keigoman’s diary 注文住宅物語

注文住宅や、二世帯住宅にまつわる記事を中心に。

我が家のシンボルツリー、シマトネリコに花が咲いたので駆逐した件

 

DIYで植えた我が家のシンボルツリー、

シマトネリコさん。

f:id:keigoman:20190708152801j:plain

 

「落葉樹でないため落ち葉掃除もいらない」と

いう話を先日したのですが、 

www.keigoman.com

 

新たな敵が出現してしまいました。

樹の高さが3mを超えたとある6月頃、

突然、花が咲いたのです。

f:id:keigoman:20190708152852j:plain

 

枝の先端に、線香花火のような小さな花が。

これの何が問題かというと、

花びら的な小さいモノが、

毎日毎日、落ちてくるのですよ。

f:id:keigoman:20190708153020j:plain

 

分かりやすい角度からもう一枚。

f:id:keigoman:20190708153029j:plain

 

こんな感じで、掃いても掃いても、

悲しみが雪のように降り積もるわけです。

※「愛という名のもとに」世代です。

で、雨が降ったりしたら、

玄関タイルに張り付いて、掃き掃除も大変。

アホみたいに毎日掃いていたのですが、

これじゃあ大変です。

 

「駆逐してやる…!」

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

進撃の巨人(29) (講談社コミックス) [ 諫山 創 ]
価格:486円(税込、送料無料) (2019/7/8時点)

楽天で購入

 

 

というわけで準備するものは、

脚立とハサミ。

f:id:keigoman:20190708153538j:plain

 

こんな感じで、先端部分の花という花を、

リヴァイ兵長のごとく切って切って切りまくり、

f:id:keigoman:20190708154020j:plain

 

全ての花を駆逐、いや剪定したのでした。

f:id:keigoman:20190708154130j:plain

 

最初からこうしてりゃよかった。

 

ちょうどその作業を終えたところに、

小学4年生になった息子が帰宅しまして。

「あ、花切ったんだ」

と言うものですから、

「ああ。毎日掃き掃除すんの、大変だったからな」

と答えたところ、次のような発言が。

 

「“猫を追うより

 魚をのけよ”?」

 

【猫を追うより魚をのけよ】

猫を追い払うよりも魚を取りのぞくほうがよい。末梢(まっしょう)的なことにこだわるのではなく、根本を正すべきだということ。猫を追うより皿を引け。

小学館『デジタル大辞泉』より

 

息子の口から、こんな言葉が

さらっと出てくるようになるなんて。

ついこの間まで、

 

「どうしてしいたけさんは、

 切るとおひげの形になるの?」

 

とか言ってたのに。

あれは4歳の頃か。もう6年も前のことなのか。

 

父ちゃんもう、うれしいのか寂しいのか

分からない涙を流しながら、

ビール飲むしかないよ…。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 旭化成ホームズへ
にほんブログ村

↑家ブログのランキングに参加しています。

上の写真をクリックしていただけると、

新たな原稿のネタが湧き出てきます。