keigoman’s diary 注文住宅物語

注文住宅や、二世帯住宅にまつわる記事を中心に。

「Rigna(リグナ)」で我が家が買った、おすすめの家具を紹介!

 

「おしゃれな空間で日常を過ごしたい」

「ドラマみたいな部屋にしたい」

「新居では、憧れだった家具をそろえたい」

 

それが注文住宅であれ賃貸マンションであれ、

そうした思いを抱く人が何をするかといえば、

情報収集です。

ブログだったりインスタだったり雑誌だったり

するわけですが、私たち夫婦も含めて、

そうした「おしゃれなインテリア・雑貨」を

求める方々が、リサーチの末に

必ず行きつく場所があります。

それが、

リグナテラス東京!

 

西遊記で言えば天竺みたいな、

ワンピースで言えばラフテルみたいな、

つまりはそんな場所です。

 

都心でありながら少しアクセスの悪いその場所に

建つビルは、一棟丸ごと、

上から下までおしゃれで満ち溢れていて、

もう、雑貨・インテリア好きなら1日中いられます。

ちなみに電車で行くならこんな感じですが、


茅場町駅(日比谷線、東西線)3番出口より 徒歩5分
八丁堀駅(JR京葉線、日比谷線)より 徒歩8分
水天宮前駅(半蔵門線)2番出口より 徒歩8分

 

もちろんネット通販もあるから大丈夫!

 

「おしゃれなお家」略して「おしゃ家」界隈では

知らぬ者のいないこちらのお店は、

ひとつのブランドを扱っているのではなく、

洋の東西を問わずおしゃれなインテリア、

家具、雑貨からグリーンアイテム、

照明などを集めたセレクトショップ。

 

ちなみに、

ここ10年くらいに流行ったテレビドラマでは、

もれなくこのリグナが一枚噛んでいます。

……っていうと聞こえが悪いのですが、

要は、主人公の家の内装関係など、

ドラマを制作する人たちは、このリグナに、

家具の提供を求めて求めてやまないということ。

リグナのモノさえ置いとけば、

もれなく「おしゃ家」になるのですから。

 

ヘーベルハウスの新入居宅として

毎月のようにバス見学会が行われている

我が家もまた、リグナには何度も足を運びました。

というわけで、我が家が買ったモノを一気に紹介!

 

まずはリビングルームで存在感を放つこちら。

フォレスタリウム!

f:id:keigoman:20200731104425j:plain

 

……が、本領を発揮するのは、夜!

f:id:keigoman:20200731104526j:plain

 

鉢の内側がライトになっているのです。

f:id:keigoman:20200731104652j:plain

上から覗き込んだところ。

 

で、下から見上げるとこうなりまして。

葉の影が天井に映り込むところがいい。

f:id:keigoman:20200731104735j:plain

 

リビングでこんな佇まいとなるわけです。

f:id:keigoman:20200731104755j:plain

 

これはもう、リグナの店舗で一目ぼれして、

入居と同時に購入した物です。

 

続きましては、トイレの中のあれこれ。

f:id:keigoman:20200731105037j:plain

 

右に下がっている緑の「スワッグ」も、

左の鏡も、

中央のライトも、すべてリグナ製です。

f:id:keigoman:20200731105132j:plain

 

こちらの照明は、

かのルイスポールセンなのですが、

f:id:keigoman:20200731110248j:plain

 

左の鏡はTEORIという、国内メーカー。

f:id:keigoman:20200731105838j:plain

 

こうした有名かつ定番のブランドから、

国内のあまり知られていない、でも

おしゃれなメーカーのモノまで

取り扱っているのが、リグナのいいところ。

 

また、我が家は二世帯住宅なので

1階には親世帯のリビングがあるのですが、

f:id:keigoman:20200731105453j:plain

 

そのダイニングテーブルの上の照明も

 リグナで購入したものです。

f:id:keigoman:20200731105518j:plain

 

nido(ニド)という、こちらも国内メーカー品。

f:id:keigoman:20200731105703j:plain

 

というわけで、店に行くのが一番なのですが、

とにかくリグナには、

おしゃれなものしかありません。

 

