keigoman’s diary

注文住宅や、二世帯住宅にまつわる記事を中心に。

室内干しの必需品! ホスクリーンを増設したのでその価格など

 

恐らく、ヘーベルハウス以外のハウスメーカーでも

取り入れている設備なのだと思います。

 

ホスクリーン。

 

天井にこのようなポッチを取り付けておくと、

f:id:keigoman:20181128163124j:plain

カチッという音と共に、専用の棒を挿し込むことができ、

このようになって、

f:id:keigoman:20181128163207j:plain

 

室内に洗濯物を干すことができるというアイテム。

積水ハウスで家を建てた親戚の家にもありました。

参照画像はこちら。

f:id:keigoman:20181128171359j:plain

 

 

で、これはもう、注文住宅の必需品なのであります。

なにしろ、新築で設置する場合は任意の場所に、

どこからでも洗濯物を吊り下げられるわけです。

これを2つつけて物干し竿を通せば、干すスペースもさらにアップ。

というわけで、我が家も1階リビングに2か所、

2階リビングに2か所を設置しました。

ひとつにつき、8kgまで耐えられるというシロモノですから、

通常の洗濯物であればなんでも干せます。

新築でこれを設置する価格は、

天井の補強代金1800円(税別)に

ホスクリーン自体の価格5778円(税込)を加え、

2か所につき合計15444円(税込)となります(2015年時点)。

 

これをつける場所は、基本的にベランダから入ってすぐのところです。

室内で洗濯ハンガーに洗濯物をあれこれ掛けておいて

外にさっと出す意味でも、また、

外に干した洗濯ハンガーを室内に移動させる意味でも、

やはり、ベランダに近いところに設置するのが基本です。

また、洗濯機が置いてある場所の近くに設置するのも基本的な使用法。

洗濯機から取り出すや否や干す!

…という動線ができあがるわけです。

私たちがかつてバス見学会で訪れたある家には、

部屋という部屋のあちこちにこれが設置してありました。

目立たず便利なので、それもまたよしでしょう。

 

というわけで、1階のホスクリーンがここで、

f:id:keigoman:20181128163814j:plain

 

2階はここ。

f:id:keigoman:20181128163827j:plain

 

 

1階に関してはこれでバッチリだったのですが、

2階に誤算がありました。

 

片方のホスクリーンは、その真下に観葉植物(大)が

来ることを忘れていたのです。

f:id:keigoman:20181128163956j:plain

 

当然、ここに洗濯ハンガー類を吊るすことはできません。

ということもあって、手前側のひとつだけ稼働させていたのですが、

住み始めて最初の冬、私たちは気が付きました。

 

エアコンの前に

ホスクリーンがあればいいのでは。

 

実は、ホスクリーンは住み始めた後からでも増設することができます。

 

ヘーベルハウスのなんでも相談所、

ヘーベリアンセンターに電話をすればすぐに来てくれます。

価格は、設置工事費用込み1本11340円(税込)、

2本セットで約19980円(税込)、さらにプラスする

場合は1本につき8640円(税込)です。

f:id:keigoman:20181128171448j:plain

 

ただし後付けの場合は、

設置する場所が多少制約されます。

 

新築でつける場合は、天井の内側に板を通すなどの

補強をしてからつけるのでどこでもいいのですが、

後付けの場合は、天井部分に軽量鉄骨がある場所にしかつけられません。

その軽量鉄骨を支えにして荷重に耐えるよう、

鉄骨にねじ込む形で設置するからです。

f:id:keigoman:20181128170741j:plain

ただし、やたらと頑丈なヘーベルハウスの場合は、

割とどこにでも天井に軽量鉄骨が通っており、

「ここにつけたい」と思ったその場所に、設置することができました。

 

それがこちら。

エアコンの風を受ける位置にぴったりと。

f:id:keigoman:20181128171018j:plain

 

折りたたみ式の布団干し、エックスも併用すれば、

家族3人分、1日の洗濯物の全てが干せます。

干した状態がこちらになります。

f:id:keigoman:20181128172155j:plain

 

またエックスについては、こちらで詳細を語りました。

 

www.keigoman.com

 

 

さらには、シアタールームのエアコンの前にもひとつ。

f:id:keigoman:20181128171216j:plain

 

この部屋は狭いので加湿器を置く場所がなく、

冬場は乾燥しがちだったのですが、

洗濯物をお供にすることで快適な空間が生まれました。

 

余談ですが、これにはホスクリーン専用の

「スタイリッシュな物干し竿」もあるとのことで。

それが、こちらです。

f:id:keigoman:20181128171244j:plain

 

しかし、 

部屋の中にパンツを干しながら、

そこにスタイリッシュさを求めはしないので、

我が家は、お風呂にもともとついている、

細めの物干し竿で充分であると判断しました。

f:id:keigoman:20181128171830j:plain

ただしこれは伸縮しないタイプの竿なので、

それが設置できる距離(約120㎝)に

2つのホスクリーンを取り付けてもらったわけです。

 

というわけで、ホスクリーンは後付けすると、

新築でつけた時よりも割高です。

2本セットの場合、5000円近く高い計算になります。

 

最初から「エアコン前にあれば便利だ」と

いうことに気が付いていれば。

観葉植物の真上にホスクリーンを設置しても意味が

ないことに気が付いていれば。

 

というわけで、これから家を建てる方は、初めから、

エアコンの前にもホスクリーンを。

おすすめです。

読者登録していただくと更新の大きな

みに なりますのでよろしくお願いします。 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 旭化成ホームズへ
にほんブログ村

↑ランキングに参加しています。

こちらをクリックしていただけると、

新たな原稿のネタが湧き出てきます。