keigoman’s diary

注文住宅や、二世帯住宅にまつわる記事を中心に。

「風通しのいいシャッター」ですと⁉ こんな装備あるならつけたかったよ…。

 

家マニアの私たちが、住宅展示場である

『ハウジングワールド立川』に建つ、比較的

新しいヘーベルのモデルハウスへ行った時のこと。

f:id:keigoman:20190210104238j:plain

 

地下室に驚いた話は先日書きましたが、 

www.keigoman.com

 

この家で、また私たちは、その実物を

見たことがない設備を見たのです。

まさかの、「ですと⁉」シリーズ第2弾。

 

それはこの和室の、

f:id:keigoman:20190210095731j:plain

 

電動シャッターです。

f:id:keigoman:20190210095808j:plain

 

内側から見ると、こんな感じ。

f:id:keigoman:20190210100241j:plain

 

すだれのように、シャッターにすき間があります。

これなら、窓を開けて網戸を閉め、

シャッターを閉めておけば

夏の夜も風通しが良くて気持ちがいいという構造。

一晩中窓を開け放して眠ることもできるでしょう。

 

驚くべきはそれだけではありません。

すだれ状態でリモコンを止めることもできますが、

そのまま閉まり続けるシャッターを見ていると、

下の方から…

f:id:keigoman:20190210100535j:plain

f:id:keigoman:20190210100544j:plain

f:id:keigoman:20190210100551j:plain

f:id:keigoman:20190210100602j:plain

 

かしゃかしゃと、スリットが閉じていく仕組み。

完全に閉め切れば、

通常の電動シャッターと全く同じです。

 

我が家の電動シャッターはLIXIL製ですが、

こちらはYKK APの、

『リモコンスリットシャッター』という商品。

防犯性を高めながらも、

通風・採光することができるのが最大の利点です。

しかも、HPによれば、タイマー付きの

リモコンもあるそうじゃないですか。

朝、目覚ましと同時にシャッターが勝手に開く

という芸当もできるわけです。すげー。

 

営業の方に聞いたところ、通常のシャッターと

このシャッターとの差額は、約7万円。

※シャッターの価格ではありません。差額です。

 

また、微妙な値段だなあ…。

間取りや設備を決めていく打ち合わせで、

予算との戦いの中、次々と

おしゃれ&豪華装備を諦めていく中で、

これを残すことができるかなあ…。ウチの

場合は電動シャッター2枚だから、14万か…。

14万あれば他の窓に電動シャッターが作れるし、

カーポートも作れるし、トイレだって

タンクレスにできるし、掃き出し窓を

フォールディングウィンドウにグレードアップできるし。

我が家が諦めた装備の一覧は、下の記事から。 

www.keigoman.com

 

14万円あれば、

窓それ自体をどこかに増やせるだろうし、

洗面台も、妥協してつけたLIXILの普通のじゃなく、

おしゃれな住友林業のやつがつけられるしなあ…。

 

スミマセン、最初から

知っていたとしても、

やっぱり我が家に、

これはつかなかったと思います!

 

ちなみにこのシャッターは、

防火指定の地域には付けられないそうですので、

豆知識として追記しておきます。

読者登録していただくと更新の大きな

励みに なりますのでよろしくお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 旭化成ホームズへ
にほんブログ村

↑ランキングに参加しています。

こちらをクリックしていただけると、

新たな原稿のネタが湧き出てきます。