keigoman’s diary

注文住宅や、二世帯住宅にまつわる記事を中心に。

住宅展示場のモデルハウスとは一味違う『街角ヘーベル』にまつわる話

 

ヘーベルハウスは住宅展示場だけでなく、

住宅街の中にも、

期間限定のモデルハウスを建てています。

それが『街角ヘーベル』。

3ヵ月なり、半年なりの間、

その家をモデルハウスとして公開し、

よきタイミングで売りに出すという家。

そもそも、ヘーベルハウスがどういう事情で

これを建てているのかは不明ですが、

 

・住宅展示場には全く足を運ばない層に向けて

 

であったり、

 

・急に格安で土地が手に入っちゃったから

 

であったり、

 

・ヘーベル度が低いエリアで、知名度をアピールしたい

 

だったりするのでしょう。

ともあれ、売却することが前提の家なので、

住宅展示場のそれのように、

豪華なオプションだらけということもなく、

リアルなサイズで、

リアルなヘーベルハウスが

見られる

という、真剣にヘーベルハウスを

検討している方にとっては

非常に参考になる物件なのであります。

また、その家自体が気に入り、

立地的な条件も自分にピッタリであれば、

そのまま買うこともできる

という点でも、

住宅展示場とは大きく異なりますね。

 

ただし、自分が足を運ぶことができるエリアに

これがあるかどうかは、運次第。

最初に書いた通り期間限定ですので、

オフィシャルのHPをまめにチェックするしかなく、

当然、売却された後は中を見ることができない

という、まるで幻か、

蜃気楼のようなモデルハウス

でもあります。

※週末限定でオープンしていたり、

完全予約制だったりと、

内覧方法は物件ごとに異なります。

そしてまた、建築段階もこの家は公開しているので、

基礎から鉄骨の組み上げ、内装仕上げなど、

構造、施工方法、品質管理の実態が見られます。

 

「例えばこんな感じ」と

写真を載せたいところですが、

いずれは個人の家になる物件。

オフィシャルのHPにも、現在は関東だけで

10件近い『街角ヘーベル』が掲載されていますが、

売れたらすぐに画像は削除されるはず。

ということで、ビジュアルはナシで話を進めます。

ご興味のある方はオフィシャルHPから

見てみてください。

今回は絵的な素材がまったくないので、せめて

現在の我が家のリビングの写真を載せます。

最新のkeigoman’s HOUSEです。

SONYのグラスサウンドスピーカーを置いてみました。

f:id:keigoman:20190510094330j:plain

 

そしてまた、売却物件とはいえ、

『街角ヘーベル』はハウスメーカーが

モデルハウスとして公開する家

ですので、リアルサイズでありつつ、

その内装はさりげなくおしゃれ。

住宅展示場が

「結婚式用のバッチリメイク」

だとすれば、街角ヘーベルは、

「友達とお茶する用の日常メイク」

といった感じ。

決してすっぴんではないということです。

 

私たち夫婦がかつて訪れ、すでに売却された、

埼玉県のとある『街角ヘーベル』は、

その中でも、メイク濃い目の家でした。

その家は、屋上+太陽光発電パネル。

リビングにはレンガのようなアクセントウォール。

床は無垢材、全室エアコン装備済、

トイレはもちろんタンクレスで、

キッチンには広いパントリーが設けられ、

食洗機&デリシアも装備されております。

さらには、リビングには高級家具&テレビ付き。

誰がどう見ても「素敵」としか言いようのない

ゴージャスな家でした。

ラーメンでいうと

マシマシの全部乗せに

餃子とライス付きです。

ここに行ったときに、

知り合いの営業マンがいたので話を聞くと、

次のようなことを言っていました。

 

「この家は、若手に任せて好きなように

 やらせたらこんなことになってしまって。

 いずれこれを売るとなったら、

 7500万円近い値付けをしないと

 いけなくなってしまったのです。とほほ…」

 

住宅街に建つ3階建て、総床面積は150㎡程度。

近隣の建売は2階建てが大半で、

3500~4000万円程度のエリアです。

にも拘わらず、

こちらのお宅は7500万円。

やりたい放題にしたら7500万円。

建売り住宅なのに7500万円。

好きなだけ

オプションを

つけたらこうなる

という、これはこれで参考になる物件でした。

そういえば自分たちもまた、

この家を建てるにあたって

つけたいオプションを好きなだけ要望したら、

1000万円くらい高くなっちゃったもん。

※最終的にはいろいろと諦めました。 

www.keigoman.com

 

 

そしてまた、営業マンはこうも言っていました。

 

「そうは言っても、近隣の相場もありますし、

 実際に売るときには、それなりに下げないと

 ダメでしょうね…とほほ」

 

まあ、実際には「とほほ」とは言ってないのですが。 

この家に関しては、他の『街角ヘーベル』より

期間を長めに公開してモデルハウスとして活用し、

そこで元は取った

ということにして、家自体は、

採算度外視で売却するしかないということです。

最終的にいくらで売れたのかは分かりませんが、

買う側にとっては、「お値段以上」の、

お得な物件ということになるわけです。

 

とはいえ、注文住宅最大の魅力は、

自分たち家族に合わせた住宅が出来上がる点。

家の造りに合わせて生活するのではなく、

自分たちのライフスタイルありきで、

そこに合わせて間取りを組み立てられることこそ、

注文住宅の醍醐味です。いわば、

吊るしのスーツと、オーダースーツとの違い。

既製品にぴったりと体が合えばよいのですが、

オーダースーツのそれには、決して敵いません。

そして、『街角ヘーベル』は

ヘーベルハウスでありながら既製品。

吊るしの高級スーツです。

そしてまた、例の7500万円物件は、

普段は値引きをしない吊るしの高級スーツが

ありえないセールをしているような物件

ということになるでしょう。

 

良くも悪くも、『街角ヘーベル』とは、

そういう存在です。

そんな我が家は、注文住宅として建てたわけですが、

見学会を受け入れまくっている今では、

すっかり街角ヘーベル状態。これにより、

いいこともありました。 

www.keigoman.com

 

ともあれ『街角ヘーベル』は、

見る分には、とても参考になります。

ヘーベルハウスを検討している方は、

一度、足を運んでみるとよいと思います。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 旭化成ホームズへ
にほんブログ村

↑住まいランキングに参加しています。

こちらの写真をクリックしていただけると、

新たな原稿のネタが湧き出てきます。

先日、ブログの存在を伝えた義理の妹は

「えー押したらなんかお金取られそう」

と言っていましたがそんなことはありません。