keigoman’s diary

注文住宅や、二世帯住宅にまつわる記事を中心に。

お気に入りの照明シリーズ③ タイルの陰影を際立たせるテレビ裏の灯り

 

リビングの照明は暖色系でまとめ、

夜は間接照明をメインにした明るさの中で過ごしています。

そんな我が家にある照明は、

あれこれ吟味した結果「これ」と決めたものばかり。

そんなお気に入りの照明たちを、紹介してきたいと思います。

今回は写真多めでお送りする、その第3回。

 

テレビ裏の照明、シアターライティングです。

f:id:keigoman:20181206200042j:plain

 

分かりにくいので別角度から。

f:id:keigoman:20181206200122j:plain

 

さらにもう一枚。

f:id:keigoman:20181206200144j:plain

 

テレビの裏に、バーの状態の照明が置いてあります。

f:id:keigoman:20181206200218j:plain

 

下から照らし出されることにより、

タイルのアクセントウォールの陰影が浮かび上がります。

f:id:keigoman:20181206200337j:plain

 

一番最初は、テレビのすぐ裏に置いていたのですが、

その場合…

f:id:keigoman:20181206200427j:plain

 

テレビの下の隙間から漏れる光が、

かなり強く目に入ってきてしまいます。

そこで、ちょうどよい高さを模索した結果、

f:id:keigoman:20181206200536j:plain

 

この位置となりました。

照明の下にかませているのは、DIYしたこちら。

f:id:keigoman:20181206200616j:plain

 

長い板を切ってくっつけただけの、

DIYと呼ぶのも少し恥ずかしいようなアイテム。

総額300円程度です。

 

テレビ裏の照明は、シアターライティングと言い、

モニターの周囲が明るくなることで、目にも優しいそう。

そんな素敵なムードの中、小学生の息子と一緒に

『ピタゴラスイッチ』を見たりするのも、

またよいものです(笑)。

 

アクセントウォールを施したのであればなおのこと、

こちらのライトもセットで設置するのがおすすめ。 

棒状のものでなく、クリップライトなどでも

同様の雰囲気を出すことはできます。

 

そんなわけで、夜の雰囲気がさらに素敵になった、

我が家のリビングルームなのでした。

照明シリーズもいよいよ最終回、④に続きます。 

www.keigoman.com

読者登録していただくと更新の大きな

励みに なりますのでよろしくお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 旭化成ホームズへ
にほんブログ村

↑ランキングに参加しています。

こちらをクリックしていただけると、

新たな原稿のネタが湧き出てきます。