keigoman’s diary

注文住宅や、二世帯住宅にまつわる記事を中心に。

ヘーベルハウス建築レポート 第1~3週目

 

ヘーベルハウスで新居を建てて丸2年以上が経ちました。

家のこだわりポイントなどを記してきましたが、

それと並行して、建築レポートも書いていきたいと思います。

 

更地だった土地に、何週間目でどのくらの

仕上がりになるのかを分かりやすくするため、

週ごとに分けていきます。

第1週目は、「ただの地面」で、

画的に何も面白いものはないので、

一気に第3週目までの様子を、時系列に写真で並べてみます。

 

第1週目 

地鎮祭を行いました。

f:id:keigoman:20181017075622j:plain

 

これはハウスメーカーが行なってくれる、

いわば“オプション”であり、

行わなくてももちろんよいイベントなのですが、

二世帯住宅を建てる我が家としては

年老いた両親もいることですし、お願いしました。

私たちの場合は、ヘーベルハウスで

土地から探していただき、

縁もゆかりもない土地に移って家を建てたため、

このような形となりましたが、

実家を建て替えるなど、地元にゆかりある方でしたら、

お付き合いのある神社などに

直接依頼するのもよいでしょう。

施主が土地の神様にご挨拶をし、

そこに関係者を招待する

というのが本来の地鎮祭ですから、

むしろ、筋としてはそちらの方が筋です。

そして我が家の地鎮祭には、担当の営業マンと、

設計してくれた建築士、

現場監督と工事責任者の方が参加してくださいました。

テントの設営から神職の方へのお礼など全部含めて…

この金額は公表するのも無粋なので、やめておきます。

 

神主さんの

「よぉ~~~」

という大きな声が、朗々と響きます。

あの場所で工事が始まるな、と、

ご近所の方も思ったことでしょう。

 

ちなみに、地鎮祭の段階では、

家を建てる場所に合わせて、

地面にロープが張ってあります。

「この大きさで、この上に家を建てますよ」

という線です。

f:id:keigoman:20181017075955j:plain

 

この線に囲まれた部分を見ると、

人は必ず「小っさ!」と言うそうです。

初めてこれを見た時、私たちも言いました。

「思ったよりも、小っさ!」

すると、工事担当の人は笑いながら言いました。

「どんな豪邸を建てる方でも、

  みなさんそうおっしゃいます」

まあ、豪邸でもない我が家であれば、小さいのも当然か…。

 

そしてこの更地が、地鎮祭から3日目でこうなり、

f:id:keigoman:20181017080051j:plain

 

第2週目 

7日目でこう。コンクリートを流し込むための

金属製の型枠が見えます。

枠の内部には、鉄筋が張り巡らされています。

f:id:keigoman:20181017080140j:plain

 

第3週目  

それから10日後。コンクリートが

固まったところで型枠を外し、基礎のお目見えです。

f:id:keigoman:20181017080109j:plain

完成まであと

104

 

www.keigoman.com

 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 旭化成ホームズへ
にほんブログ村

↑どなたでもクリック可能です。

押していただけると、新たな原稿のネタが湧き出てきます。