keigoman’s diary 注文住宅物語

注文住宅や、二世帯住宅にまつわる記事を中心に。

ヘーベルハウスご自慢の「比類なき壁」に起きた、築4年目の悲劇

 

“比類なき壁”でおなじみの、

ヘーベルハウスで家を建てて、

丸3年以上が経ちました。

f:id:keigoman:20190828143718j:plain

これと言った不具合もなく、

特に、家の中でカラオケができるほどの

防音性の高さには、大変満足しております。

 

…が、最近になって、

あることが気になり始めました。それは、

この外壁……“比類なき壁”についてです。

f:id:keigoman:20190827141431j:plain

 

パッと見では分かりにくいと思うので、

解説します。

 

ご存知の方もいるかと思いますが、

ヘーベルハウスは、「ヘーベル版」という

外壁を使用していることから、

この名が付いています。

「ALCパネル」とも呼びます。

で、このヘーベル版を外壁として、

鉄骨の枠に取り付けるわけです。

「ヘーベル」ではなく「ヘーベル」が正しい表記。

f:id:keigoman:20190827141954j:plain

 

板チョコのような形状をしているため、

この時点では当然、

板と板の間には若干の隙間があります。

この写真の方が分かりやすいかも。

f:id:keigoman:20190827142403j:plain

 

矢印で示したこれです。

で、ここにコーキングを施します。

f:id:keigoman:20190827142450j:plain

 

もう少し寄ってみましょう。

f:id:keigoman:20190828091256j:plain

 

縦に4本見える白い線、これがコーキングですね。

指で押すとぷにぷにと凹みます。

すき間を埋めると同時に、この部分で、

地震の時の揺れも吸収するわけです。

そしてこの上から吹付塗装を施すため、

完成後は、どこがコーキング部分であるか、

見た目では分かりません。

 

そこで、冒頭の写真に戻るわけですが。

f:id:keigoman:20190827141431j:plain

 

……おや。

f:id:keigoman:20190827143037j:plain

 

うっすらと、縦に黒い線が

入っているのがお分かりでしょうか。

さらに寄ってみると、こんな感じ。

f:id:keigoman:20190827143315j:plain

 

コーキングを施した部分の凹みに、

黒い汚れが付着しているのです。この部分は、

完成した今も、指で押せばぷにぷにします。

それが汚れを吸収しているからなのか、

なんなのか。ともあれ、明らかに、

この部分だけが黒い線になって見えます。

 

そういう目で見れば、

下の写真にも、縦の線が見えるはず。

f:id:keigoman:20190827143626j:plain

 

ヘーベルハウスの外壁は、

旭化成ホームズオリジナルのカラー、

そしてオリジナルの塗料による塗装です。

様々な色がある中で、我が家は

「ダイナホワイト」という色を選びました。

これが、もっと濃い色であったなら、

この症状は目立たなかったのかも知れません。

実際、我が家の近所にある、もう少し

灰色がかったヘーベルハウスの外壁には、

この縦線は見られません。

明るい白系は、我が家がチョイスした色以外にも

いろいろなバージョンがありますが、

f:id:keigoman:20190827144551j:plain

 

白に近ければ近いほど、

この症状は出るはず。

 

……ということも踏まえて、

これからヘーベルハウスを建てる方は、

ご自宅の外壁の色を決めるとよいでしょう。

特に賃貸を建てる方や、

自宅兼賃貸の併用を考えている方にとって、

見た目が古い感じになることは、

大きなマイナスになるはず。

外壁の色、大事です。

 

最近では、レンガのような色味の

ブリックバーミリオンとか、 

f:id:keigoman:20190831114822j:plain

www.keigoman.com

 

はたまた、メテオブルーなんていう

かっこいい青もあります。

f:id:keigoman:20190827144929j:plain

f:id:keigoman:20190827144941j:plain

※ヘーベルハウスHPより。

 

これらのカラーであれば、

「黒い線問題」も起きないことでしょう。

 

※追記 この記事を上げた日、

こんな書き込みがありまして。

 

「最近のヘーベルハウスではピンク色の

 オートンウェルシールという湿気硬化型の

 1液の材料を使うのが主流と

 なっておりますので黒くなりにくいはずです」

 

とのことです。

そうか…。「黒い線問題」は、

オフィシャルも気付いていたか…。

「ペンキ屋さん」、コメントありがとうございます。

 

それにしても。

恐らくは、耐震性などの強度の面に

問題はないのでしょうが、残念と言えば残念。

 

そしてまた、中年まっさかりの自分の顔にも

うっすらとシミができ始めていることは、

外壁以上に残念な出来事と言わざるを得ません。

 

ご自慢だった「比類なき顔」にも、

とうとう経年劣化の波が押し寄せて参りました。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 旭化成ホームズへ
にほんブログ村

↑家ブログのランキングに参加しています。

「読んだ!」のしるしに、

上の写真をクリックしていただけると、

新たな原稿のネタが湧き出てきます。

にほんブログ村テーマ みんなのWeb内覧会へ【web内覧】

みんなのWeb内覧会

Web内覧会*ヘーベルハウス

WEB内覧会*リビング

WEB内覧会*ダイニング

WEB内覧会*キッチン

WEB内覧会*ワークスペース

WEB内覧会*洗面所

WEB内覧会*玄関

WEB内覧会*トイレ

WEB内覧会*和室

WEB内覧会*外構

web内覧会*収納・クローゼット

にほんブログ村テーマ インテリアデザインへ【インテリア・収納】

インテリアデザイン

シンプル・モダン インテリア

暮らしをつくるインテリア

おしゃれなインテリア家具・雑貨

インドア&インテリアグリーン

モダンインテリアとデザイン家電

シンプルで綺麗な収納&片付け

収納の法則

わが家の快適収納

にほんブログ村テーマ 新築一戸建て・注文住宅へ

【我が家が比較検討したハウスメーカー】

新築一戸建て・注文住宅

ヘーベルハウス

セキスイハイム

ダイワハウス

一条工務店

パナホーム

三井ホーム

トヨタホーム

積水ハウス

住友林業