keigoman’s diary 注文住宅物語

注文住宅や、二世帯住宅にまつわる記事を中心に。

マンションから戸建てに引っ越した家族に起こる、「木造ショック」とは⁉

 

賃貸であれ、分譲であれ、

マンションに住んでいた人が一戸建てに移る場合、

気を付けなくてはいけないことがあるという話です。

 

私たち夫婦は新築の分譲マンションに

約9年住んだ後、現在の家に引っ越しをしました。 

www.keigoman.com

 

マンション時代のママ友とは今でも親交があり、

また、私たちと同じようにマンションを出て

戸建てに引っ越したママ友とも、

お付き合いがあります。そして、

戸建てに引っ越したママたちが

口を揃えて言うのは、

 

「子どもが暴れても

 怒らないで済むようになった」

 

ということ。

f:id:keigoman:20190509143334p:plain

いくらマンションの防音性が高いといっても、

子どもがドタバタする音は階下に響き、

トラブルの元となります。

かつてマンション住まいだったママたちはみな、

防音のためのクッション材を敷いたり、

子どもが走り回ると怒らざるを得なかったり

していたのですが、木造に引っ越したことで、

そうした心配事からは解放されます。

そりゃ子どもだもん。

走り回るし、転んで音を立てたりするもん。

悪いことをしたわけではないのに、

それに対して怒りたくはないのが、ママの本心。

戸建てでのびのびと子育てができるというのは、

親にとっても子にとってもよいことでしょう。

 

しかしその一方で、引っ越し組の

ママたちはこうも言います。

 

「戸建ては防音性が低い!」

 

もともとが、静かなマンション住まいだっただけに、

戸建ての家に移り住んだとき、

その防音性の低さにショックを受けるのです。

子どものドタバタ音が外に迷惑をかけることは

ありませんが、外の音も家の中の声も、

すべてが丸聞こえのような感覚に陥ります。

これは、私たち夫婦の友人が

たまたまそうだったということではなく、

「マンション→一戸建てに引っ越した人あるある」

と呼んでいい現象。

しばらくすれば慣れるものでもあるようですが、

やはり、マンションの静けさを一度知ってしまうと、

戸建ては壁の薄さが気になるようです。

 

そこで、重量鉄骨造です。

重量鉄骨と、ALC板で囲まれた、

我が家の建築途中の写真は、まるでビルです。

f:id:keigoman:20190509135215j:plain

 

天井や壁、床に敷き詰められている白い板がALC板。

「Autoclaved Lightweight aerated Concrete」の略だそうです。

その特徴は、 軽量、断熱性・耐火性、

そして遮音性の高さにあります。

www.keigoman.com

 

私たちがヘーベルハウスに決めたのも、

家探しの条件の第一歩目が、

「防音性の高いハウスメーカー」であったから。

そして、実際に住んでみてどれほど静かかというと、

夕立が降ってきても気付かないレベルです。

向かいの家のパパがピンポンを押してくれて

「雨降ってますよー。洗濯物出っぱなしですよー」

と教えに来てくれたこともあるくらい。

 

ALCとは(以下、茶色の文字は飛ばしても可~)、

高温高圧で蒸気養生された

軽量気泡コンクリートの事。そもそもの

始まりは1920年代中頃にまでさかのぼる工業製品で、

1930年頃には、これを開発したスウェーデンで

生産が始まり、その後、ヨーロッパを中心に普及したそう。

その製造技術が日本に導入されたのは1962年。

日本国内では旭化成建材株式会社の「へーベル」、

クリオン株式会社の「クリオン」、

住友金属鉱山シポレックスの「シポレックス」など

各社が独自の呼び方をしておりますが、

もとは同じものです。ALC協会の記事によれば、

「珪石、セメント、生石灰、発泡剤のアルミ粉末を

主原料とし、高温高圧蒸気養生という

独自の製法による軽量気泡コンクリート建材。

軽さと強度、断熱性をあわせ持ち、

現代建築に欠かせない建材として位置づけられて」

いるそうです。

 

ヘーベルハウスの外壁はもちろん、

ホテルやショッピングモール、病院、

新幹線のホームなどでも使われているそうで、

f:id:keigoman:20190509141001j:plain

 

ビル感が出るのも当然と言えるわけです。

 

防音性の高さは、マンションのそれと変わりません。

マンションの静けさが基準となってしまった

私たち夫婦ですが、戸建てに引っ越しても、

「木造ショック」を受けることは

全くありませんでした。木造じゃないしね。

 

というわけで、ヘーベル推しの我が家でありますが、

マンションから戸建てに引っ越しをされる方には、

特に推したいわけです。

その理由は、これまで述べてきた通り。 

www.keigoman.com

 

マンションの快適さと

戸建ての良さとが

合わさっていると、

いつも感じています。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 旭化成ホームズへ
にほんブログ村

↑家ブログのランキングに参加しています。

「読んだ!」のしるしに、

上の写真をクリックしていただけると、

新たな原稿のネタが湧き出てきます。

にほんブログ村テーマ みんなのWeb内覧会へ【web内覧】

みんなのWeb内覧会

Web内覧会*ヘーベルハウス

WEB内覧会*リビング

WEB内覧会*ダイニング

WEB内覧会*キッチン

WEB内覧会*ワークスペース

WEB内覧会*洗面所

WEB内覧会*玄関

WEB内覧会*トイレ

WEB内覧会*和室

WEB内覧会*外構

web内覧会*収納・クローゼット

にほんブログ村テーマ インテリアデザインへ【インテリア・収納】

インテリアデザイン

シンプル・モダン インテリア

暮らしをつくるインテリア

おしゃれなインテリア家具・雑貨

インドア&インテリアグリーン

モダンインテリアとデザイン家電

シンプルで綺麗な収納&片付け

収納の法則

わが家の快適収納

にほんブログ村テーマ 新築一戸建て・注文住宅へ

【我が家が比較検討したハウスメーカー】

新築一戸建て・注文住宅

ヘーベルハウス

セキスイハイム

ダイワハウス

一条工務店

パナホーム

三井ホーム

トヨタホーム

積水ハウス

住友林業