keigoman’s diary

注文住宅や、二世帯住宅にまつわる記事を中心に。

息子のダニアレルギーを改善してくれた、布団干し専用3階ベランダ

 

突然ですが、我が家は

布団で寝る派です。

寝室を設けなかった理由は以下の通り。

 

1.ベッドを常設する寝室を設けると、

  一部屋をまるまる使うことになる。

2.夫婦共々、そもそも和室&布団で育った。

3.父及び子の寝相が異様に悪い。

4.ダニアレルギーを持つ子どものためにも、

     布団はマメに干したい。

 

1.ベッドを常設する寝室を設けると、

  一部屋をまるまる使うことになる。

 

について。

1階は親世帯、2~3階は私たち夫婦と

小学生の息子3人が住む、二世帯住宅の我が家。

3階建てですが、子世帯だけを見れば

床面積92㎡足らずの3LDK。

f:id:keigoman:20181229113633j:plain

 

戸建てとしては少し狭いくらいの家です。

部屋としては、2階は、リビングのみ。

3階には父部屋、子ども部屋、和室の3部屋のみ。

f:id:keigoman:20190112145652j:plain

 

この、3つしかない部屋の一つを寝室として

使うのは、もったいないと思いました。

布団を押入にしまえば、

そこにひと部屋が生まれます。

親戚一同が来た時や、ママ友が一挙に遊びに

来た時などは、子どもたちをまとめてその部屋に

放り込んで置くこともできます。

ちょっと大きい子は子ども部屋に、

小さい子は和室にまとめて、といった使い分けも可。

さらに和室は一切の家具がないため、

小さい子が触って危険なモノもありません。

f:id:keigoman:20190112145819j:plain

 

というわけで、基本的には万年床ではありますが、

いざとなれば部屋として活用できるメリットをとりました。

 

2.夫婦共々、そもそも和室&布団で育った。

について。

 

ひと部屋は、畳の空間が欲しい。

これは、家を建てる前から夫婦共通の願いでした。

そしてまた、私たち夫婦は2人ともが、

ずっと和室&布団で育ってきました。

この家を建てる前には分譲マンションに

住んでいたのですが、

そこにもまた、やはり和室がひと部屋。

日本人なら畳が必須

という、田舎者のこだわりであります。

 

3.父及び子の寝相が異様に悪い。

について。

 

父の寝相は悪く、夏場は布団を飛び出し、

ひんやりしたフローリングまで移動して

寝ていることもありました。

その遺伝子は子どもにもしっかり受け継がれ、

布団を飛び出すことしばしば。

とてもベッドで寝られるはずがありません。

 

4.ダニアレルギーを持つ子どものためにも、

     布団はマメに干したい。

について。

 

ベッドの巨大なマットレスを

天日干しするのは大変です。

その点布団は楽チン。

なおかつ、布団をすぐに干せる間取りとしました。

子世帯の住む2~3階にはそれぞれにベランダがあります。

洗濯物を干す2階ベランダは、

洗濯機からすぐに出られる動線。

f:id:keigoman:20190112150252j:plain

 

かつ、あれこれ干せるように広くなっています。

f:id:keigoman:20190112150652j:plain

 

一方の3階は、布団を干すためだけのベランダ。

窓を開けるとすぐにベランダ手すりがあります。

f:id:keigoman:20190112150800j:plain

 

ゆえに、軒天部分には物干し竿を設置する

設備すら、そもそもつけませんでした。

f:id:keigoman:20190112151013j:plain

↑こんなの。

 

というわけで3階には、ただただ

布団を干すためだけのベランダ。

f:id:keigoman:20190112151514j:plain

 

贅沢な空間ですが、これにより、

晴れた日には必ず干すことができます。

ダニアレルギーのある息子の肌も、

この家に来てからずいぶんと改善されました。

読者登録していただくと更新の大きな

励みに なりますのでよろしくお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 旭化成ホームズへ
にほんブログ村

↑ランキングに参加しています。

こちらをクリックしていただけると、

新たな原稿のネタが湧き出てきます。