keigoman’s diary 注文住宅物語

注文住宅や、二世帯住宅にまつわる記事を中心に。

【web内覧】ヘーベルハウス・重量鉄骨三階建ての外観~玄関周り

 

1階は親世帯、2~3階は私たち夫婦と

小学生の息子3人が住む、二世帯住宅の我が家。

f:id:keigoman:20190128192931j:plain

 

ハウスメーカーが主催するバス見学会の、

「新入居宅」としての受け入れも、

かれこれ30回を越えました。

 

www.keigoman.com

 

というわけで、撮りおろし画像でお送りする、

【web内覧】シリーズを始めてみたいと思います。

その1回目ということで、まずは外観と玄関周りから。

 

前述の通り、3階建てです。

f:id:keigoman:20190128192957j:plain

 

ヘーベルハウスの外壁にはいくつかの

パターンがあり、我が家はTS目地というタイプ。

縦長のパターンがかっこよく、また、

3階建て以上でないとこの目地は使えないとのことで、

「ならば」と採用しました。

そしてまた、外壁の色は「ダイナホワイト」です。 

 

我が家は、土地探しからヘーベルハウスに依頼。

そして、夫の父、夫、妻の3人が車を使うため、

最初から「車2台、できれば3台停められる土地を」と

条件を出しており、駐車場は広めです。

f:id:keigoman:20181228094045j:plain

↑契約時に造ってもらった模型より。

 

そして北側には自転車置き場を設置しました。

f:id:keigoman:20190128200604j:plain

 

正面の門塀は、外壁と同じ色にしたかったので、

外構工事もまとめてヘーベルハウスに依頼。

f:id:keigoman:20190128215145j:plain

  

玄関を出て左に行けば駐車場、

右に行けば駐輪場という動線です。 

www.keigoman.com

 

表札は、こだわりの施主支給。

f:id:keigoman:20190128200243j:plain

 

MINOというメーカーのものです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

MINO プレシャスウッドネームプレート 木製表札 DN101  『表札 サイン 戸建』
価格:27100円(税込、送料無料) (2019/1/28時点)

楽天で購入

 

 

シンボルツリーは、そのスペースだけを造ってもらい、

入居後、自分たちで購入した木を植えました。 

シマトネリコです。

f:id:keigoman:20190128202511j:plain

 

↓シンボルツリーの詳細はこちらでも書きました。 www.keigoman.com

 

1階リビングから繋がる掃き出し窓には、

ベランダを設置。そして防犯の意味も込めて

人感センサー付きの照明もつけました。

f:id:keigoman:20190128205821j:plain

 

屋外の木はすぐに朽ちてしまうため、ここは

「木に見えるけど木じゃない」素材としました。

表札と同じメーカーである、MINOの製品です。

f:id:keigoman:20190128205924j:plain

 

外観のこだわりポイントは、

正面(西側)、そして南北の3方向のどこから

見ても、エアコンの室外機がないこと。

「隠ぺい配管」というオプション工事によって、

エアコンの室外機は東側、

隣の家と接する壁側に沿って5台全部を並べました。

f:id:keigoman:20190128210615j:plain

 

門塀の裏側はこんな感じで、

郵便物を受け取れるようになっております。

f:id:keigoman:20190128211152j:plain

 

そして玄関扉。

正面と左右にガラスのスリットが入っており、

ここから光が入るので玄関内も明るいです。

f:id:keigoman:20190128211330j:plain

 

タイルは「コンテ」というざらざらしたタイプ。

淡いベージュ(+目地色グレー)で、

このまま玄関内部に繋がっていきます。

※泥汚れは落としにくいので、高圧洗浄機は必須かも。 

 

そしてまた、玄関上の軒には人感センサー照明を設置。

明るい昼の間は人を感知していちいち点灯することはなく、

暗くなったら勝手に人感センサーが作動します。

スイッチを「ON」にさえしておけば、OKということ。

駐車場側と駐輪場側にある2つの照明も、このタイプです。

 

というわけで今月も、我が家には

見学のための大型バスがやってくるのでした。

そのたびに家の中がきれいになるのはよいことです。

f:id:keigoman:20190128212940j:plain

 

私たち夫婦は、二世帯住宅を建てるにあたって

いろいろなハウスメーカーのバス見学会に参加し、

ヘーベルハウスのそれにも3回ほど行きました。

今度は自分たちが受け入れる側になったと思うと、

感慨深いものがあります。

 

www.keigoman.com

 

というわけで、家の内部も引き続き、

今後とも紹介させていただく所存であります。

玄関を開けた、その内部はこちらから。 

www.keigoman.com

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 旭化成ホームズへ
にほんブログ村

↑家ブログのランキングに参加しています。

こちらをクリックしていただけると、

新たな原稿のネタが湧き出てきます。

 

 

 

 

 

 

読者登録していただくと更新の大きな

励みに なりますのでよろしくお願いします。