keigoman’s diary 注文住宅物語

注文住宅や、二世帯住宅にまつわる記事を中心に。

【web内覧】対面式キッチンで老夫婦の会話も弾む(と思われる)親世帯の台所

 

【web内覧】シリーズ第5弾です。

今回は、二世帯住宅である我が家の、

一階親世帯のキッチンについて。

 

LDKに設けられた、対面式です。

『ペニンシュラキッチン』とも呼ばれるタイプで、

分譲マンションでも建売でも、主流の形状です。

例によって模型で説明しますと、ここ。

f:id:keigoman:20190208151738j:plain

 

まずは、玄関ホールからLDKに

繋がる引き戸を開けるとこう。

左手に見えますのが、二世帯住宅である

我が家の、親世帯キッチンとなります。

f:id:keigoman:20190208151911j:plain

 

ここからキッチンに進む動線はこんな光景。

正面はお風呂へと繋がる洗面所の引き戸です。

f:id:keigoman:20190208152238j:plain

 

その引き戸の前からキッチンの

方向を向くと、こうなります。

f:id:keigoman:20190208152504j:plain

 

床には、全面を覆うタイルカーペットを敷設。

子世帯の夫である自分はかねてより、

キッチンマットは大きなものを使ってきました。

足元に敷くタイプでは、揚げ物などをした時に、

マットで隠しきれていない部分が汚れるからです。

そんなわけで、この家に住む前からずっと、

床が隠れきるくらいのマットをずっと使ってきました。

それを親世帯にも強要した形ですが、

納得してもらっております。

本当はもっとおしゃれな色にしていたのですが、

入居から半年が過ぎたころ、気が付いたら

新しいバージョンに張り替えられていました…。

 

左手には冷蔵庫と収納があります。

上の扉はキッチンとセットである造り付けで、

下の収納は、子世帯が以前住んでいた

マンションからの流用品です。

f:id:keigoman:20190208153410j:plain

 

冷蔵庫と収納との面が、

フラットになっているのがここのポイント。

詳しくはこちらの記事で書きました。 

www.keigoman.com

 

キッチンはパナソニック。

天板は人工大理石です。

f:id:keigoman:20190208153705j:plain

 

ここに小さなコンセントがひとつ。

ミキサーやフードプロセッサーなど

キッチン家電を使うとき専用です。

f:id:keigoman:20190208153937j:plain

 

パナソニック製の深型食洗機と、

ガスコンロは『デリシア』としました。

f:id:keigoman:20190208154548j:plain

 

食洗機は、なんといっても深型に限ります。 

www.keigoman.com

 

また、子世帯がかねてより使っていた

ガスコンロ『デリシア』は、親にも好評です。

デザインもそうですが、

「お湯が沸いたら勝手に火が止まる」など、

機能面でも納得してもらっている様子。

※このガスコンロで満足してもらわないと困るわけですが。 

www.keigoman.com

 

このキッチンに関してただひとつの不満点は、

ここの高さ。あと8~10㎝低くしたかった…。

f:id:keigoman:20190208155025j:plain

 

床からの高さは、110㎝あります。

間取りや仕様などを打ち合わせる際、

形状については「手元が隠れるタイプ」と、

話し合って決めましたが、この「高さ」に

ついてのやりとりはありませんでした。

 

この壁はパナソニックのキッチンの一部ではなく、

木工事の大工さんが作ったものです。

工事現場の写真を改めてみると、こんな感じ。

f:id:keigoman:20190208155856j:plain

 

先に壁を作って、そこにキッチンを

はめ込んでいるので、つまりは、

壁の高さは希望次第でどうとでもできるはず。

そうと知っていれば、高さのサイズも、

予め希望を出していました。

この110cmという高さは

一般的なものなのでしょうが、

私たちにはやや高く感じられます。

低い家具を置くことで部屋が広く感じられるように、

こうした壁も高いと、その分、圧迫感が出ます。

高さの希望は人それぞれあると思いますので、

これから家を建てる方は、モデルハウスなどを回り、

自分たちが一番よいと思う高さを、予め

希望として伝えるとよいかと思います。

私たちの無念を糧にしていだけるのであれば、

このブログにも存在価値があろうというもの。

俺の屍を越えて行け…。

読者登録していただくと更新の大きな

励みに なりますのでよろしくお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 旭化成ホームズへ
にほんブログ村

↑ランキングに参加しています。

こちらをクリックしていただけると、

新たな原稿のネタが湧き出てきます。