keigoman’s diary 注文住宅物語

注文住宅や、二世帯住宅にまつわる記事を中心に。

ヘーベルハウスの最高峰、 FREX RESIDENCE(フレックス レジデンス)に行ってみた

 

今回は写真多めの、

モデルハウスレポートです。

 

2013年から、ヘーベルハウスは

都市型3階建て住宅のトップブランドである

「ヘーベルハウス フレックス」シリーズ

(重量鉄骨システムラーメン構造)に、

邸宅スペックを装備したという、

「ヘーベルハウス

 FREX RESIDENCE(フレックス レジデンス)」を

ラインアップしています。

いわばヘーベルハウスの最高峰。

「邸宅スペック」って何⁉

と思わずにはいられないわけですが、

HPによれば

 

75坪程度~100坪を超える、いわゆる「邸宅」と

呼ばれるような単世帯専用住宅における提案を強化し、

「邸宅」と呼び得るグレード感を実現

 

しているそう。実はヘーベルハウスは基本的に

2階建ては軽量鉄骨造、3階建て以上は重量鉄骨造

なのですが、こちらのレジデンスシリーズは、

この重量鉄骨システムラーメン構造を

2階建て住宅にも展開することで、

全面開口も含めた大空間設計を可能としているとのこと。

 

ともあれ見てみましょう。

ところは東京、立川にある住宅展示場、

ハウジングワールド立川 ABCハウジングです。

ここは、ひとつの展示場内に3件もの

ヘーベルハウスが建っており、

一度足を運ぶだけでいろいろなパターンの

家が見られるのでお得です。

 

f:id:keigoman:20190304122411j:plain

 

「邸宅」を超えて、もはや「豪邸」です。

開口部が、これでもかと開口しちゃって。

玄関脇の土間部分も、

f:id:keigoman:20190304122625j:plain

 

何をして過ごす空間なのかは

分からないけれど、とにかくすごい。

f:id:keigoman:20190304122750j:plain

 

そしてこちらが玄関。

玄関が広いのはモデルハウスのお約束で、

実際には参考にならないエリアの代表です。

リアルな玄関を見るのであれば、

将来的に販売する予定で、展示場ではなく

住宅街の中に建てられている

「街角ヘーベル」や、あるいはバス見学会で、

実際に住んでいる人の家を見るのが良いでしょう。

f:id:keigoman:20190304122915j:plain

f:id:keigoman:20190304124740j:plain

 

ダイニングキッチンに向かう扉は、

大きなガラス張り。

しかも、下にレールのない吊り扉。

扉を吊るのはもちろんオプションです。

f:id:keigoman:20190304123247j:plain

 

そして24帖のダイニングキッチン。

f:id:keigoman:20190304123347j:plain

 

こちらは親子三世代が住む家族構成を

イメージした家だそうで、

親世帯のキッチンは手元が隠れるタイプ。

f:id:keigoman:20190304123646j:plain

 

そしてこれが今、注文住宅界隈で

流行りの天板、

f:id:keigoman:20190304123734j:plain

 

LIXILのセラミックトップです。

f:id:keigoman:20190304123930j:plain

 

熱々のフライパンもそのまま置けちゃう上、

まな板も置かずに包丁を使っても

傷がつかないというすぐれものです。

 

ダウンフロアとなったリビングには

アクセントウォール。

f:id:keigoman:20190304124225j:plain

 

そして和室にもアクセントウォール。

さりげなく天井も板張りで、

いずれもオプションの、高価なおしゃれ装備です。

f:id:keigoman:20190304124305j:plain

 

パントリーも広っ。

f:id:keigoman:20190304124441j:plain

 

2階からは子世帯となります。

上がってみましょう。

f:id:keigoman:20190304124854j:plain

 

ここから床の色も明るくなり、

がらりと雰囲気は変わります。

…が、巾木の色が変わる部分は、これでよいのかなあ。

f:id:keigoman:20190304124927j:plain

 

ちなみに我が家の場合は、

1階親世帯は濃い床の色、

2階子世帯は明るい床の色という点は同じですが、

1階の床から、巾木は白なので、

こんな感じです。

f:id:keigoman:20190304125350j:plain

 

