keigoman’s diary

注文住宅や、二世帯住宅にまつわる記事を中心に。

今ある家具に合わせて家を作る。注文住宅ならではの贅沢なオーダー実例

 

ペニンシュラ型キッチンの

「ペニンシュラ」とは、

英語で「半島」の意味。

つまり「半島」のように

アイランドキッチンの片側が、

壁に接している形になります。

分譲マンションでも建売戸建てでも、

このスタイルを取り入れている物件は多く、

今の主流と言っていいでしょう。

 

その場合、キッチンの背面には、

収納が設けられます。

ヘーベルオリジナルキッチンを

取り入れた我が家のキッチンもこんな感じ。

LDKにあるキッチンのレイアウトとしては、

ごく一般的なスタイルです。

f:id:keigoman:20190120145714j:plain

 

そして、この背面の収納と同じ面に冷蔵庫を

置いた場合、収納の奥行よりも、

冷蔵庫の奥行きの方が長いというのは、

よくあるケース。

こういうことです。

f:id:keigoman:20190120145754j:plain

 

ご多分に漏れず、我が家の冷蔵庫も、

収納よりはみ出しています。

冷蔵庫が突き当りの側にあるので、

これでもよいのですが、

キッチンの入り口側に冷蔵庫があると、

このでっぱりは、やや邪魔になります。

 

そこで、手前に冷蔵庫を置く場合は、

その分、壁を奥に凹ませるというやり方があります。

その実例を、以前住んでいた

マンションの間取り図で説明します。

f:id:keigoman:20190120145826j:plain

 

冷蔵庫を置くスペース、奥側の壁が凹んでいます。

f:id:keigoman:20190120145844j:plain

 

実際に置いてみるとこんな感じとなり、

写真で見ると、こう。

f:id:keigoman:20190120145901j:plain

 

壁の凹みの方が大きいので、

かえって収納の方が

飛び出ているわけですが、キッチン入り口で

冷蔵庫が張り出しているよりも、

こちらのほうが使い勝手は良いわけです。

 

分譲マンションに住んでいた頃に購入した、

このキッチン背面の収納家具は、

OKAY(オーケイ)という家具メーカーで

オーダーメイドしたもの。

新居に移るにあたり、

基本的に家具は一新したのですが、

この収納家具は20万円ほどした高級品なので、

1階親世帯のキッチンで、

流用することにしました。

 

そして流用にあたっては、

マンションの時と同じように

冷蔵庫スペースを凹ませたのですが、

今回は冷蔵庫と収納の前面が

きっちり並ぶようオーダー。

 

今ある家具に

合わせて家を作る

 

という、注文住宅ならではの贅沢です。

 

1階の図面がこうなっており、

f:id:keigoman:20190120150016j:plain

 

キッチン部分をアップにして、

分かりやすくするためにキッチン背面の壁に

色を付けてみるとこうなります。

f:id:keigoman:20190120150027j:plain

 

冷蔵庫のサイズと収納のサイズが、

図面の中に書き込まれていることも分かります。

 

かくして、出来上がりはこんな感じ。

見事に面がそろいました。

f:id:keigoman:20190120150102j:plain

 

前述の通り、下に置いてあるのは流用家具で、

上部の収納はパナソニックのキッチンのもの。

白+アルミという色もそろって、

ちぐはぐな感じにならずに済みました。

f:id:keigoman:20190120150222j:plain

 

冷蔵庫の上部から見ると、

壁が凹んでいるのが分かると思います。

f:id:keigoman:20190120150451j:plain

 

10年後、冷蔵庫を買い替えるにしても

そのサイズ感は大体同じようなもの。

面は、合わせ続けられることでしょう。

 

というわけで、お気に入りの家具を

流用するのなら、それに合わせて家の側を

レイアウトすることもできるよ、

という話でした。

 

これはもちろん、キッチン背面の収納に

限った話ではありません。

「この家具はずっと使う」と決めたものなら、

それに合わせて

ドアや窓の位置を決めていくことも、

注文住宅ならば、もちろんできるわけです。

 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 旭化成ホームズへ
にほんブログ村

↑家ブログのランキングに参加しています。

こちらの写真をクリックしていただけると、

新たな原稿のネタが湧き出てきます。