keigoman’s diary 注文住宅物語

注文住宅や、二世帯住宅にまつわる記事を中心に。

来たるべき我が子の受験に向けて「家庭教師に教えてもらいやすい間取り」とは

 

小学生の頃は、オール5でした。

中学1年くらいまでは、成績の良い子だったんです。

いきなり自分の話でスミマセン。

が、予習復習をしなくてはだんだん授業に

ついていけなったのが、中学2年くらいの話。

中学3年生になり、いよいよこれじゃヤバいと感じた親は、

自分を、駅前の塾へと放り込んだのでした。

それでも望む高校への合格は厳しかったため、

次に親は、家庭教師をつけることとしたのです。

 

やってきたのは、某国立大学のお兄さんでした。

お兄さんはとても分かりやすく、そして親しみやすく、

小学校時代とはうって変わって

すっかりアホになってしまった自分に、

優しく数学を教えてくれたのです。

さすがにマンツーマンは違いますね。

1度その授業を受けただけで、学校や塾とは

全く違う手ごたえを感じたことを、

昨日のことのように覚えています。

 

ただ、当時の我が家は

貧乏でした。

 

それは自分にも分かっていたので、

数回授業を受けただけで、

家庭教師は断ることとしたのです。

理由はもう、ただただお金のためでした。

f:id:keigoman:20200716204256p:plain

…が、もうひとつ、当時の自分が

「これはちょっと」と思っていたのが、

人様を招待するには恥ずかしいボロ家と、

小さな小さな、ミカン箱みたいな勉強机でした。

もしかしたら、

その恥ずかしさもあったのかもしれません。

 

さて、そんな少年もすっかり大人になり、

どうにかこうにか、

こんな家に住めるようになりまして。

f:id:keigoman:20200716194752j:plain

 

我が子は来年、小学6年生になります。

まだどうにかそれなりの

成績を収めてはいるのですが、

なにせ、親が親です。

いつ転落の一途をたどるか分かりません。

遠くない将来、

学習塾に行くことにもなるでしょうし、

家庭教師に見てもらう日だって来るでしょう。

親が親なので。

 

ということも踏まえて、

「がっつり家庭教師向け」というわけではありませんが、

この家を建てる際には頭の隅にそのことも意識して、

リビングに

ファミリーシェアデスクを設けました。

 

こちらです。

f:id:keigoman:20200716204027j:plain

コロナ禍の今は、嫁のワークスペースとしても活躍中

 

詳細についてはこちらから。 

www.keigoman.com

 

息子と家庭教師、2人が横並びで座ることができ、

かつ、個室ではないので、親もそこはかとなく

様子が見られるという仕様。

上から見るとこんな感じ。

f:id:keigoman:20200716204438j:plain

椅子はダイニングチェアと兼用です。

 

今はリビング学習スペースとして使っていますが、

この場所はそのまま、

家庭教師の先生に来てもらっても

利用できる空間になっているのです。

 

で、自分は大した学校も出ていないのに

親バカなもので、できれば息子には

公立の高校、そして大学に行ってもらいたいわけですよ。

なによりも、学費の問題もあるしね。

約8年後、彼が大学生になっても、

まだ我が家のローンは続いています。

できれば高額な私立ではなく、もう、

国立一択!

 

で、「難関校への合格者を最も輩出している学習塾」

なんてのを調べてみると

「SAPIX」という名前が見つかりました。

なんでもお受験界隈でこの塾は

「受験エリートを牛耳る」

などと言われているそうじゃないですか。

うーん、ウチの子も牛耳ってもらいたい!

 

しかし、その一方で不安な要素も。

調べてみると、

SAPIXは宿題が多く、

トップ2割に入る生徒は実力アップが可能だけれど、

そのトップ2割に入らなければ、

授業自体についていくことが難しくなるとか。

そうだよね、分からない授業を聞くのって、

ただ辛いだけだもんね。分かるよ…。

しかし、ここに通う子の中には、

プロの家庭教師を併用している例も少なくないとのこと。

こんなのとか。

aznet-pro.com

 

「受験エリートを牛耳る塾」+「プロの家庭教師」

って、それは最強の組み合わせなのでは……。

「これならうちの子が、

 自分と同じように、

 中2くらいから

 アホ化してもきっといける!」

そう確信したのでした。

 

せっかく調べたので、以下にリンクを貼っておきます。

 

「SAPIX(サピックス)の特徴と、家庭教師との併用で学力UPのコツ」

 

家を買う、あるいは建てる方の多くは、

「子どもが産まれた」「2人目を妊娠した」

というタイミングであるようです。

ウチもそうでした。

で、それを前提に注文住宅を建てる際には、

「子ども部屋をどうするか」という視点と同時に、

「家庭教師を家に呼ぶとしたらどうか」という視点も

持っておくと、来るべき日にきっと役に立つはずです。

 

また、ウィズコロナの時代は

これからも続くと思われます。

どうしても「密」になる個室ではなく、

広いリビングで、家庭教師と共に学べる空間。

そんな場所があれば、

「難関の国公立街道まっしぐら」

も夢ではないことでしょう。

頼んだぞ、息子よ!

f:id:keigoman:20200716195422j:plain


……って、勉強に飽きた子 丸出し!

アホ化 一直線!

俺の子だから

しょうがないけど!

 

家庭教師を頼む日は、

そう遠くないかもしれません。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

↑家ブログのランキングに参加しています。

「読んだ!」のしるしに、

上の写真をクリックしていただけると、

新たな原稿のネタが湧き出てきます。

にほんブログ村テーマ みんなのWeb内覧会へ【web内覧】

みんなのWeb内覧会

Web内覧会*ヘーベルハウス

WEB内覧会*リビング

WEB内覧会*ダイニング

WEB内覧会*キッチン

WEB内覧会*ワークスペース

WEB内覧会*洗面所

WEB内覧会*玄関

WEB内覧会*トイレ

WEB内覧会*和室

WEB内覧会*外構

web内覧会*収納・クローゼット

にほんブログ村テーマ インテリアデザインへ【インテリア・収納】

インテリアデザイン

シンプル・モダン インテリア

暮らしをつくるインテリア

おしゃれなインテリア家具・雑貨

インドア&インテリアグリーン

モダンインテリアとデザイン家電

シンプルで綺麗な収納&片付け

収納の法則

わが家の快適収納

にほんブログ村テーマ 新築一戸建て・注文住宅へ

【我が家が比較検討したハウスメーカー】

新築一戸建て・注文住宅

ヘーベルハウス

セキスイハイム

ダイワハウス

一条工務店

パナホーム

三井ホーム

トヨタホーム

積水ハウス

住友林業