keigoman’s diary 注文住宅物語

注文住宅や、二世帯住宅にまつわる記事を中心に。

約6帖のベランダを設けた我が家が今思う、理想的ベランダとそこに必須の設備

 

注文住宅の醍醐味の一つに、

ベランダを広くとれる

というものがあります。

特にヘーベルハウスは「アウトドアリビング」を

提唱しているメーカーなので、

ベランダの広さはもちろん、

その壁面も多様な種類から選べます。

 

我が家の2階には、

約6帖のベランダがあります。

f:id:keigoman:20190109120025j:plain

 

建て売りの一戸建てではなかなか

見られない、かなりの広さです。

これは、建築士さんが、

我が家の家族構成を元に

「それなら広いベランダがいいだろう」

と、最初から入れ込んでくれたもの。

家を建てる当初は、そういった

発想はなかったので、

非常にうれしく、かつありがたく、

何度図面を書き替えても、ここだけは

最初から最後まで残り続け、

最終的に形となったものです。

f:id:keigoman:20190109125442j:plain

 

図面の完成までには2~3ヶ月を要し、

何度も書き替えるわけですが、

まだ初期の段階で知り合いの建築士さんに

この図面を見せたところ、

「このベランダなら絶対に

 フォールディングウィンドウだ」

と断言されました。その様子はまるで、

面識のない建築士さん同士が、

図面を通じて会話をしているようです。

「ここはフォールディング一択ですよね」

「そうですね、それしかないでしょう」

2人のその声に従い、最終的に採用としました。

 

www.keigoman.com

 

広いベランダのメリットはまず、

洗濯物が干し放題

というところ。

日々の洗濯物と同時に、シーツも

布団カバーもまとめて一気に干せます。

晴れた日、ベランダ一面に洗濯物が

並んでいる姿は、壮観ですらあります。

f:id:keigoman:20181023203633j:plain

 

そしてまた、ベランダにはコンセントと

水道の蛇口を設けました。

f:id:keigoman:20190109121752j:plain

 

これは、打ち合わせの段階で営業マンに

言えばつきますし、言わなければ

つかない設備ですので、予め、

そうしたことも知識として

備えておく必要があります。

そのためにもっとも大切なことが、

モデルハウスを見まくること

となりますが、

それはまた、こちらで詳しく書きました。

 

www.keigoman.com

 

そして我が家は、半年~1年に1回程度、

家の周囲を高圧洗浄するのですが、

コンセントと蛇口がここにあることで、

高圧洗浄機を、外の設備だけで

稼働させることができます。

窓の隙間からコンセントを家の中に

求める必要がなく、これは地味に便利。

 

そしてまた、小さいお子さまがいる場合には、

広いベランダと水道があることにより、

ここでビニールプールを

楽しむことができます。

また電源があることで照明設備を設置できるので、

夕方~夜のBBQを楽しむこともできるわけです。

 

そして、記事の冒頭でも書いたとおり、

このベランダを囲む部分の壁も、

いろいろな種類から選べます。

 

我が家の場合は、このように、

横向きのスリットの入ったアルミ製。

f:id:keigoman:20190109121921j:plain

 

切れ込みは斜め上にカットされているので

下からの視線を遮ることができ、

かつ風も通るので、洗濯物も乾きやすいわけです。

f:id:keigoman:20190109122146j:plain

↑3階のベランダ手すりも同じ形状なので、

下から見るとこんな感じ。

 

他にも、縦のスリットのタイプもありますが、

f:id:keigoman:20190109122335j:plain

 

これは外から見えすぎるので却下しました。

 

また、ガラス張りのおしゃれなタイプもあります。

f:id:keigoman:20190109122441j:plain

 

高級感にあふれ、大変おしゃれなのです。

…が、こちらは汚れが目立ちやすい

というデメリットもあるようです。

まめにきれいにできる方向けかも知れません。

 

さらには、“壁”という選択肢もあります。

f:id:keigoman:20190109122632j:plain

 

そしてまた、この壁をさらに

発展させるとこんな感じに。

いわゆる「そらのま」となります。

f:id:keigoman:20190109122734j:plain

 

また一面だけ、ルーバースクリーンにすることで

風通しと目隠しを両立させることができます。

f:id:keigoman:20190109122827j:plain

 

ヘーベルハウスは注文住宅なので、

一軒一軒全て間取りが異なるわけですが、

このルーバーを採用しているお宅は多く、

街なかでもよく見かけます。

f:id:keigoman:20190109123329j:plain

↑ヘーベルハウスHPより

 

めちゃおしゃれなので憧れましたが、

我が家の場合は予算の都合で却下となりました。

今でも、ルーバー付きの家の前を通るたびに、

夫婦で「いいなあ…」とつぶやいております。

 

そしてまた最近、嫁の知人がヘーベルハウスで

家を建てたのですが、

3階建ての3階にリビングを設け、

同じフロアに広いベランダを設けたようです。

赤ちゃんがいる家庭なので、

ベランダにはきっちり水道蛇口もつけて、

いつでもビニールプールができる仕様に。

しかも、下からの視線を完全に遮るために

ベランダ手すりを、高めの壁としたそうです。

新築祝いで遊びに行った際、

そんな家を建てたパパは言いました。

「これで、子どもをプールに入れながら、

 昼間っから全裸でビールが飲めるんですよぉぉ」

 

その手があったか。

 

我が家も、せめて3階ベランダだけでも

そうすればよかった。

自宅ベランダで昼間から全裸ビール。

うらやましすぎます。

 

これから家を建てる方は、

そんな選択肢もあると

頭の隅に置いといていただければ。

読者登録していただくと更新の

大きな励みに なりますのでよろしくお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 旭化成ホームズへ
にほんブログ村

↑ランキングに参加しています。

こちらをクリックしていただけると、

新たな原稿のネタが湧き出てきます。