keigoman’s diary 注文住宅物語

注文住宅や、二世帯住宅にまつわる記事を中心に。

収納の扉は、なにがベスト? 折れ戸と引き戸の違いと特徴を実例で語る

 

収納の扉は、大きく分けて2つ。

手前に折れて左右に開く折れ戸と、

f:id:keigoman:20190602151642j:plain

 

横にスライドする引き違い扉(引き戸)です。

f:id:keigoman:20190602151751j:plain

 

折れ戸のメリットは、開口部が広いため、

収納のほぼ全体が見渡せる点。

ハンガーに掛けた服をずらりと並べる

場合などは特に、全体が見られると便利です。

 

その一方で、左右に扉が折りたたまれるため、

この収納の中に引き出し式の箱を、

左右どちらかに寄せて入れると、

扉がジャマで引き出しが開かない

ということに。

デッドスペースとは言わないまでも、

折れ戸にした収納の、

左右の隅に置けるものは限られます。

 

そしてまた、折れ戸最大のデメリットは、

手前に扉が折れる

部分のスペースを

確保しておかないと

いけない点。

 

例えば、夫である自分の部屋の収納はこんな感じ。

f:id:keigoman:20190602152314j:plain

 

3枚の引き違い扉となっていますが、

これが、折れ戸だった場合、

右の扉は開きません。

f:id:keigoman:20190602152715j:plain

 

左側にもスピーカーが置いてあり、

折れ戸だったらこれがジャマで開きません。 

www.keigoman.com

 

 

また、冒頭に登場した和室の収納扉についても、

ここに折れ戸は不可でした。

この部屋は私たち家族の寝室となっており、

収納のすぐ手前まで布団が敷かれるからです。 

www.keigoman.com

 

つまり、

 

引き違い扉のほうが、

部屋を隅々まで使える

と言えるでしょう。

 

 

その一方で、引き違い扉には、

扉の枚数分のレール幅が必要です。

例えば和室のレールはこんな感じ。

f:id:keigoman:20190602153604j:plain

 

レールの分、収納なり部屋なり、

そのどちらかが狭くなるということです。

その点、折れ戸であれば、

レールに必要な幅は扉1枚分だけ。

f:id:keigoman:20190602153825j:plain

 

奥行の取れない収納には、

こちらのほうが向いているでしょう。

 

また写真の収納は床にレールが付いていますが

上吊り式にすればこのレールがなくなり、

床がフラットになってお掃除も楽チンです。

 

そしてまた、折れ戸にはもう1パターン、

扉が左右に自由に動く、

「フリー」という形もあります。その場合は、

下のレールが必須となってしまうのですが、

折りたたんだ扉が左右に自在に動くため、

先に述べた

「端っこの引き出しが開かない問題」は

解消されることとなります。

 

ただしその場合でも、

自分のこの部屋のような場合には不向きです。

f:id:keigoman:20190602154539j:plain

 

その部屋をどのように使うのかを

イメージしながら、

その部屋の収納の扉をどうするのかを

考える必要があるということです。

 

ちなみに、もっと小さな収納の場合は、

観音開き、あるいは片開きの扉

というパターンもあります。

f:id:keigoman:20190602155224j:plain

こちらは、我が家のLDKに

設けられた収納の扉。観音開きです。

 

余談ですが、観音開き(片開き)の扉を

設ける場合の注意点は、

必ず天井までの高さにする

ことです。

その方が、収納の中を最大限に使えます。

かつて私たち夫婦が見た完成直前内覧会では、

なぜかこの扉が天井までではなく、

200㎝の高さしかない家があり、

完全にデッドスペースが生まれていました。

f:id:keigoman:20190602160105j:plain

 

ホントにもう、家づくりって、

収納ひとつとっても、考えることだらけ。

注文住宅建設という長旅の途中にある方は、

心折れることなく、

最後まで頑張ってほしいと思います。

 

扉は折れても

心は折れるな。

 

珍しく着地が決まったので、

今夜はおいしいお酒が飲めそうです。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 旭化成ホームズへ
にほんブログ村

↑家ブログのランキングに参加しています。

こちらの写真をクリックしていただけると、

新たな原稿のネタが湧き出てきます。