keigoman’s diary 注文住宅物語

注文住宅や、二世帯住宅にまつわる記事を中心に。

【web内覧】親世帯感が満載となった、一階リビングダイニング

 

【web内覧】シリーズ第4弾です。

今回は一階のメイン空間、

リビングダイニングについて。

 

間取り図で見ると、ここになりまして、

f:id:keigoman:20190205145237j:plain

 

模型で立体的に見ると、こう。

f:id:keigoman:20190205145311j:plain

 

まずは玄関から見た時の扉。

f:id:keigoman:20190205145342j:plain

 

見た目の豪華さを出すため、

引き戸は天井までの高さ2400㎜としました。

デザイン上、「板のみ」よりも、縦に1本、

ガラスが一枚入っていた方がよいのでこれを採用。

 

ちなみに「板のみ」だと、こうなります。

玄関から右手、和室に向かう引き戸です。

f:id:keigoman:20190205145819j:plain

 

また、冒頭に登場した引き戸のガラスは、

二階子世帯に遊びに来たお客様と、

ガラス越しに親と目が合うのもなんなので、

すりガラスにしてあります。そして、

その引き戸を開けた時の光景がこちら。

f:id:keigoman:20190205150203j:plain

 

和室側からの眺めがこうなります。

f:id:keigoman:20190205150332j:plain

 

左手のダイニングテーブルセットとTVボード、

そして、右手前のソファがカリモク製ですが、

壁掛け時計はノーブランドですし、

奥にある、ステレオが乗っかった収納は無印良品。

さらにソファ前の、

f:id:keigoman:20190205150654j:plain

 

このテーブルも、ネット通販で買った

ノーブランド品です。

ただ、色味を統一したことで、

f:id:keigoman:20190205150751j:plain

 

なんとなく、高い方の家具に引っ張られる形で

イメージは統一できたのではないかと思います。

ちなみに、テレビ側からソファを見た眺めはこう。

f:id:keigoman:20190205150901j:plain

 

床はチェリー。家具はウォールナット。

ザ・親世帯といった色使いです。

このリビングから外に繋がる部分には

洗濯物を干すための小さなベランダを設置。

f:id:keigoman:20190205154146j:plain

 

色をリビングに合わせ、板の向きも

合わせたことで、一体感を出しました。

本当はフォールディングウィンドウに

したかったのですが、予算の都合で断念。

※2階子世帯のリビングにはちゃっかり残しましたが。 

www.keigoman.com

 

ただし、一階に関しては有料オプションである

電動シャッターは設置しました。というか

この窓の幅になると手動では重過ぎるため、

電動が必須となるようです。

再び模型で説明しますと、

f:id:keigoman:20190205151407j:plain

 

ベランダがある洋室の窓の幅は2400㎜。

これが、電動シャッター必須となる幅です。

一方の和室側の窓幅は1800㎜なので、

手動シャッターでも良かったのですが、

こちらも電動としました。音もなくするすると

閉まっていく電動シャッターは、

寒い日に外に出て雨戸を閉める必要がなく、

特に親世帯にとっては

素晴らしい設備だと思います。

 

そしてまた、和洋室、両方の窓には

レースのシェードカーテンが1枚。

最近のレースは、夜、家の中に

明かりがついていても外からは見えにくい

「ウェーブロン」という素材のものがあります。

f:id:keigoman:20190205151710j:plain

 

このように、天井の照明は見て取れますが、

人影や、家具のシルエットなどは見えません。 

www.keigoman.com

 

そんな窓を、キッチン側から眺めるとこう。

f:id:keigoman:20190205152707j:plain

 

おっと、この吊り下がった照明は、入居当初、

以前に住んでいた家から、流用したものでした。

今は買い替えて、こうなっております。

f:id:keigoman:20190205152827j:plain

 

飛騨高山からやってきた、木製のライト。

f:id:keigoman:20190205152934j:plain

 

買ったときの喜びはこちらで詳しく。

www.keigoman.com

 

というわけで、改めて全景を。

f:id:keigoman:20190205153658j:plain

 

右手に見えるアコーディオンカーテンについては

こちらで詳しく説明させていただきました。 

www.keigoman.com

 

web内覧は、これまでに

外観、玄関、一階和室と行ってまいりましたが、

ご興味がありましたら、スマホの方は

記事上タイトルすぐ下の、パソコンの方は

右の柱にあるカテゴリー『web内覧』を

クリックしていただけると、一覧が出てきます。

 

ヘーベルハウスの、どのモデルハウスも、

親世帯は落ち着いた色、子世帯は明るい色と

分かれていることが多いのですが、

我が家もどっぷり、それにならってみました。

いつか、自分たち夫婦が親世帯として

このフロアに降りてくる頃には、

「やっぱりチェリー系は、落ち着くのう」

なんて思うのでしょうか。

読者登録していただくと更新の大きな

励みに なりますのでよろしくお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 旭化成ホームズへ
にほんブログ村

↑ランキングに参加しています。

こちらをクリックしていただけると、

新たな原稿のネタが湧き出てきます。