keigoman’s diary 注文住宅物語

注文住宅や、二世帯住宅にまつわる記事を中心に。

【実話】同居する家族の中に新型コロナウイルスの「濃厚接触者」が出た

 

本日7月29日の朝7時15分、いつも通りに、

公務員の嫁が車に乗って出勤。

その30分後、小学5年生の息子が登校。

すると今日に限って、

いつもなら玄関先まで出てきて

「いってらっしゃーい」と見送る

ばあちゃんが出てこない。

リビングの中からマスクをして手を振っている。

 

「どうしたの?」と聞くと、

「実は……」と、ばあちゃんは話し始めた。

 

ちなみに我が家の家族構成はこんな感じ。

f:id:keigoman:20200729195514j:plain

息子も入れて三世帯、5人家族です。

 

ばあちゃんの夫、つまりじいちゃんは

ペンキ職人ひとすじ。

そのじいちゃんが、5日前に行った現場で、

普段はいないヘルプの職人さんと

総勢4人で仕事をしたそうで。

その職人がコロナの陽性と判明したと、

昨日の夜、じいちゃんが所属している

会社から電話があったそう。

 

「保健所から会社の方に電話があったらしくて、

 だから今日はじいちゃんは自宅待機。

 午後は病院に行ってPCR検査をする」

 

とのことだった。病院の予約などはすでに

県の保健所の方がしてあるらしい。

すると、リビングの奥の方から

当人(じいちゃん)の声がする。

「俺は今のところ何ともないんだけどね」

ちなみに我が家は東京に近い埼玉県に位置している。

 

ネットで調べると、コロナは潜伏期間を経て、

5~6日目に発症することが多いらしい。

最長で14日。だから、ニュースなどでは

「14日間の隔離」って言葉をよく聞くのかと、

妙に納得した。

ともあれ、じいちゃんは予定通り午後

検査に行き、帰宅。

明後日(7月31日)の午前中に結果が出るそうだ。

じいちゃんが感染者と接触してから今日で5日目。

ってことは、今日はまだ大丈夫でも、

明日あたり発症してもおかしくないのである。

 

ニュースでは毎日のように感染者の数が発表され、

このところ増加傾向にあることは分かっていたが、

まだまだ他人事のように感じていた。

7月28日の感染者が1000人に迫る勢いと聞いても、

「政府も都も、特に感染対策もしていないし、

 Go toはあるし、まだまだ増えるな、こりゃ」

くらいにしか思っていなかった。

それが一気に身近になると、やはり怖い。

そして今日、29日は1200人を超えたそうな。

じいちゃんはもう70代半ばだし、

ばあちゃんは年上女房なので、さらに高齢だ。

感染したとなれば、重症化する年齢である。

もちろん自分だって、嫁にも息子にも、

伝染してほしくはない。

 

ニュースで感染者の数だけを聞いても

ピンとこないので、自分はこれまでもよく、

行きなれている埼玉スタジアムに

換算して考えるようにしている。

f:id:keigoman:20200729203527j:plain

画像は浦和レッズオフィシャルサイトより

たとえば都内で250人の感染者といえば、

1400万分の250だ。

ほぼ満員の埼玉スタジアムが6万なので、

あの中の約1名が感染している計算になる。

「今日のお客様の中から1名様に、

 レプリカユニをプレゼント!」

と仮に言われても絶対に当たらないだろう。

だからこそ、他人事だった。

逆に言えば、7月下旬に、

人口5000人の与論島で23人の感染が

出たというのは

ヤバい数字であることが分かる。

「今日のお客様の中から276名様に、

 レプリカユニをプレゼント!」

これは、当たってもおかしくない人数だ。

ちなみに7月29日、大阪の感染者数は過去最高の

221人を記録した。大阪府の人口は880万なので、

埼玉スタジアムで言えば1.5人に当たる計算になる。

 

ともあれ、そんな風にしてあくまで他人事だった

コロナウイルスが、一気に来た。

来たといってもまだ感染したとはっきりしたわけではない。

東京都の陽性率が5%前後だとすれば、

埼玉も似たようなものだろう。

だとすれば、じいちゃんが陽性である確率も

5%なのかと思えば少しは気が楽だ。

 

そしてまた、幸いなことに我が家は

生活圏を分離した二世帯住宅となっている。

f:id:keigoman:20200729203852j:plain

 

共用部分は1階の玄関のみ。

ということは玄関のドアノブさえ

気をつければいいわけで、

だとするならば、

電車のつり革とか、スーパーのカートとかを

触るのと大差はないだろう。今まで通り

手洗いを徹底し、息子にもそうさせるだけだ。

二世帯住宅でよかった…と言うべきなのだろう。

ただやはり、じいちゃんの検査結果と、

同じ場所で生活をして、息をしている

ばあちゃんが本当に心配だ。

今はただただ、無事を祈るばかりである。

それ以上のことは、何もできない。

 

我が家は家族のだれ一人、旅行などはもちろん

この3月以来外食も一切行かずに過ごしている。

比較的、慎重に行動している方だと思う。

だが、今回の事態だ。

もう、すぐそこまでコロナの足音が

聞こえてくるようで、やはり怖い。

誰がいつ感染してもおかしくないのだと実感する。

 

検査の結果が出たら、また報告いたします。

本日はこれにて。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

↑家ブログのランキングに参加しています。

「読んだ!」のしるしに、

上の写真をクリックしていただけると、

新たな原稿のネタが湧き出てきます。

にほんブログ村テーマ みんなのWeb内覧会へ【web内覧】

みんなのWeb内覧会

Web内覧会*ヘーベルハウス

WEB内覧会*リビング

WEB内覧会*ダイニング

WEB内覧会*キッチン

WEB内覧会*ワークスペース

WEB内覧会*洗面所

WEB内覧会*玄関

WEB内覧会*トイレ

WEB内覧会*和室

WEB内覧会*外構

web内覧会*収納・クローゼット

にほんブログ村テーマ インテリアデザインへ【インテリア・収納】

インテリアデザイン

シンプル・モダン インテリア

暮らしをつくるインテリア

おしゃれなインテリア家具・雑貨

インドア&インテリアグリーン

モダンインテリアとデザイン家電

シンプルで綺麗な収納&片付け

収納の法則

わが家の快適収納

にほんブログ村テーマ 新築一戸建て・注文住宅へ

【我が家が比較検討したハウスメーカー】

新築一戸建て・注文住宅

ヘーベルハウス

セキスイハイム

ダイワハウス

一条工務店

パナホーム

三井ホーム

トヨタホーム

積水ハウス

住友林業