keigoman’s diary

注文住宅や、二世帯住宅にまつわる記事を中心に。

リビングに合うデザイン性…ただそれだけで選んだ加湿空気清浄機がこちら

 

モデルハウスのあの素敵な感じは、

間取りだけで醸し出せるものではありません。

大事なのは、家具も含めた全体の統一感です。

 

いいものだけをただ揃えて置くのではなく、

統一感がなければ、おしゃれな部屋にはなりません。

そして統一感のある部屋の色合いは、

ベースカラー、アソートカラー、アクセントカラーの

3つに分けられます。

 

・ベースカラー=壁や天井、床など、部屋の大部分を占める色のこと。

・アソートカラー=カーテンやラグ、家具など、比較的大きな面積の色のこと。

・アクセントカラー=小物や雑貨など、ワンポイントに使われる色のこと。

 

そして我が家の場合は、ベースカラーは

白い壁とオークホワイトの床。

カーテンも白系でまとめてあります。

そしてアソートカラーとなる家具類は、

すべてウォールナットで統一。これに

アクセントカラーとして、ソファや椅子の

座面にオレンジを加えて、部屋全体をまとめてあります。

f:id:keigoman:20181209140444j:plain

 

そんなリビングルームに、冬の必需品、

加湿空気清浄機を置くわけですが、購入にあたっての

コンセプトはただひとつでした。

 

見た目。

 

「名の通ったメーカーである程度高いものなら、

性能はいいに決まっているだろう」という前提で、

入居した年の冬に購入したものがこちらになります。

 

f:id:keigoman:20181209134321j:plain

 

Panasonicの加湿空気清浄機、F-VXL90。

製品自体には、木目調とホワイトの

2種類がありますが、木目調一択です。

f:id:keigoman:20181209134356j:plain

 

現在は生産終了していますが、後継機として

ほぼ同じデザインのF-VXR90が

2018年9月に登場しております。


 

 

実は、それまでにもシャープ製の

加湿空気清浄機は持っていたのです。

それは、18.5帖のリビングルームに対して

20帖用というやや大きめサイズのものだったのですが、

我が家には吹抜けがある分、

加湿しきれません。

f:id:keigoman:20181209134740j:plain

 

リビングに対して吹抜けはこのくらいの面積ですが、

f:id:keigoman:20181209134916j:plain

 

どんなに頑張っても、

湿度は20%前後までしか上がりません。

これから家を建て、

吹抜けを設けようとしている方は、

ここに要注意です。

床面積そのままのタイプでは、

絶対に、冬の理想的な湿度である、

40~50%程度にまでは上がりません。

 

というわけで、デザインのみを重視しつつも、

今回は40帖(66㎡)用を購入。

これでようやく、望んだ湿度にすることができました。

 

音も静かで、空気清浄、

加湿ともにパワフル

 

基本的には自動にしっぱなしなのですが、

空気が汚れていると機械が判断すると、

前面パネルが少し浮き上がってせり出し、

よりパワフルに空気をきれいにします。

ユニコーンガンダムがNT-Dを発動した時と

同じ変形と思っていただければ分かり易いでしょう。

f:id:keigoman:20181209135120j:plain

 

というわけで、部屋全体の統一感を損なうことなく、

リビングにぴったりの加湿空気清浄機を置きました。

以前使用していたシャープ製のそれは、

壁から少し離して設置する必要があったのですが、

今回のPanasonic製ユニコーンガンダムは、

壁にぴったりとくっつけても大丈夫。

そんな点もお気に入りです。

 

読者登録していただくと更新の大きな

励みに なりますのでよろしくお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 旭化成ホームズへ
にほんブログ村

↑「読んだ甲斐があった」と思っていただけましたら、

クリックをお願いします。 大きなやりがいとなります。