ここから先は、こんなのもありますって

コーナーになるのですが、例えば、

在宅ワークにもぴったりのこんな家具とか、

f:id:keigoman:20200802120730j:plain

『ガレ』のブックシェルフ&デスクという商品です。


 

おしゃ家では定番のタリアセンとか、

f:id:keigoman:20200802120838j:plain

f:id:keigoman:20200802120847j:plain


 

我が家も最後まで購入を検討した、

カラメッラのカウンターソファとか。

f:id:keigoman:20200802120921j:plain

 

とにかく、一度このリグナを
見ないことは始まらないってくらい、
超おすすめなのです。
サイトを眺めているだけでも、
家具を見る目が養われます。 

 

 
ちなみに我が家はこれも狙っていたのですが、

f:id:keigoman:20200731111034j:plain

「マイギャラリー」という商品です。

 

サイズがちょっと大きすぎたので、

似たようなものを別の店で買いました。

f:id:keigoman:20200731111310j:plain

 
こんなのも、
リグナで「マイギャラリー」を見て
知っていたからこその
コーディネートなわけです。

f:id:keigoman:20200731111514j:plain

 
もちろん最終的にはどこで買っても
その人の自由なのですが、
おしゃれな家づくりにとって大事なのは、
自分の見る目を高めること。
その意味では、
これらのブランドも知っておくとなお、
間違いのないインテリア選びができるはず。
名前だけ羅列しますが、
 

レンバシー
ノットアンティークス
ヒラシマ
マスターウォール
カリモク
アデペシュ
カルテル
HALO
ハーマンミラー
AZO
飛騨産業
フロス
SIROMUK
BUNACO

 

はたまたデザイナー系ならば、

こんな名前もおさえておきたい。

 

イームズ
アッキーレ カスティリオーニ
フランク ロイド ライト
ヴェルナー パントン
フィリップ スタルク
ジョージ ネルソン
ポール ヘニングセン
深澤 直人
安積 伸&朋子
森 宣雄
村澤 一晃

 

これら全て、リグナが取り扱っている

メーカーです。

一見の価値ありということが、

お分かりいただけるかと。

そして、正直言いますと、

どれも決して安くはないです。

安くはないけれど、

どれも一生モノです。

 

こだわって住む家なら、

こだわりのモノを置きたい。

それが終の棲家であるならば、

多少高くても、気に入ったものを置くべきだと、

そんな思いで、我が家はこれらのモノを揃えました。

 

これまでにも当ブログでは

いろいろな「〇〇で買ったモノ」

シリーズを書いてきましたが、

リグナは一押しです。

これから住む家のために、また後学のために、

一度はお店か、サイトを訪れてほしいと思います。

 

 

普段はあまりモノを買わない

私たち夫婦ですが、ここに行くと

物欲全開モードとなるので、

夏のボーナスが入ったら

またお店に行きたいと思います。 

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

↑家ブログのランキングに参加しています。

「読んだ!」のしるしに、

上の写真をクリックしていただけると、

新たな原稿のネタが湧き出てきます。

にほんブログ村テーマ みんなのWeb内覧会へ【web内覧】

みんなのWeb内覧会

Web内覧会*ヘーベルハウス

WEB内覧会*リビング

WEB内覧会*ダイニング

WEB内覧会*キッチン

WEB内覧会*ワークスペース

WEB内覧会*洗面所

WEB内覧会*玄関

WEB内覧会*トイレ

WEB内覧会*和室

WEB内覧会*外構

web内覧会*収納・クローゼット

にほんブログ村テーマ インテリアデザインへ【インテリア・収納】

インテリアデザイン

シンプル・モダン インテリア

暮らしをつくるインテリア

おしゃれなインテリア家具・雑貨

インドア&インテリアグリーン

モダンインテリアとデザイン家電

シンプルで綺麗な収納&片付け

収納の法則

わが家の快適収納

にほんブログ村テーマ 新築一戸建て・注文住宅へ

【我が家が比較検討したハウスメーカー】

新築一戸建て・注文住宅

ヘーベルハウス

セキスイハイム

ダイワハウス

一条工務店

パナホーム

三井ホーム

トヨタホーム

積水ハウス

住友林業