keigoman’s diary

注文住宅や、二世帯住宅にまつわる記事を中心に。

上部にホコリが全くたまらない、ヘーベルハウスオリジナルキッチン食器棚

 

マンションから一軒家に引っ越して、第一に

感じることは、「明るい」ということです。

f:id:keigoman:20181219094058j:plain

 

マンションの場合、最上階角部屋などでない限り、

窓は基本的に2方向のみ。

ベランダ側と、玄関側だけです。LDKだけ見れば、

ベランダ側の一面だけということになります。

 

その点、一軒家は四方に窓があります。

我が家のリビングも、この通り。

f:id:keigoman:20181219094119j:plain

設計段階で明るさのシミュレーションをした

データですが、 赤い矢印はすべて窓です。

 

そしてキッチンを明るく照らしてくれているのが、

背面にあるこの窓です。

f:id:keigoman:20181219094310j:plain

収納自体は、キッチンと同じくヘーベルハウスオリジナルです。

 

www.keigoman.com

 

このようにキッチン背面に窓があると、明るくなるわけで、

モデルハウスでもこのパターンはよく見られます。

f:id:keigoman:20181219201627j:plain

 

 

そして私たちが採用したのは 

「ヘーベルハウスオリジナルキッチン食器棚」

というアイテムの中の、

ウォール+カウンター収納タイプという商品で

上下の収納の間に窓を作る前提となっています。

f:id:keigoman:20181219094441j:plain

 HEBEL HAUS DESIGN BOOKより

 

これを選んだ理由は2つ。

ひとつは、明るさの確保と、もうひとつは、

これなら食器棚の上にホコリがたまらない

ということです。

f:id:keigoman:20181219094601j:plain

 

写真だと小さく隙間があるように見えますが、

実際には、天井にピッタリとくっついています。

f:id:keigoman:20181219094618j:plain

 

掃除がしにくかった食器棚の上部が、

これにより、全く存在しなくなるわけです。

先ほどのモデルハウスのようなパターンでは、

上にホコリが溜まるわけです。

f:id:keigoman:20181219201627j:plain

 

という理由で、私たちは天井ぴったりタイプを

選択しました。そして収納力はと言えばこの通り。

 

扉部分がこうで…

f:id:keigoman:20181219202300j:plain

 

下の引き出しはこんな感じ。

f:id:keigoman:20181219202415j:plain

 

先日訪れた友人の新築の家は、

この上部の収納の前面が、ガラス張りになっていました。

そうなると、中に入れるモノもそれなりに

見せる形にしなくてはならず、実用的ではありません。

実用的な収納にすると、今度は見栄えが悪くなります。

よって、ここの収納はガラス張りでなく、

中が見えないタイプがよいのではないかと思うわけです。

 

ともあれ、この窓は北側に位置しているわけですが、

上の食器棚と下の食器棚の間に明かり取りがあることで、

キッチン全体が明るくなりました。

 

お気に入りの空間なのであります。

読者登録していただくと更新の大きな

励みに なりますのでよろしくお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 旭化成ホームズへ
にほんブログ村

↑ランキングに参加しています。

こちらをクリックしていただけると、

新たな原稿のネタが湧き出てきます。