keigoman’s diary

注文住宅や、二世帯住宅にまつわる記事を中心に。

「ガレージ兼居室」という夢の城を建てた、車とバイクが趣味の友人

 

私たち夫婦が注文住宅で家を建てようと

思ったきっかけの一つに、たまたま、

注文住宅で家を建てた友人の家に遊びに

行ったことが挙げられます。

 

30代半ば同士、赤ちゃんが生まれたばかりのご夫婦。

そんな友人の家で、新築祝いを兼ねた仲間内の

パーティー(という名の飲み会)が開かれました。

 

彼の方はオフロードバイクが趣味で、

国内B級ライセンスの持ち主。

週末になるとバイクに乗り、

河川敷のオフロードコースを走っています。

そしてまた、車メーカーに勤めているということもあって、

車いじりも大好き。オイルやタイヤの交換や、

カーナビの取り付けくらい自分でできるという人です。

そんな彼が建てたその家は、木造2階建て。

住居として必要な設備は全て2階部分に集約し、

1階にガレージを設けてありました。

 

何よりも特徴的だったのは、その1階ガレージ。

大型のワンボックスカー1台と、

バイク2~3台ほどが置けるほど広いのです。

それだけではありません。

ガレージの脇にはトイレと洗面台、

そして小型の冷蔵庫。

壁の一角にはエアコンも設置されており、

4畳半ほどの広さのロフトまでありました。

 

そこはガレージというよりも、

車やバイクをいじりながら過ごせる居室です。

 

大好きな酒を飲みながらバイクのパーツを

ピカールで磨いたり、丁寧に車のワックスをかけたり。

そんな時間が至福の時だと彼は話していました。

なにしろトイレと寝床もあるので、

飲み疲れ、そして磨き疲れたら、そのまま

ガレージで寝泊まりすることができるのです。

ザ・男の城といった趣。

 

これこそ、建売では絶対にありえないスタイルの家。

注文住宅ならではの、オーナーの思いが

いっぱいに詰まった城でした。

自分はそれほどモータースポーツ好きという

わけではありませんが、見事なまでの城っぷりに、

憧れを抱いたものです。自分だけではなく、

この飲み会に参加した男性陣はみな

「すげー、すげー」を連発。実際のところ、

お世辞抜きにすごい空間でありました。

 

ヘーベルハウスの実例集を見ていると、

彼の家のようにガレージありきの家も実在しています。

ガラス張りのガレージの向こうに停められた

愛車を眺めつつ、こちら側にはバーカウンターを

設けました、というパターンとか。

f:id:keigoman:20181212140539j:plain

↑ヘーベルハウスの実例集「ガレージのある暮らし」より

 

これから家を建てようとしている人に見せる

冊子に登場するほどの家なので、それはあまりに

豪華すぎて実感もわきにくいのですが、

そこまでの豪邸にしなくとも、

車を中心とした家は必ず作れるはずです。

 

趣味ありきの家。

注文住宅を建てるのであれば、一部屋くらい、

そんな空間を設けたいものであります。

 

自分は小さな小さなシアタールームを作りました。 

www.keigoman.com

 

自分の趣味を反映した家を建てるのなら

どんな間取りがいいかな、と妄想するところから、

家づくり実現の第一歩が始まります。

イメージしてみることで、そのものでなくとも、

ある程度実現できるものだと思います。

小さなシアタールームですが、結構気に入っています。

読者登録していただくと更新の大きな

励みに なりますのでよろしくお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 旭化成ホームズへ
にほんブログ村

↑ランキングに参加しています。

こちらをクリックしていただけると、

新たな原稿のネタが湧き出てきます。