keigoman’s diary

注文住宅や、二世帯住宅にまつわる記事を中心に。

15帖、18帖のリビングルームに適したテレビのサイズはどのくらい?

 

2018年春頃、

リビングルームのテレビを買い替えました。

 

それまで使っていたのは、

パナソニックのプラズマテレビ、42型。

f:id:keigoman:20190206080934j:plain

 

この家に転居してくる、はるか以前に買ったもので、

2004年頃だったと思われます。

以前住んでいたマンションのリビングは

15帖程度だったのでこれでも良かったのですが、

18帖となった今、やや小さい感じもします。

またリビングは長方形という形であるため、

キッチンからテレビの距離も6m以上あります。

そして新たなに購入したのが、こちら。

f:id:keigoman:20190206081043j:plain

 

同じくパナソニックの55型。

TH-55EXというタイプです。

 

引いた画で見るとこんな感じ。

f:id:keigoman:20190206085421j:plain

 

『独自技術「ヘキサクロマドライブ」により

明るく色鮮やかな美しい映像を実現し、

臨場感が向上した4K液晶テレビ』

であるとか、

『バックライトエリア制御にくわえて、

画像処理エンジンによるコントラスト補正で

黒つぶれを改善し、コントラスト性能が向上』

といったことはさておき、一番の違いはこれ。

 

15年前のテレビがこうで…

f:id:keigoman:20190206081530j:plain

 

今のはこう。

f:id:keigoman:20190206085542j:plain

 

画像のふち部分が圧倒的に小さくなっています。

1.5㎝くらい。

これにより、テレビ画像だけが

そこにあるかのような見え方をします。

「テレビが欲しいなあ」と思わない限り、

テレビ売り場にも行かないので知りませんでした。

とにかく、

今のテレビはふちが小さい。

つまり、画面サイズを大きくしても、

テレビ自体の左右、高さのサイズは

それほど変わらないと言えます。

 

ついでに言えば、当然画質もきれいです。

有機ELテレビなんてもう、

写真が動いているようで、不気味なくらい。

ただしこちらはまだまだお高いので断念しました。 

購入したのは通常の4K対応液晶テレビです。

 

買い替えた当初は42型→55型ということもあり

「大きいな」と感じていたのですが、

1日で慣れます。

今思えばもうひとつ大きな、

60型でよかったかなと思っています。

お店の売り場と自宅のリビングとでは

大きさ感が異なるため、ホントのところは

どのサイズが適しているかがよく分からない

ものですが、18帖のリビングである我が家は、

55型でなく60型がよかった。

と、痛感しております。

ちなみに15帖リビングの一階親世帯も、

私たち夫婦がテレビを買い替えるのに合わせて、

全く同じテレビを買いました。

f:id:keigoman:20190206083109j:plain

 

ソファからの距離は、わずか2m程度です。

両親もまた、買った当日は

「大きいな」「大きいねえ」と言っていましたが

半日で慣れました。

結論としては、

大きいテレビはすぐ慣れる

ということ。よって、

買いたいと思ったものより

もう一回り大きいのを

買っても大丈夫

であると、今は思います。

もちろん、テレビを置く、

ボードのサイズを踏まえての話ですが。

 

そして以前、自分のシアタールームは

3画面同時視聴システムであるという

自慢話をしましたが、 

www.keigoman.com

 

こちらのテレビは、テレビ自体の機能として

2画面が同時に見られます。

全豪オープンとサッカーアジアカップの試合が

同時刻で丸被りした時にはとても役立ちました。

f:id:keigoman:20190206083912j:plain

 

音声は片方のものしか流れないのですが、

それでも充分です。

スポーツ観戦が好きな方は、テレビを購入する前に

この機能があるか否かを確認するとよいでしょう。

さらに言えば、片方の画面でゲームをしながら、

片方の画面でテレビを見ることもできますので、

ゲームをしたい子どもとテレビを見たいお母さん、

その両方の希望をかなえることもできるわけです。

※ただし音声は片側のみ。

 

テレビ裏にはライティングバーを設置しました。

www.keigoman.com

 

親世帯と一緒に住んでいると、しばしば

このように、同じタイミングで

同じ買い物をすることがあります。

家電量販店などに行き、

価格.comの画面を見せながら、

さんざん値下げ交渉をした挙句、

「同じものをもう一つ買うから

 もっと負けてくれ」

という、豪快な交渉も可能です。

二世帯バンザイ。

読者登録していただくと更新の大きな

励みに なりますのでよろしくお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 旭化成ホームズへ
にほんブログ村

↑ランキングに参加しています。

こちらをクリックしていただけると、

新たな原稿のネタが湧き出てきます。