keigoman’s diary 注文住宅物語

注文住宅や、二世帯住宅にまつわる記事を中心に。

我が家のDIYシリーズ②シアタールームをカラオケボックスにするサイドテーブル

 

我が家ご自慢のなんちゃってシアタールームは、

カラオケボックスでもあります。

音響だって、5.1chでバッチリ。

WiiUや、Nintendo Switchにはカラオケの

ソフトがあり、ネットにつなぐことで、

新曲が毎週バンバン配信されます。

曲数はこの2つで微妙に違っていて、

WiiUは10万曲、Nintendo Switchは14万曲。

ともあれ業務用のカラオケボックスLIVE DAMが

約20万曲ですから、それに匹敵する曲数です。

 

www.keigoman.com

 

というわけで、この部屋にマイクは必須アイテム。

コードレスのマイクを手に、小指を立てて

フルコーラスで唄いまくるわけですが、

それを収納できるサイドテーブルを自作しました。

こちらになります。

f:id:keigoman:20190118083020j:plain

 

f:id:keigoman:20190118082459j:plain

 

ソファーのサイズにピッタリと合わせた

細長い形状で、ティッシュボックスと

マイクしか置けない、この空間専用のアイテムです。

f:id:keigoman:20190118082525j:plain

 

マイク部分はご覧の通り、丸い穴が二つ。

f:id:keigoman:20190118082604j:plain

 

これだけは自分でできる作業ではなかったので、

近所の材木店にお願いをしました。

f:id:keigoman:20190118083600j:plain

 

ホームセンターなどの場合、

直線のカットしかしてくれないため、

この加工をするには、専用の工具を買うか、

やはり、業者に頼むしかないわけです。

 

木材がたくさん並んだ『〇〇材木店』みたいな

お店は、飛び込みで入っても、意外に

こうした小さな相談にも乗ってくれます。

自分の場合は、サイズと、穴の加工を伝え、

木の素材だけをお願いして3000円程度でした。

組み立てと色塗りは、自分で行うわけです。

 

色塗りは本来、ニスをもっと薄めてから

塗らなくてはいけなかったのですが、

一刻も早く作り上げたい気持ちがはやってしまい、

原液のまま塗ったため、

仕上がりの色が濃くなり過ぎました(涙)。

テーブルは壁とソファとの間に収まっており、

全容はほぼ見えないので

「まあいいか」ということになっております。

f:id:keigoman:20190118082650j:plain

 

かくして、昼間っからひとりカラオケで

練習をしてみたり、週末になれば

家族でカラオケをしてみたり。呑んで唄って、

飲み潰れたらそのまま隣の寝室に直行できる、

趣味全開のお部屋が出来上がり、

うれしい限りなのであります。

 

ちなみに、このテーブルの奥には、

カラオケのリモコン…いや、WiiUコントローラーを

置くために、壁に棚を設置。

f:id:keigoman:20190118083218j:plain

 

隣にある縦長は、インターホンの子機です。

室内同士での会話もできます。

ひとりカラオケをしながら、

この子機を使って下のリビングにいる嫁に

「ビールお願いしまーす」と言うと、

「自分で取りに来い」と言われる、便利な道具です。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 旭化成ホームズへ
にほんブログ村

↑家ブログのランキングに参加しています。

こちらをクリックしていただけると、

新たな原稿のネタが湧き出てきます。