keigoman’s diary

注文住宅や、二世帯住宅にまつわる記事を中心に。

ファミリーシェアデスク≒NESTのあるリビングダイニングとしました

 

2000年頃から、

建売の戸建てやマンションに限らず、

リビングダイニングというのは、

「家族みんなが違うことをしていながらも、

 同じ時間を共有できる場」

という位置づけにあります。

テレビの前に家族みんなが集まった、

昭和の「居間」とは異なり、

リビングダイニングは

キッチンも加わってLDKとなりました。

これとは別に2部屋がある家は2LDK、

3部屋なら3LDKとなるわけです。

 

リビングダイニングにはつまり、

家族それぞれの居場所があること

が望ましいわけです。

テレビさえあればみんなが自然に

集まる時代ではありません。そして、

オープンなキッチンやダイニングテーブル、

ソファだけでなく、子どもがいる家庭の場合は

ここに学習スペースがあると、

そこが子どもにとっての居場所となり、

家族の距離が自然に近づくわけです。

 

ヘーベルハウスはこれを「NEST(ネスト)」

と名付け、各地のモデルハウスには

必ずと言っていいほど、

LDKの空間にこれを設けています。

 

ここも、

f:id:keigoman:20181227141250j:plain

 

ここも、

f:id:keigoman:20181227141306j:plain

 

ここもそう。

f:id:keigoman:20181227141324j:plain

 

全て、20~25帖ほどある広いリビングルームの

一角に設けられている「NEST」です。

 

だからというわけではありませんが、

我が家にも、これと同じ意味があるテーブルを

リビングルームに設けました。

f:id:keigoman:20181227141551j:plain

 

造り付けではなく置き家具としたのは、

将来子どもがここを必要としなくなった時に

模様替えできるようにしたため。

そしてまた、

椅子はダイニングテーブルのものと共有とし、

必要に応じてクルリと

180度向きを変えて使うようになっています。

 

2人が同時に座れるだけの広さにすることで、

子どもが勉強するだけではなく、

親が隣に座ってそれを見てあげることもできますし

親自身も勉強や読書、仕事ができるわけです。

 

こうした考え方のもと、リビングルームに

学習机を置くという提案は、ヘーベルハウスだけが

言い出したことではありません。

家具メーカーのカリモクは近年

「ファミリーシェアデスク」という提案をしています。

f:id:keigoman:20181227141651j:plain

↑先日我が家に郵送で届いたカリモクからのDMです。

 

“同じデスクを家族で使い、

家族それぞれ自分のコトをこの場所で。

パパの趣味、ママの好きなこと、

子どもたちが夢中なこと、

家族みんなでシェアすれば、

もっと家族がひとつになれる。

そんな発想で生まれた考え方が

「ファミリーシェアデスク」です。”

 

というのが、カリモクのホームページにある文言。

 

一方、ヘーベルハウスの「NEST」は、

 

“家族みんなが違うことをしていながらも、

同じ時間を共有できる場、LDK。

そこに設けられた学習スペースやオープンなキッチン、

それぞれの自立を促す収納などの仕掛けが、

家族の距離を自然に近づけます。

親と子がともに育み楽しむ。

それが「+NEST(プラスネスト)」

のある暮らしです。”

 

と、あります。

ヘーベルハウス公式「子どもがのびのびと育つ家」より。

両者のコンセプトは、

ほぼ同じと言っていいでしょう。

どっちが先に言い出したのかはさておき、

これがイマドキの考え方であるということです。

流行だからといってこれに乗る必要は

全くありませんが、考え方に共感できるのであれば、

ファミリーシェアデスク≒NEST

というスペースを設けるのもよいと思います。

 

そんなわけで我が家のNESTには

ご自慢のデスクライトも置かれ、

絶賛活躍中なのであります。

f:id:keigoman:20181209172956j:plain

 

www.keigoman.com

読者登録していただくと更新の大きな

励みに なりますのでよろしくお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 旭化成ホームズへ
にほんブログ村

↑ランキングに参加しています。

こちらをクリックしていただけると、

新たな原稿のネタが湧き出てきます。