keigoman’s diary 注文住宅物語

注文住宅や、二世帯住宅にまつわる記事を中心に。

ウォークインクローゼットに必須の全身鏡、買い換え&リユースのご報告

 

我が家の3階には

ウォークインクローゼットがあります。

奥様の、奥様による、奥様のための収納です。

 

www.keigoman.com

 

ここの突き当りには、

前の住居から流用した、小さめの全身鏡があります。

以前はこのようにパーテーションとして使っていました。

f:id:keigoman:20190121074107j:plain

 

それが、今はここに。

f:id:keigoman:20190123070117j:plain

 

そんなある日、ショッピングモールの雑貨屋で、

セール品の全身鏡を見つけてしまいました。

サイズは、今あるものよりもはるかに大きい、

縦1800㎜×横700㎜。

縦横ともに、1,5倍ほどあります。

これほどのサイズとなると、

通常は5万円を超えてくるのですが、発見したそれは、

現品限りの最終処分価格で、その半額以下。

 

早速買ってきて、設置。

こちらになります。

f:id:keigoman:20190124080156j:plain

↑奥様の希望によりセピア色でお送りしております。 

 

大きくて、いいねえ。

というわけでこれまで使っていたものは

粗大ゴミとして処分しなくてはならないわけですが、

ふとみると、これの鏡部分の面積が、

3階の廊下にあるこの壁の部分、

f:id:keigoman:20190121081204j:plain

 

この赤い部分と、サイズがほぼ同じであることに

気が付きました。

あくまで、鏡の部分だけのサイズです。

 

というわけで、これまで使っていた鏡の木の枠を

金づちでガンガンと外して、ガラス板状とし、

強力な両面テープと接着剤とで、ここに

設置しました。じゃーん。

f:id:keigoman:20190121081451j:plain

 

大きな鏡は空間を広く見せてくれます。

f:id:keigoman:20190121081716j:plain

 

今回は、たまたま不要となった鏡のサイズが

ぴったんこだったことで、このようになりました。

残った木枠はノコギリで小さく切断して、

燃えるゴミとして投棄。

粗大ゴミとして処分する手間も省けて、

一石二鳥なのであります。

 

この家に住み始めてまる3年。

さまざまなバージョンアップを重ねてきました。

大きなところではアクセントウォールを施してみたり、

www.keigoman.com

 

小さくは、トレイの手すりの取り換えだったり。 

www.keigoman.com

 

入居した日をバージョン1.0だとすると、

今はきっと、バージョン3.4くらいになっているのでは。

こんな風にして、家の中を変えていくのは

本当に楽しいものです。もはや、家は趣味です。

読者登録していただくと更新の大きな

励みに なりますのでよろしくお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 旭化成ホームズへ
にほんブログ村

↑ランキングに参加しています。

こちらをクリックしていただけると、

新たな原稿のネタが湧き出てきます。