1階の巾木を茶系にすると、

「切り替わりの部分をどうするか問題」が

発生するということでしょうか。ともあれ

気にせず子世帯を堪能したいと思います。

f:id:keigoman:20190304125657j:plain

 

キッチンはヘーベルオリジナル。

手元が見えるフラットなタイプです。

そして天板は人工大理石。

f:id:keigoman:20190304125813j:plain

 

背面にも作業スペースが。

f:id:keigoman:20190304125855j:plain

 

洗面所には、この鏡。丸が三つって、

なかなか見ないパターンだけれど、

とってもキュートです。壁のタイルもいい感じ。

f:id:keigoman:20190304130025j:plain

 

お風呂はセキスイ製でした。

f:id:keigoman:20190304130137j:plain

 

ヘーベル自慢のベランダ「そらのま」も

居心地よさそうな空間です。

f:id:keigoman:20190304150358j:plain

 

前面が開口するフォールディングウィンドウ、

そして木に見えるけど木じゃない「彩木」製の

ウッドデッキと、いずれもオプションの素敵装備。

 

2階全体の床板、これは恐らく

上から2番目の高級床板、厚単板かな。

木の風合いが味わい深いです。

そして壁にはタイル製のアクセントウォール。

f:id:keigoman:20190304150657j:plain

 

そして壁には、ハニカムの棚があちこちに。

f:id:keigoman:20190304150836j:plain

f:id:keigoman:20190304150956j:plain

 

また寝室にあるベッドの枕元には

長ーいペンダントライトが。

1つでなく、ここに2つ下げるのは珍しく、

実用性ではなくデザイン的な意味合いでしょう。

f:id:keigoman:20190304151051j:plain

 

ベッド奥にある鏡台もかわいらしい。

洗面所といい、丸い鏡が好きな家です。

f:id:keigoman:20190304151317j:plain

 

ベッドの手前側には、ダウンフロアの洋室が。

f:id:keigoman:20190304151648j:plain

 

そして3.5帖のウォークインクローゼット。

f:id:keigoman:20190304151431j:plain

 

そして3階へと上がる階段の踊り場には、

f:id:keigoman:20190304152407j:plain

 

照明付きのこんなニッチが。

こんなのも、言わなければつきませんし、

言えばどこにでもつきます。

f:id:keigoman:20190304152440j:plain

 

3階のこんな壁の棚もそう。

f:id:keigoman:20190304152620j:plain

 

なかなか攻めた壁紙ですなあ。

f:id:keigoman:20190304152652j:plain

 

そしてこの3階には…

f:id:keigoman:20190304153344j:plain

 

ほぼ屋上的な空間、「ロッジア」がありました。

f:id:keigoman:20190304153443j:plain

 

リゾート感満載です。

f:id:keigoman:20190304153546j:plain

 

まさしくアウトドアリビング。

f:id:keigoman:20190304153653j:plain

 

こうした豪華施設の中で、

一番うらやましくて素敵だと思ったのは…

f:id:keigoman:20190304153748j:plain

 

この、わずか2帖足らずの小上がり。

f:id:keigoman:20190304153849j:plain

 

中に入るとこんな感じ。

f:id:keigoman:20190304153946j:plain

 

レコード好きな部屋の主が、

好きな音楽を聴きながら、

ウクレレを奏でてみたり、

バーボンを傾けてみたりしている場面が

目に浮かびます。

注文住宅ならではの隠れ家空間。

 

この部屋に限らずですが、

こうした「いいな」と思える施設や間取りは、

やはり実際のモデルハウスを見ることで

「こんなやり方もあるのか」と

知ることができるわけです。つまりは、

たくさんのモデルハウスを見ることが重要。

私たち夫婦も、建設計画中は、実に

50カ所以上のヘーベルを見て回りました。

www.keigoman.com

 

それにしても、さすがの邸宅、いや豪邸。

延べ床面積は約336㎡とのことですから、

一般的な戸建ての3倍以上の広さです。

 

すでに家を建てて住み始めてもなお、

モデルハウス巡りは楽しく続けている趣味です。

さて、次はどこに行こうかな。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 旭化成ホームズへ
にほんブログ村

↑家ブログのランキングに参加しています。

こちらをクリックしていただけると、

新たな原稿のネタが湧き出てきます。

読者登録していただくと更新の大きな

励みになりますのでよろしくお願いします。