keigoman’s diary

注文住宅や、二世帯住宅にまつわる記事を中心に。

【web内覧】アクセントウォール+フォールディングウィンドウが自慢の2階リビング

 

1階は親世帯、2~3階は私たち夫婦と

小学生の息子3人が住む、二世帯住宅の我が家。

そのため、私たち子世帯のリビングは2階にあります。

f:id:keigoman:20190128192931j:plain

 

以前住んでいた分譲マンションで、いろいろな

間取りのお部屋に遊びに行かせてもらった結果、

「LDKはシンプルな長方形が使いやすい」

というのが私たち夫婦の結論でした。よって、

18.5帖のLDKは見ての通りの形。そしてこの

空間のうち、今回はリビング部分をご紹介。

丸で囲んだあたりです。

f:id:keigoman:20190317085926j:plain

 

リビング全景がこちら。

f:id:keigoman:20190317095852j:plain

 

長方形のすっきり感を際立たせる意味で、

照明はダウンライトとしました。

リビングの天井には6つのダウンライトが。

4つしか写っていませんが(汗)。

f:id:keigoman:20190317105524j:plain

 

シーリングライトと違い、天井がフラットなので、

よりすっきりと、広く感じられます。 そして

ソファ、テレビボード、そしてサイドテーブルなど

家具はカリモクで統一。

ソファは見ての通りのレイアウトなので、

後ろ姿が命。選ぶ段階から、ひたすら

背面のデザインばかりを見て決めたものです。

f:id:keigoman:20190317100113j:plain

 

縦の格子がかわいい。

f:id:keigoman:20190317100241j:plain

 

そしてサイドテーブルも、

ソファに合わせたウォールナット。

f:id:keigoman:20190317100332j:plain

 

「テレビは突き当りに置く」と決めていたので、

テレビ上の横長の窓も、それに合わせて

最初から予定していたものです。

f:id:keigoman:20190317100853j:plain

 

この形、このデザインなので、

布のカーテンではなくウッドブラインド一択。

ほぼ開けることはない、ただただデザイン的な

意味で存在している、窓とブラインドです。

そしてまた、背面のアクセントウォールは

平田タイル製。

新築時には壁の裏側の補強だけをしてもらい、

住み始めて半年ほどが過ぎたころ、後付けしました。www.keigoman.com

 

壁紙ではなく本物のタイルですが、

その壁面にエアコンが設置されている

というのも大きなポイントです。 

その秘密はこちら。

f:id:keigoman:20190317101603j:plain

 

詳細はこちらで書きました。

ヘーベルの営業マンも知らなかった、

コペルニクス的な発想の設置方法です。

※職人を営むじいちゃんの助言で実現しました。

www.keigoman.com

 

この壁面に置かれている照明については

それぞれ記事にしてあります。

 

このフォレスタリウムとか、

f:id:keigoman:20190317102144j:plain

 

www.keigoman.com

 

新宿で買ったフロアスタンドとか、

f:id:keigoman:20190317102236j:plain

 

www.keigoman.com

 

テレビ裏の照明、シアターライティングとか。

f:id:keigoman:20190317102449j:plain

 

www.keigoman.com

 

照明は部屋を素敵に

見せてくれる大きなポイントです。

以下はモデルハウスの写真ですが、

このように最初からテレビを置く壁面に

照明を設置するのも、

めちゃめちゃおしゃれで憧れます。

「建築化照明」と呼ぶようですが、

我が家の場合は予算の都合で諦めました。

f:id:keigoman:20190317102806j:plain

 

ちなみに現在、我が家のテレビは55型です。 

www.keigoman.com

 

そして、アクセントウォールと並んでもう一つの

こだわりが、フォールディングウィンドウ。

f:id:keigoman:20190317103708j:plain

 

左右にスライドして開く「掃き出し窓」と

異なり、外側に折りたたまれて開く窓で、

このように開口部が大きく開くことで

開放感を得られるというのが、最大の特長です。

いいこともありますが少々使いにくさもある窓。

詳細はこちらにて。 

www.keigoman.com

 

ベランダ側からリビングを見るとこんな感じ。

f:id:keigoman:20190317104546j:plain

 

そして、この窓にかかるカーテンは

「シェード」と呼ばれる、

上に畳まれるタイプのものです。

f:id:keigoman:20190317104843j:plain

 

カーテンを開けた時、

その布が左右に溜まらないため、

フォールディングウィンドウとの相性は抜群。

より開放感を感じられます。 

www.keigoman.com

 

そしてまた、この窓の近くには、

室内干しするためのホスクリーンも設置。

f:id:keigoman:20190317105955j:plain

 

便利なので、エアコン前にも増設しました。 

f:id:keigoman:20190317110646j:plain

www.keigoman.com

 

そしてまた、正面から見て左側の壁には

DIYしたフォトフレームがかかっています。

f:id:keigoman:20190317110906j:plain

 

背面は黒板にもなっていて、お気に入り。

f:id:keigoman:20190317110939j:plain

 

www.keigoman.com

 

最後の仕上げとして、テレビの脇に

小さなグリーンと…

f:id:keigoman:20190317111758j:plain

 

いい香りのディフューザーを

置いたらできあがり。

f:id:keigoman:20190317111720j:plain

 

www.keigoman.com

 

キッチンから眺めた光景がこちらとなります。

お気に入りのLDKとなりました。

f:id:keigoman:20190317111952j:plain

 

そんなリビングで、大人のこだわりなど

まったく関係なく、小学3年生の息子の友人が

今日もうじゃうじゃと遊びに来るわけですよ。

f:id:keigoman:20190317112100j:plain

 

自分の家のようにくつろいでくれてなにより。

でも、

冷蔵庫のジュースを

勝手に飲むのはやめれ。

あと、ポテチ食べた指をソファで拭くなって。

読者登録していただくと更新の大きな

励みになりますのでよろしくお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 旭化成ホームズへ
にほんブログ村

↑ランキングに参加しています。

こちらをクリックしていただけると、

新たな原稿のネタが湧き出てきます。