keigoman’s diary 注文住宅物語

注文住宅や、二世帯住宅にまつわる記事を中心に。

ハーマンミラー社のセイルチェアはコスパ最高! リビングになじむデザインも◎

 

突然ですが、我が家のリビングルームには、

机ひとつ分くらいのワークスペースがあります。

f:id:keigoman:20190626154309j:plain

 

なぜキッチンにあるのかというと、

主夫である自分は家でパソコンを使う

仕事をしておりまして。

デスクワークしながら

みそ汁も作れる動線

としたためです。

注文住宅ならではの、

ライフスタイルが先にありきのデザイン

と言えるでしょう。

f:id:keigoman:20190626154358j:plain

 

パソコンひとつがあるだけのスペースですが、

仕事をするにはこれで十分。また、

レシピなんかもここに表示させながら

料理ができるので、なにかと便利です。

 

で、今回ご紹介したいのはこちらの商品。

f:id:keigoman:20190626154405j:plain

 

ハーマンミラー社の

セイルチェアです。

クリックしてポチるようなアイテムではないので

アフィリエイトもリンクも一切、貼りません。

ただただ、どこがいいのかを自慢します。

 

実はこれ、脚部の色や素材、そしてシート、

背もたれ、アームなどをセミオーダーする

タイプの商品でして、

オーダー次第で値段やカラーはまちまち。

f:id:keigoman:20190626160920j:plain

 

2019年6月現在、オフィシャルによると、

定価は8万2080円(税込)~11万2320円(税込) です。

 

20万円近い高級オフィスチェアもザラにある中で、

はっきり言って、これは安い!

実売価格はもう少し安く、

自分は10万程度のグレードのモノを

約3年前に8万4820円(税込)で購入しました。

 

で、どこが優れているかというと。

 

そもそもこのチェアは、

ハーマンミラー社のもっと高級な

アーロンチェア リマスタードという、

18万~28万もするチェアの、後発&廉価版モデル。

f:id:keigoman:20190626161855j:plain

 

もともとセイルチェアは「手頃な価格帯のチェア」

という前提でデザインがされていることもあって、

シートの高さやリクライニングの範囲など、

基本的には上位機種と同等の機能を備えていながら、

価格はグッと抑えられているのです。

 

というわけで、前から見たところ。

f:id:keigoman:20190626154450j:plain

 

後ろから。

f:id:keigoman:20190626154506j:plain

 

横から。

f:id:keigoman:20190626154458j:plain

 

この、横から見た時のシルエットや、

特にこんな角度から見た時に、

f:id:keigoman:20190626154519j:plain

 

帆船の帆のように見えることからこの名が付いたそう。

またこの椅子に深く座り、背もたれに寄りかかると、

背骨が正しいS字カーブを描いた位置になるよう

デザインされています。

長時間座っても

腰が痛くならない

理由がここに。

 見た目と機能性を両立させているわけですね。

 

で、機能の部分としては。

f:id:keigoman:20190626182802j:plain

 

シートの右下にある、2つのレバー。

左の赤丸はオフィスチェアではおなじみ、

ガス圧式で高さを調節するレバーです。

右の赤丸は「リクライニングの硬さ調節」。

「あーあ」と背もたれによりかかった時に、

どの程度の硬さで後ろに倒れ込むのかを調節できます。

柔らかすぎてもダメ、硬すぎてもダメで、

その辺りは座る人の好みかつ、体重にもよります。

それを、このノブを回すことで調整できるというわけ。

適度な反発力で倒れ、そして起き上がってくれるため、

非常に心地よいです。

 

一方、シート左側には、2つのこんなレバーが。

f:id:keigoman:20190626182808j:plain

 

上の赤丸は、座面奥行の調節。

これを調節することで、

背もたれに対して座面の位置が前後に動きます。

これにより、ひざの裏側が座面の前ふちに

圧迫されないよう調節できるということ。

座る人の体の大きさに合わせられるのです。

 

また、下の赤丸はチェアを横から見た状態を模していて、

下の部分は座面の前傾チルトレバー。右の部分は

背もたれがどの角度まで倒れるかのレバーです。

最大限に座面を前傾させて背もたれを奥に倒せば、

一時的に、フラットに近い形でくつろげるわけです。

このあたりの細かい調整を可能としたところが、

高級機をルーツに持つチェアたる所以。

 

そしてまた、アームパッドの高さも

お好みに調節できます。

f:id:keigoman:20190626154549j:plain

 

これらの機能に加え、構造体・機構部・可動部、

そしてサスペンションは、

驚きの12年間保証。

ガス圧シリンダーは2年間保証ですが、

3年間毎日使用した現在、どこもへたりはありません。

その辺りが、

見た目だけそれっぽい

1~2万円のチェアとの違い。

あまりに安いチェアは

すぐにガス圧シリンダーが壊れ、修理もしてくれません。

粗大ゴミとなれば、処分するにもお金がかかります。

 

ちなみにセイルチェアの対荷重は158kg。

65kgの父ちゃんが仕事しているところに、

30kgの子どもが上から座ってきても大丈夫。

なんなら、その上からさらに嫁が乗ってきても

ギリギリいや余裕で踏ん張ってくれます。

いやほんと余裕です。余裕なんです。

 

で、我が家のリビングに合わせて、

自分はこんな色で仕上げました。

f:id:keigoman:20190626154557j:plain

 

背もたれやアームのトップは、

ウォールナットで統一させた家具や、

造り付けのデスクと同じ系統の色に。

白&脚部のシルバーはキッチンの色と同じで、

座面のオレンジはこのリビングの

アクセントカラーとして、ソファや

ダイニングチェアの色に使われているものです。

f:id:keigoman:20190626185302j:plain

 

かくして、リビングに溶け込みつつも

存在を主張する逸品として、

セイルチェアは今日もここに鎮座しております。

THE・買ってよかった。

f:id:keigoman:20190626190433j:plain

 

誰が座っても、自分好みに細かい調整ができるので、

読書も仕事もはかどること間違いなし。ちなみに

組み立て式ではなく完成品が段ボールに入って

そのまま送られてきますので、

ちょっとした電話ボックスか、

もうひとつ冷蔵庫が届いた

と思わされます。

本体重量は、約17㎏もあります。

 

ちなみに、セイルチェアの「セイル」=「帆」の

英語の綴りは「sail」ですが、

この商品の英名は「SAYL Chair」。

「sail」の「i」を「Y」に換えた理由は、

ここにあります。

f:id:keigoman:20190626231403j:plain

 

Y! 

チェアの背もたれを支える、この「Yタワー構造」の

形状にちなんでいるとのこと。

スイス生まれのデザイナー、イヴ・ベアールが、

新しいワーク環境の地平線を広げるべく

開発したのがこのデザイン。背もたれ全体が

脊柱のカーブに合わせてしなる構造なのです。

こんなうんちくを語る僕って、

なんか知的っぽくてかっこいいと思うんですけど。

「オッカクやないかお前!」

「オッカク?」

「おっさん確定やないかそれ!」

よしもとの若手コンビ、“見取り図”の漫才、

好きです。 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 旭化成ホームズへ
にほんブログ村

↑家ブログのランキングに参加しています。

上の写真をクリックしていただけると、

新たな原稿のネタが湧き出てきます。

連日、見取り図をオチにしてるけど、まいっか。

「オッカク」のネタ、好きだし。