keigoman’s diary 注文住宅物語

注文住宅や、二世帯住宅にまつわる記事を中心に。

「こうすればよかった」ポイントをついに改善。諦めない気持ちって大事。

 

注文住宅の場合、家が出来上がってから

「ああっ、ここはこうすればよかった」

という部分が少なからずあるものです。

何から何まで注文通りであるがゆえに、

見落としであったり、思ったものと違ったり…

といった部分は、どうしても出てきます。

 

www.keigoman.com

 

それでも、我が家の場合は、

間取り図や仕様書を穴があくほど見つめ、

完成形をイメージしながら作り上げたので、

そうした不満はかなり少ない方だと思います。

 

「収納の中にも電源を設けておくべきだった」

というのは住み始めてから気付いたことですが、

もうひとつ、

決定的に見落としていた部分がありました。

 

1階トイレの手すりです。

 

1階は親世帯、2~3階は私たち夫婦と

小学生の息子3人が住む、二世帯住宅の我が家。

1階は親の好みで、床全体をチェリー系とし、

扉や、それに付随する金具の色なども

それに合わせて統一したつもりだったのですが、

ここはうっかりしていました。

手すりが、白色だったのです。

f:id:keigoman:20190110164507j:plain

f:id:keigoman:20190110164529j:plain

 

親世帯であることを踏まえ、

トイレの照明は人感センサーとし、また、

車いすになっても出入りがしやすいよう、

扉は引き戸にしました。

さらに、座ったり立ち上がったりするときの

安全性のため、手すりを設けたのですが、

その色を、確認するのを忘れていました。

 

本当は、私たちが初めて訪れた

ヘーベルハウスのモデルハウスで見た、

こんなのにしたかったのです。

f:id:keigoman:20190110164625j:plain

f:id:keigoman:20190110164649j:plain

 

ウォールナットの持ち手に、

上下の金属部分が高級感を醸し出す、これ。

しかし、我が家の手すりは

病院のように無機質な手すりだったのです。

f:id:keigoman:20190110164744j:plain

 

家が出来上がってからそれに気付きましたが、

施工ミスでも何でもない、

こちらの見落としなので、諦めていました。

そもそも自分たち子世帯が使うトイレでもないし、

親からも、手すりの色に対する不満は聞かれないので、

「これはこれで仕方ないか」と。

夫である自分は、思っていました。

 

…が、嫁は

諦めてはいなかったのです。

 

オークションサイトやメルカリなどで

常々チェックをし、

そして入居から3年が経ったある日。

とうとう、お手頃価格の新品の手すりを発見し、

彼女はそれを手に入れたのでした。

 

工事は、夫である自分が担当。

それまでついていた手すりを外すと、

ネジ穴だけでなく、写真のように、

手すりの金具の跡までが、壁紙に残っていました。

f:id:keigoman:20190110170249j:plain

f:id:keigoman:20190110164837j:plain

 

旧手すりと新手すりのネジ止めの位置は、

そうそう都合よく同じ高さではなく、

新手すりの方が、その幅がやや狭かったのでした。

上の跡は、新手すりで隠しても、下は残ります。

そこでじいちゃんの出番です。

 

実は我が家には、家じゅうの壁紙の予備が

大量にストックされています。

建設業者が余りを置いていってくれたものです。

その中から、今回取り替える手すりが

ついていたものと同じ壁紙を抜き出し、

そしてこの通り。

f:id:keigoman:20190110171930j:plain

 

じいちゃんが見事に修復してくれたのでした。

よく見ると四角く修正した跡が見えますが、

これで充分と言えるでしょう。

 

そして設置された、念願の手すりがこちら。

f:id:keigoman:20190110172013j:plain

 

モデルハウスのと同じじゃーん。

 

嫁の執念諦めない気持ちが、

ほとんど唯一といっていい、

我が家の「こうすればよかった」を

なかったこととしたのでした。

 

ありがとう、嫁。

ありがとう、じいちゃん。

 

完成したトイレを見た嫁は、

「次はトイレットペーパーのアレだな…」

と呟いていたのでした。

それは、展示場で見たこれのことですね。

f:id:keigoman:20190110173202j:plain

f:id:keigoman:20190110174137j:plain

これはこれで、なかなかのお値段がしておりますけど…。

 

というわけで現状、

「また、いつかね」

ということになっております。

絶対に、うちの奥さんは諦めないんだろうなあ…。 

 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 旭化成ホームズへ
にほんブログ村

↑家ブログのランキングに参加しています。

こちらをクリックしていただけると、

新たな原稿のネタが湧き出てきます。

にほんブログ村テーマ Web内覧会*ヘーベルハウスへ
Web内覧会*ヘーベルハウス
みんなのWeb内覧会
住まいと暮らし
新築一戸建て
ステキに暮らす♪