keigoman’s diary 注文住宅物語

注文住宅や、二世帯住宅にまつわる記事を中心に。

お気に入りの照明シリーズ④ 一見、デスクライトには見えないダイソンの灯り

 

リビングの照明は暖色系でまとめ、

夜は間接照明をメインにした

明るさの中で過ごしています。

そんな我が家にある照明は、あれこれ

吟味した結果「これ」と決めたものばかり。

そんなお気に入りの照明たちを、

紹介してきたいと思います。

今回はその第4回。

 

リビングルームにオブジェのようになじんで、

ネストコーナーの一角で存在感を放っているのが、

こちらのデスクライト。

f:id:keigoman:20181209172935j:plain

 

製図の道具のような構造をしており、

これを見てすぐに照明だと気づく人はいません。

それがまたよいのです。

f:id:keigoman:20181209172956j:plain

 

その正体は、ダイソンのLEDデスクライト。

商品名は「CSYS( シーシス) desk」です。

そうです。

あの、掃除機でおなじみのダイソン製なのです。

f:id:keigoman:20181209173018j:plain

 

デザインは見ての通り、

いかにもダイソンらしい、機能美あふれるもの。

そしてなんといっても気持ちいいのが、その操作性。

人差し指一本で、ライトの上下左右の移動と、回転が行え、

スーッと動かして手を離したところでピタッと止まります。

その気持ちよさは他にはないもので、

照らしたい部分をちょうど照らしてくれるわけです。

f:id:keigoman:20181209173043j:plain

 

照射範囲も広く、深夜、リビングでお酒を飲むときなどは、

この灯りひとつでもよいくらい。

明るさもまた、スイッチボタンを長押しすることで

無段階に変化し、好みの明るさに調整できます。

f:id:keigoman:20181209173059j:plain

 

次につけた時には、前回消した時の明るさで

スイッチが入るところも、気が利いているわけです。

ライトはLED製で、発売元のダイソンは

「1日12時間使用しても37年間もつ」とうたっており、

それを実際に検証することはもはや不可能。

うちの子が自分の年になるくらいまでもつと思えば、

そのすごさを実感します。

 

二世帯住宅である我が家には、もともと親が所有していた

ダイソン製の掃除機があります。

f:id:keigoman:20181209173124j:plain

 

そして、この家で一緒に住み始めた直後に、

親から妻へのプレゼントとして

ダイソン製のドライヤーをもらいました。

f:id:keigoman:20181209173143j:plain

↑出演は息子の手となります。

 

そして、この照明。決して、

熱烈な信者と言うわけでもないのですが、

ダイソンの代表的な商品の全てがそろってしまいました。

f:id:keigoman:20181209173219j:plain

 

そして。

自分が購入したのは2017年末なのですが、

2018年秋、これの後継機が登場しました。

「Dyson Light cycle」と言います。


 

 

この新型デスクライトのすごさは、

その人が住んでいる地域の自然光を再現して光るということ。

一瞬、自分でも何を言っているのか理解に苦しみます。

サンフランシスコで使用すればサンフランシスコの、

新宿で使用すれば新宿の、太陽の光を

再現してそのままの色合いで光るというのです。

「それは必要な機能か」という疑念もぬぐいがたいわけですが、

旧式を持っている自分が何を言っても負け惜しみ。

でも先端のデザインは、すっきりしている旧タイプの方が

自分は好みであると、最後まで負け惜しみを書き記して

今回の記事は終了となります。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

読者登録していただくと更新の大きな

励みに なりますのでよろしくお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 旭化成ホームズへ
にほんブログ村

↑ランキングに参加しています。

こちらをクリックしていただけると、

新たな原稿のネタが湧き出てきます。