keigoman’s diary

注文住宅や、二世帯住宅にまつわる記事を中心に。

2019年1月5日オープンのヘーベルハウス、群馬県の新築モデルハウス

 

先月、埼玉県の新築を見に行ったばかりですが、

どうやら栃木県にも2019年1月オープンした

モデルハウスがある模様。

マニアとしては行かざるを得ないわけで、

早速、足を運びました。

その前に、埼玉県の物件レポートはこちら。

 

www.keigoman.com

 

…というわけで、今回も写真多めでGO!

 

場所は群馬県太田市。

『上毛新聞マイホームプラザ』という名で、

f:id:keigoman:20190131192402j:plain

 

住宅展示場それ自体が、新しくできた模様。

昨今の住宅展示場不人気の中、珍しい現象です。

そのため、敷地のアスファルトまで含めて、

どのメーカーも新築ほやほや。

f:id:keigoman:20190131192637j:plain

 

センターハウスもまだ工事中でした。

f:id:keigoman:20190131192707j:plain

 

いろいろなメーカーが並びます。その数16。

f:id:keigoman:20190131192736j:plain

 

そして今回お目当てのヘーベルハウスがこちら。

「キュービック」と呼ばれるシリーズです。

f:id:keigoman:20190131192819j:plain

 

庭ともテラスともつかないエリアに、

ハンモック専用の柱が2本。

f:id:keigoman:20190131192926j:plain

 

建物を横から見るとこんな感じ。

2階建て+屋上です。

f:id:keigoman:20190131193030j:plain

 

それでは入ってみましょう。

f:id:keigoman:20190131193210j:plain

 

通常はパンフレットに、この家が想定している

家族構成の図があるのですが、今回はありません。

想像するに、親世帯夫婦2人、

子世帯夫婦2人の二世帯住宅ではないかと。

1階親世帯のリビングがこちら、ダウンフロアです。

f:id:keigoman:20190131193843j:plain

 

テレビ裏のアクセントウォール、天井の間接照明と、

モデルハウスならではの定番オプション。

逆に言えば、家をオーダーする際には、

これらをつけることで

モデルハウスらしいおしゃれさが出るとも言えます。

そしてカーテンは、

これまたヘーベルハウス定番のシェード。

 

www.keigoman.com

 

このリビングを背にして振り返ると、キッチンが。

f:id:keigoman:20190131194204j:plain

 

手元が隠れるタイプの、ザ・親世帯キッチンです。

ガスではなくオール電化のようですね。

f:id:keigoman:20190131194339j:plain

 

キッチンからの眺めはこんな感じ。

f:id:keigoman:20190131194403j:plain

 

ダクトレールではなく、3つの照明それぞれを

独立させて天井から下げているのも、

見た目が美しいですね。

照明自体のデザインも、大人の趣。

f:id:keigoman:20190131194547j:plain

 

そしてこの照明は、つい先月、見に行った、

埼玉県は戸田公園の

ヘーベル新築モデルハウスのそれと同じでした。

f:id:keigoman:20190202150316j:plain

↑こちらが埼玉戸田の展示場。

ダクトレールなしの直付けという点も同じ。

ヘーベル界隈で流行っているようです。

 

群馬に戻って、小上がりの和室。

f:id:keigoman:20190131194650j:plain

 

フチなしの正方形の畳と、

坪庭を眺められるような小さな窓も粋ですなあ。

そしてこのフロアに寝室はナシ。その代わり、

打ち合わせ専用の部屋が設けられていました。

f:id:keigoman:20190131194937j:plain

 

こんなサンプルは見たことがなかったなあ。

『厚単板』という、標準より少しグレードの高い床板です。

f:id:keigoman:20190131195011j:plain

 

それでは2階に行きましょう。

f:id:keigoman:20190131195204j:plain

 

四角い手すりは見た目がおしゃれ。ただし、

これをぐっと強く握って昇ろうとすると、

高齢者には手が痛いかも。

野球のバットでも車のハンドルでも、

手で握って使うものは、円柱形が自然なのでしょう。

 

そして2階リビング。

テレビはソファ正面にはなく、

この部屋においては、わき役となっています。

f:id:keigoman:20190131195415j:plain

 

ソファの背面にアクセントウォール。

横の壁にはこれまたおしゃれなスタンドが。

f:id:keigoman:20190131195540j:plain

 

そしてソファからの眺めは…。

f:id:keigoman:20190131195650j:plain

 

「そらのま」でした。

f:id:keigoman:20190131195723j:plain

 

フォールディングウィンドウに、

『彩木』という、MINO社製のウッドデッキ。

その向こうに見える縦の格子は、

『ルーバー』と呼ばれるおしゃれ目隠しアイテム。

どれもこれも、非常に高価なオプションです。

全部合わせて、ゆうに200万円を超えるはず。

そして、これら全部がそろわないと、そらのまの、

このおしゃれな感じが出ないというのがなんとも。

我が家は頑張って、なんとか

フォールディングウィンドウだけは残しましたが、

他のオプションはすべて断念しました(涙)。

 

www.keigoman.com

 

ソファに座り、このそらのまから

左に目をやると…

f:id:keigoman:20190131201814j:plain

 

キッチンが。

f:id:keigoman:20190131200428j:plain

 

親世帯のそれとは違い、手元が隠れないタイプの、

ヘーベルハウスオリジナルキッチンです。

目線の先には、ネストコーナーがあります。

f:id:keigoman:20190131200453j:plain

 

子どもの気配がしない、

大人向けのスタディコーナーといった雰囲気。

f:id:keigoman:20190131200802j:plain

 

そしてディフューザーは、やっぱりこれ。

クルティです。

f:id:keigoman:20190131200701j:plain

 

www.keigoman.com

 

そして主寝室がこちら。

f:id:keigoman:20190131200934j:plain

 

その壁の向こうにあるのは

ウォークインクローゼットかと思って

行ってみると…

f:id:keigoman:20190131201017j:plain

 

こちらも、大人のスタディコーナー的な空間でした。

勉強好きな夫婦がお住まいのようです。

f:id:keigoman:20190131201039j:plain

 

「ファミリークローク」なるスペースと、

f:id:keigoman:20190131201222j:plain

 

タンクレスのトイレをちらっと眺めて、

f:id:keigoman:20190131201244j:plain

 

屋上へ向かいましょう。

f:id:keigoman:20190131201400j:plain

 

太陽光発電用のパネルも乗っています。

f:id:keigoman:20190131201444j:plain

 

このサイズでだいたい4kw。

設置には150~180万円がかかるとのこと。

ちなみに群馬県のヘーベルハウスでは、

6割近い方が、太陽光パネルを乗せるとか。

我が家は予算の都合で断念しましたが、

確かにこのあたりは空も広いし、

日当たりを遮るものが何もないもんなあ。

つけたくなるよなあ。

ちなみに、屋上に関して悩まれている方には

こちらの記事がおすすめです。

負け惜しみ感も否めませんが。 

www.keigoman.com

 

というわけで、私たちの

まだ見ぬ展示場巡りはこれからも続きます。

読者登録していただくと更新の大きな

励みに なりますのでよろしくお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 旭化成ホームズへ
にほんブログ村

↑ランキングに参加しています。

こちらをクリックしていただけると、

新たな原稿のネタが湧き出てきます。