keigoman’s diary 注文住宅物語

注文住宅や、二世帯住宅にまつわる記事を中心に。

モデルハウスに必ずあるものと言えば観葉植物と、そしてディフューザー

 

忘れもしない、4年前。

初めて訪れたヘーベルハウスの展示場で感じたのは、

入ったとたんにふっと落ち着くような静けさと、

そして、とても素敵な香りでした。

 

「いい香りですね」と、後に私たちの担当になる

営業のKさんに尋ねると、すぐに商品名を教えてくれました。

 

それがこの、クルティです。

 

 

f:id:keigoman:20181203142212j:plain

 

このように瓶から細い棒が飛び出ている香りのアイテムを

ディフューザーと呼ぶそうです。

今日、ディフューザーは

無印良品やニトリでも売っていますが、そもそも

こうしたウッドスティック式のルームフレグランスは、

1990年頃にイタリアで発明された、

このクルティが元祖なのだそう。

元祖だからというわけではありませんが、

クルティは、他とは一線を画する上品で自然な香りです。

香料丸出しのしらじらしさやわざとらしさがなく、

他のメーカーのそれとはまったくの別物です。

 

入居したその日から、我が家はこれを使っています。

現在は玄関と、

f:id:keigoman:20181203142345j:plain

 

2階に上がる階段の途中、

 

f:id:keigoman:20181203142731j:plain

 

トイレ、

f:id:keigoman:20181203142922j:plain

洗面所、

f:id:keigoman:20181203143151j:plain

 

二階リビングのテレビ台横と、

f:id:keigoman:20181203141744j:plain

 

キッチン、

f:id:keigoman:20181203143514j:plain

 

そして3階のウォークインクローゼットにも

置いています。

f:id:keigoman:20181203143718j:plain

 

価格もまた一線を画するわけですが、

家の空気をひとつ上質にしてくれるアイテムで、

バス見学会で我が家を訪れた方からも、

そのことをよく尋ねられます。

「いい香りですね」

そう言っていただくと、妻はうれしいようで、

どこで売っているかなどを説明しています。

 

アクタスです。

 

クルティのボトルは大きく3種類があり、

 

香りごとのナンバーがデザインされた「マテリエルシリーズ」と、

f:id:keigoman:20181203144156j:plain

 

この丸みを帯びた「スタイルシリーズ」、

f:id:keigoman:20181203144321j:plain

 

そしてエレガントな雰囲気の「デコールシリーズ」です。

f:id:keigoman:20181203144221j:plain

 

香りの種類も、それぞれに6~8種ほどがあり、

シリーズごとに独自のフレグランスとなっているため、

単純に「ボトルの形が違うだけ」というわけではないようです。

 

そして我が家は、

「スタイルシリーズ」の

「A(AQQUA)」がお気に入り。

 

香りの中身については、アクタスのサイトによれば

「CULTIの創設者アレッサンドロ・アグラーティの

 イニシャルのAから名前がついた、

 爽やかさの中に甘みもしっかりと香る

 中性的なイメージの、CULTIを代表する香りです。」

とのこと。また、250mlボトルは、その大きさとデザインがよく、

家の中のあちこちに置いてあります。また

クルティとは全然関係はないけれど、サイズ感が

ちょうど良くてかわいらしい瓶なども使ったりしています。

 

ちなみに、我が家の寝室は和室&畳なので

この部屋にクルティを置いてはいないのですが、

モデルハウスのベッドルームには、

大人の雰囲気が漂う「デコールシリーズ」がよく置かれています。

とてもよく似合うと思います。

 

我が家は、たまーにアクタスでセールを行っているときに

これの1リットル詰め替え用大びんを買うのですが、

通販でも売っています。

 


 

 

ちょっと引く価格ですが、その、引いた距離だけ、

訪れたお客様の気持ちが上がると考えていただいてよろしいかと。

モデルハウスみたいな家を目指すにあたり欠かせないのは、

観葉植物と、そしてクルティなのであります。

 

クルティは、ヘーベルハウスの展示場には

ほぼ間違いなく置いてあります。

香りの種類は、展示場ごとに異なっていますが、

他のメーカーのディフューザーではなく、クルティ。

少しマニアックな話をすると、

2017年頃の一時期、ヘーベルハウスは

ボトルと共にオリジナルの香りを作り、

全国で統一しようとしていました。

はっきり言いますと、それはクルティと比べて

ボトルデザイン、香り共にイマイチだったわけですが、

しばらくして展示場にはまた、

クルティが置かれるようになったのです。

どんな経緯があったかは分かりませんが、結局は

「やっぱこれだよな」という話になったのでしょう。

 

さらに余談をしますと、女性がつける香水には、

つけてすぐの香り「トップノート」と、

30分~2時間後に香る「ミドルノート」、

揮発性の弱い香料が最後に残す「ラストノート」がありますが、

クルティもまた、時間の経過とともに香りが変わります。

例えば1ヵ月前のボトルは、新品のそれとは明らかに違う香り。

そんな違いも楽しめるわけです。

 

棒を挿しっぱなしにしているとだんだんと

香りが薄くなってくるので、お客様が来る時には、

その棒をえいっとひっくり返してあげると、

よい具合に香りが広がります。

 

観葉植物とクルティ。

新居でぜひ置きたかったアイテムを、

今は、部屋のあちこちで、揃って使っています。

 

読者登録していただくと更新の大きな

励みに なりますのでよろしくお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 旭化成ホームズへ
にほんブログ村

↑「読んだ甲斐があった」と思っていただけましたら、

クリックをお願いします。 大きなやりがいとなります。