keigoman’s diary

注文住宅や、二世帯住宅にまつわる記事を中心に。

リビングに溜まりがちな紙・冊子類をとりあえずしまうおしゃれな白い紙袋

 

社会人となり一人暮らしを始めたばかりの頃、

自分よりも数年先に一人暮らしを始めた

友人の家に遊びに行きました。

その彼は内装デザインの仕事をしており、

尋ねた先の部屋は、コンクリート打ちっぱなしの壁の、

いわゆる「デザイナーズマンション」でした。

おしゃれです。そして

おしゃれな部屋は、

モノが出しっぱなしではないということを、

この時、自分は初めて知ったのでした。

「テレビ雑誌が出しっぱなしの部屋は嫌い」

彼はそう言っていました。

今ならその言葉の意味がよく分かります。

雑誌にもよりますが、なんというか、

モノが出しっぱなしの部屋は、

生活感が丸出しになるのです。

そりゃあ、日々生活をしていれば、そうなります。

住みやすさと、きれいさは、なかなか

両立することが難しいものです。

 

だから、いつもいつもピカピカの

モデルハウスである必要はありません。

ひと様が来る時など「ここぞ」の場面で

気合を入れればよいのであって、普段は

生活しやすいように住むのが一番だと自分は思います。

 

それでも、なるべくなら生活感は排除したい。

そこで、雑誌やら住んでいる街の広報誌やら

ダイレクトメールやら、

勝手に積もっていく紙・冊子の類は

「とりあえず置いておく場所」を設けておくと便利です。

 

迷わずゴミ箱行きにできないモノを、

いったんしまっておく場所。

それはマガジンラックだったり

引き出しの中だったりするケースも多いと思いますが、

我が家の場合は、これです。

f:id:keigoman:20181209153314j:plain

 

この袋の中に、いったん放り込んでおいて、

時間がある時に目を通し、

しかるべき場所にとっておいたり

破棄したりするわけです。

 

f:id:keigoman:20181209153343j:plain

 

IDEEで見つけて買いましたが、

これの正体は、

BE-POLES(ビポール)という、ファッション企業の

CIやブランディングを行うデザイン会社が手掛けた

ペーパーバッグ。パリの有名セレクトショップ

“Merci”のブランディングも手掛けており、

そのオリジナル商品となります。

洗練されたグラフィックで、無造作に置くだけでも

インテリアになるようなたたずまい。

これの良いところは、まず見た目がかわいらしい。

そして容量がそれほどないので、

冊子などが溜まりすぎる前に、

仕分け作業を余儀なくされるところです。

 

 

店頭で販売しているときにはこのようになっていますが、

f:id:keigoman:20181209153556j:plain

 

上部を折り返して使うのがおすすめ、というか、

このペーパーバッグの定番の使用方法です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

be-poles ペーパーバッグ S/ビーポール
価格:1080円(税込、送料別) (2018/12/9時点)

楽天で購入

 

 

紙袋と考えれば高いのですが、

おしゃれなマガジンラックと考えれば安い。

そんなグッズなのであります。

読者登録していただくと更新の大きな

励みに なりますのでよろしくお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 旭化成ホームズへ
にほんブログ村

↑ランキングに参加しています。

こちらをクリックしていただけると、

新たな原稿のネタが湧き出てきます。