keigoman’s diary

注文住宅や、二世帯住宅にまつわる記事を中心に。

シンボルツリーには何を植える? シマトネリコを選んだ我が家の場合

 

シンボルツリーとは何ぞや、みたいな話を

だらだらするつもりはございません。

我が家のシンボルツリーはこれ。

f:id:keigoman:20190529151935j:plain

 

シマトネリコです。

なぜこれを選んだのかについてはもう、

好みだから

としか言えないのですが、唯ひとつ、

シンボルツリーとして

選んではいけない種類の木

があると思っていて、それを避けました。

選んではいけない木、

それは落葉樹です。

 

秋が来る度、ご近所の迷惑にならないよう

毎日掃き掃除に追われたくはない。

というのが、その理由。

新築で家を建てる際には、

それが注文住宅であれ建売であれ、

何らかの緑を植えることは定番ですが、

上記の理由により、

落葉樹だけは植えないように

したほうがよいと思います。

ちなみに。余談ですが。

我が家のはす向かいにある家には

なんだかやたら葉っぱの

大きな落葉樹が植えられており、

秋口になると、道路中が

その葉っぱだらけになります。

そういう家のオーナーに限って

はき掃除はしないため、

風が強い日には我が家の駐車場にまで

その葉っぱが積もっていたわけです。

…が、最近その家族が引っ越しをしまして。

もうすぐ新しい方が来るのでしょうが、

それに先立ち、植木屋さんがやってきて、

その家にある木という木をすべて撤去しました。

入居前からなんと気の利いた方でしょう。

と、感心したわけです。

 

余談が長くなりましたが。

 

シマトネリコは一年中、葉が茂っている

「常緑樹」です。

春先には多少、葉や細い茎が落ちますが、

せいぜい木の根元に多少散る程度。

落ちた葉が、ご近所迷惑になる量ではありません。

ちなみにこちらのシンボルツリーは、

ハウスメーカー経由で頼んだのではなく、

スペースだけ造ってもらっておいて、

自分たちで植えました。

 

こんな風に工事をしてもらって、

f:id:keigoman:20190529154126j:plain

 

この状態で家は完成&引き渡し。

f:id:keigoman:20190529154143j:plain

 

そして、ホームセンターでお気に入りの

形と大きさのシマトネリコを買ってきて、

家族そろってせっせと植えたわけです。

購入時は、高さ140㎝くらいだったでしょうか。

f:id:keigoman:20190529154212j:plain

 

詳しくはこちらから。 

www.keigoman.com

 

それから2年が過ぎた頃にはここまで成長し、 

f:id:keigoman:20190529154204j:plain

 

3年目でこうなったと。

f:id:keigoman:20190529151935j:plain

 

高さ的にはこれで充分なので、

ここから先は、先端部を剪定して

いかなくてはならないと思われます。

 

そしてまた、ここからが本題。

手間いらずのシマトネリコですが、

4月~6月にかけては、青虫がつきます。

害虫に強いとされている木ですが、

毎年、こいつとの戦いが繰り広げられるわけです。

この季節になると明らかに、

誰かが食べたように葉が欠け、

そして木の根元にはその犯人のフンが…。

f:id:keigoman:20190529154823j:plain

 

そしてまた、犯人は保護色に身を包んでおり、

目で見て駆除するのは至難の業。

そこで、こんなものを買ってきて、

f:id:keigoman:20190529154933j:plain

 

滴るほどにまんべんなくかけてやります。

すると、約半日後。

小さいものなら3㎝程度、大きいのものなら

大人の小指ほどのサイズの、

犯人が木の根元に落ちてきます。

 

つまり。

 

他のシンボルツリーの

ことは知らんけど、

シマトネリコは虫がつくよ。

 

というのが結論です。

 

ただし、駆除用のスプレーで

退治できるレベルでもあるよ。

 

ということでもあります。

 

以下のバナーの下に、

落ちてきた犯人の画像

を入れておきます。

敢えて遠目から撮影してあるので、

スマホでご覧の方は、

拡大しないと見えないようにはなっています。

それではごきげんよう。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 旭化成ホームズへ
にほんブログ村

↑家ブログのランキングに参加しています。

こちらの写真をクリックしていただけると、

新たな原稿のネタが湧き出てきます。

ずっと下の方に、例の写真を入れておきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:keigoman:20190529160914j:plain

 

写真中央の下のあたりです。

なんらかの蛾の幼虫だと思われます。

そしてまた、もっと刺激の強いのを

お求めの方には、

ズームした写真をさらに下の方に…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:keigoman:20190529161123j:plain

すでに薬液でやられているため、

体色がくすんでいます。

まれに、葉についている状態でも

見つけられる時がありますが、

その時にはもっと鮮やかな緑色をしています。

 

最後の最後まで

お付き合いいただき

ありがとうございました。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 旭化成ホームズへ
にほんブログ村

↑家ブログのランキングに参加しています。

ここまでお付き合いいただいたついでに

こちら写真をクリックしていただけると、

非常にうれしいです。

大きなやりがいとなります。