。

 

しかし、今は違います。

 

毎日使ってもよいだけの熱効率とコスパを誇る、

理想的な暖房ナンバーワンです。

 

私たちを担当してくれた営業の方も、

「昔は勧めていませんでした。

 でも今はお勧めしています」

と、言い切ります。

 

1階は親世帯、2~3階は私たち夫婦と

小学生の息子が住む、二世帯住宅の我が家には、

リビングルームが2つあります。

その両方に、

床暖房を設置しました。

設置の費用は全部で70~80万円ほど。

リビングひとつ

につき40万円弱

といったところです。

 

1階は約14帖、2階は約18帖の広さです。

それぞれに、リビングの半分程度の広さの

床暖房を2つずつ設置しており、つまり、

気温に合わせて半分だけつける、

あるいは両方つけるという選択ができます。

1階はこうで…

 

f:id:keigoman:20181126105614j:plain

 

2階はこう。

f:id:keigoman:20181126081232j:plain

 

そのため、スイッチを入れるパネルも

このように2つ。

f:id:keigoman:20181126081439j:plain

 

14帖リビングの1階に関しては、

床暖房だけで充分部屋は温まります。

本当に寒くなる冬場は2つ同時に

使いますが、真冬の前後は、主に過ごす側、

つまりテレビ前のリビング側だけを

つけておけば、部屋全体が温まります。

充分暖かいので、

エアコンと併用する必要はありません。

床からじんわり温まるので、

はだしで過ごせます。

 

また、2階は18帖の

リビングとなっていますが、

この部屋には吹き抜けがあります。

f:id:keigoman:20181126082018j:plain

 

写真にするとこんな空間。

f:id:keigoman:20181118171052j:plain

 

温かい空気は上にたまるので、その分、

暖房の効率は落ちます。

というわけで、2階に関しては、

どうしても寒い日や朝一番の数十分は、

エアコンも併用することになります。

吹き抜けがなければ床暖房だけでよかったと

思いますが、これは譲れない部分だったので、

後悔はありません。

 

オール電化ではなく、ガスも併用している

我が家ですが、ランニングコストを検討した結果、

電気でお湯を温めて循環させるタイプの

床暖房を設置しました。つまり、

床暖房を使うと電気代が上がるわけですが、

冬場の最大値は、2万円台後半と、

冷房必須の真夏とほぼ同じ。

我が家の場合は、2世帯分の電気代ですから、

単世帯の場合はこの半分程度考えてよいかと

思いますし、また、

床暖房+時々エアコン

=真夏の電気代

と考えていただければ、それぞれの家での

床暖房代の想像がつくと思います。

 

すぐに温まって幸せな気分になれるのは、

きっと石油ファンヒーターです。

私たちも、以前住んでいた分譲マンションでは、

これを使っていました。が、床暖房にしてからは、

灯油を定期的に購入する必要がなくなりました。

赤いポリタンクを家のどこかに置いておく

必要もなくなり、灯油の嫌なにおいを

かぐこともなくなりました。

 

ただし、床暖房はつけてすぐに

温まるものではないので、

朝起きる20分前くらいにタイマーで

ONにする必要はあります。

面倒なのはたったそれだけ。

こちらも後付けはしにくいアイテムなので、

最初の段階で思い切るのが吉です。

 

その他にも、「つけてよかった装備」に

ついてはこちらでも紹介しました。 

www.keigoman.com

 

我が家もまた、

諦めることなく最初に頑張ってよかった。

そうしてまた、家が愛しく思えるのです。 

読者登録していただくと更新の大きな

励みに なりますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村

↑ランキングに参加しています。

こちらをクリックしていただけると、

新たな原稿のネタが湧き出てきます。