keigoman’s diary 注文住宅物語

注文住宅や、二世帯住宅にまつわる記事を中心に。

プロ直伝! クロス巻き込み仕上げの角部分が傷んだ時のカンタン対処法

 

お宅にもありますか?

クロス巻き込み。

 

まず、クロス巻き込みとは、この部分。

f:id:keigoman:20190707140211j:plain

 

家の中の角の部分を、

そのまま壁紙で巻きこんだ場所のことです。

注文住宅でも、建売でも賃貸でも、

こうした仕上げは家のあちこちに結構あります。

 

その角の部分は傷みやすいわけですが、

その対処方法を、

家のメンテナンスのプロ

我が家に来て教えてくれたので、

当ブログ読者の皆さまと、

共有したいと思います。

 

窓の周囲なども

このパターンであることが多いわけですが、

f:id:keigoman:20190707140336j:plain

 

やはり圧倒的に傷みやすいのは、

人の通り道です。

 

入居からウン年が経ち、

我が家も、ここが傷み始めました。

f:id:keigoman:20190707141156j:plain

 

アップで見るとこんな感じ。

f:id:keigoman:20190707141215j:plain

 

人が住んでいる以上、仕方のないことですが、

できればきれいに保っていたいわけです。

 

で、話は変わって我が家は

ヘーベルハウスで建てたので、新築から

1年目、2年目、5年目など、良きタイミングで

ヘーベルのメンテナンスマンが点検に来てくれます。

使っている人のせいではなく問題が起きた部分を

ちょいちょいと補修してくれたりするのですが、

クロス巻き込みの傷みは、さすがにその対象外。

その時、我が家にやってきたメンテナンスマンが

「こんな手もありますよ」と

教えてくれたのが、次のカンタンな直し方です。

 

それは、ドライヤー。

けば立ってきたり、

小さく捲れてきたりした程度であれば、

ドライヤーの熱風を

当てることで直る

というのです。

 

ではさっそく、上の写真の部分に

ドライヤーを当ててみましょう。

f:id:keigoman:20190707142550j:plain

 

ご自慢のダイソン製ドライヤーは、

この家に入居した際、そのお礼にと、

一緒に住むことになった自分(夫)の両親が

嫁にプレゼントしてくれたものです。

f:id:keigoman:20190707155429j:plain

 

中央にがっつり穴が開いているので、

狙った部分に熱風を当てられるという、

意外なメリットにも、

今回の件で気が付きました。

 

さて、アフターの写真がこちら。

f:id:keigoman:20190707142911j:plain

 

分かりやすくするために、

横並びにしたものがこちら。

f:id:keigoman:20190707143512j:plain

 

結構、目立たなく

なってるんですけど

 

何がいいって、

お金がかからないところがいい!

 

ドライヤーの熱風の力で、

壁紙を収縮させるということなのでしょう。

自分もこの家を建てるにあたって、

ネットに落ちているいろいろな

「ライフハック」的な記事を読んできましたが、

こんな方法は見たことがない!

あったらごめん!

 

こりゃいい! というわけで、

リビングルームのワークスペースの、ここ。

f:id:keigoman:20190707152011j:plain

 

結構イッちゃってるここにも

ドライヤーを当ててみたのですが、

f:id:keigoman:20190707152040j:plain

 

さすがにここまで傷んでしまったら、

ドライヤー修復法ではダメでした。

 

あれこれあってこの部分はハウスメーカーが

無償で壁紙を張り替えてくれることになった

のですが、ご興味のある方はこちらの記事にて。 

www.keigoman.com

 

ともあれ、

クロス巻き込み部分の

軽度な傷みは

ドライヤーで直る!

ということを、覚えておいて損はないはず。

 

熱風が一番熱くて一番強いゾーンを、

きっちり患部に当てるのがコツです。

 

ご清聴、ありがとうございました。

日本ブログ村のランキングに参加しています。

この記事が役に立ったよ!という方は

下の写真をポチっとクリックして

応援してくれると嬉しいです!

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 旭化成ホームズへ
にほんブログ村