keigoman’s diary

注文住宅や、二世帯住宅にまつわる記事を中心に。

チェア編~カリモク家具のダイニングテーブルセットはどこがいいのか。その利点

 

新居に移るにあたり、家具を一新しました。

前の家からの流用も考えましたが、

結局は、リビングルームの家具は全て新規購入。

床の色との相性や自分たちの好みもあり、

家具は全てカリモク、そしてカラーは

ウォールナットで統一しました。

f:id:keigoman:20190330144406j:plain

 

せっかくの注文住宅でしたから、気持ちよく住みたい。

人を呼んだ時にも「いいね」と

言ってもらいたいという下心だって、

そりゃもちろんあります。新築だもん。

またこれまでの経験上、家具を流用すると結局は

「これでいっか」となる可能性が高いと思われ、

そうした理由から、入居と同時に一新したわけです。

 

www.keigoman.com

 

前置きが長くなりましたが、

カリモクのダイニングテーブルセットを使ってみた結果、

どこが便利なのかを、デザインではなく、

使い勝手の面から解説したいと思います。

 

 

筆頭に挙げられるのは、椅子の軽さです。

この見た目で、重さは4400グラム。

2リットルのペットボトル2本分+ちょいです。

f:id:keigoman:20190330144510j:plain

 

「掃除のときに奥様が片手で持ち上げられる」という

コンセプトの元、この重量となったそうで、

実際、奥様でも片手で楽に持つことができます。

見た目以上に、はるかに軽いということです。

持ち上げてみると「おっ」と思わされるはず。

ショールームでの私たち夫婦がそうでした。

 

そしてこの椅子の座り心地の良さ。

秘密は、座面の下に板がないということです。

つまりお尻が乗る部分は、

ポリエステルメッシュのクッションと布のみ。

これにより、やわらかく身体をサポートし、

長時間座っても疲れない座面となっているのです。

実際、食事の後にだらだらと映画を見始めて、

気付けば2時間どっぷりなんてこともありますが、

お尻が痛くなることはありません。そして

板がないことで、軽量化も図っているのです。

…そろそろ回し者感も漂ってまいりましたが、

アフィリエイトも一切なしで書いているので

リンクも貼りません。そもそもネットで

クリックして買うようなアイテムでもないので、

ご興味のある方のみ読み進めていただいて、

家具屋さんに足を運んでいただければと思います。

さらに説明は続きます。

 

このチェアーは、対面のベンチも含めて、

カバーが外せて丸洗いができます。

入居直後にママ友をご招待した時には、

ある子どもが牛乳をこぼしたのですが、

すぐにカバーを取って洗ったことで、

その子どものママも安心したようでした。

こぼしました&染みになりましたのままでは、

そのママだっていい気はしなかったでしょう。

その後も、我が家の息子が

たびたびやらかしていますが、

洗えるというのは本当に楽です。

汚れを気にするあまり、見た目の悪い

カバーをかける必要はありません。

ついでに言えば、これらの純正カバーは

別売りでも取り扱いがあるので、

数年ごとに張り替えて

イメチェンを図ることも可能です。

 

 そして対面のベンチは、カバーだけでなく

下のクッションがまるごと外せます。

マジックテープで座面に固定されており、

普段使いでずれたりすることはなく、

取りたい時には取れる。

これにより天日干しができ、

丸洗いできるカバーと合わせて

いつでも清潔に使うことができます。

父ちゃんの加齢臭も何のその。

消臭スプレーに頼ることなく、

きれいを保てるというのがうれしいのです。

 

次回、テーブル編に続きます。

 

読者登録していただくと更新の大きな

励みになりますのでよろしくお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 旭化成ホームズへ
にほんブログ村

↑ランキングに参加しています。

こちらをクリックしていただけると、

新たな原稿のネタが湧き出てきます。