keigoman’s diary 注文住宅物語

注文住宅や、二世帯住宅にまつわる記事を中心に。

ロハスフェスタ東京に行ってきたので、買ったもの全部見せる

 

年に一度、我が家が楽しみにしているイベント、

ロハスフェスタ。

今年も行って参りました!

f:id:keigoman:20190916114604j:plain

 

オフィシャルサイトによると、

 

『ロハスとは英語の頭文字をとった略語の「LOHAS」のこと。自分の身体や心にいいことは地球にも優しいことなのでは?という考え方を基本にしたライフスタイル。日々の暮らしの中で「安ければいい」「便利がいちばん」といった考え方ではなく、こだわりを持って心豊かに暮らすこと。』

 

とのことで、

「安ければいい」「便利がいちばん」と日々

そればかり考えている自分ですが、毎年これに

足を運んでいるわけです。なぜなら、

 

売っているものが

おしゃれ&かわいい!

 

かわいい最強! かわいい無敵!

例えば今年、ウチの奥様が買ったバッグはこれ!

f:id:keigoman:20190916120133j:plain

f:id:keigoman:20190916120143j:plain

 

こちら6900円! 安い!

ヴィトンのバッグとかひとつも持っていない

奥様ですが、彼女はこーゆーのが大好き。

なんというか、

流木がディスプレイ

されているお店に弱い嫁

とでも言いましょうか。

好みの方向性がそんな感じなので、

ロハスフェスのアイテムは、

ことごとく刺さるわけです。

 

あと今年買ったものは、この謎のカメラ。

f:id:keigoman:20190916120233j:plain

 

…のオブジェと、さらに謎の小物。

f:id:keigoman:20190916120216j:plain

 

2つ合わせて1500円!

オフィシャルの宣伝文句によれば、

ロハスフェスに集まっているお店は、

 

『女子にうれしいオシャレアイテムや、自宅を彩るグリーン・インテリア、体に優しいグルメなどこだわり作品が、ロハスフェスタ東京に大集合!』

 

…とのことで、写真のような雑貨から、

洋服、バッグ、インテリアや家具、

昭和レトロアイテムやアクセサリー、

ガーデニンググッズ、似顔絵屋さんまで、

150ものブースが出店しているのです。

 

今年は広島を皮切りに大阪(万博)、

福岡、大阪(南港)、東京と行われていて、

2019年の残りは、以下の3回。

 

淡路島(2019.10.12~14)

万博(2019.11.01~05)

万博(2019.11.15~17)

※ブースの数は会場によって変動します。

 

入場料は、東京の場合は350円でしたが、

会場によってその値段は異なる様子。

最後にリンクも貼っておきますが、

買ったものをまだまだ見せます!

f:id:keigoman:20190916122109j:plain

謎の三日月オブジェ。

 

f:id:keigoman:20190916122016j:plain

謎の多肉植物飾り。

 

f:id:keigoman:20190916122033j:plain

子どもが大好きな木製パズル。

 

そしてまた、これらは去年買ったものですが、

f:id:keigoman:20190916122413j:plain

会場で自作するタイプのゴム鉄砲。

 

f:id:keigoman:20190916122427j:plain

同じく会場で、当時小3の子どもが、釘を

トンカントンカンしながら作ったパチンコ台。

 

あと、自分が愛用している、

このリュックサックについている、

f:id:keigoman:20190916125523j:plain

 

これ。

f:id:keigoman:20190916125542j:plain

 

実はペットボトルホルダーで、

f:id:keigoman:20190916125551j:plain

 

こんな感じにぶら下げられるので、

めっちゃ便利。

f:id:keigoman:20190916125558j:plain

↑これを売っているブースは、

今年も出店していました。

 

そしてまた、玄関にずっと居座っている

こちらのアイテムも、

f:id:keigoman:20190916122859j:plain

 

その向こうに見えている小さい棚も、

f:id:keigoman:20190916122919j:plain

 

どちらもロハスフェスタで、

500円くらいで買ったものです。

そういえばリビングルームのここにある、

f:id:keigoman:20190916123328j:plain

 

これもそう。

f:id:keigoman:20190916123344j:plain

 

出店しているブースのほとんどが、

個人経営の小さなお店だったり、

実際の店舗を持っていなかったりと、

すべて一点モノの手作り系。 

こんなかわいいお店にしても、

f:id:keigoman:20190916125840j:plain

 

ハンモック屋さんにしても、

f:id:keigoman:20190916125901j:plain

 

イオンや、ららぽーとには

売っていないものばかりが置いてあります。

そこがいいのです。

 

東京の会場は、

練馬区にある光が丘公園なので、思い切り屋外。

f:id:keigoman:20190916130134j:plain

 

ゆるーいコンサートなんかも開かれていて、

f:id:keigoman:20190916130441j:plain

 

食べ物のブースも20店舗ほど並んでいて、

f:id:keigoman:20190916130507j:plain

 

1日中遊べます。

カレーとかピザとか、かなり本格的な味。

注意点としては、これら飲食店で提供される食べ物は、

全て紙皿などが用意されていないので、予め、

自分で器を持っていかなくてはならないところ。

アウトドア用のプラスチック皿などを持参しましょう。

ない場合は、現地で、100円で皿を買ったり、

10円でハシを買ったりしなくてはいけません。

給水所もあり、お茶は無料でもらえますが、

それを入れるための水筒も必須。

ペットボトルは、持ち込む分にはOKですが、

これに給水所のお茶を入れるのはNGです。

 

ともあれ。

家、インテリア、

家具、雑貨などに

興味のある人なら

1日中遊べるイベントです。

私たち家族は、9月の三連休の真ん中、

15日(日)の昼頃から行きましたが、

特に行列もなくすんなり入ることができ、

中に入っても、大きな混雑はありませんでした。

 

 

というわけで、この日は小4の息子も、

お母ちゃんといちゃいちゃデート。

f:id:keigoman:20190916130813j:plain

 

来年も、ロハスフェスタには行くけれど、

こんな風にくっついてくれるのは、

今年が最後かな。寂しいなぁ……。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

↑家ブログのランキングに参加しています。

「読んだ!」のしるしに、

上の写真をクリックしていただけると、

新たな原稿のネタが湧き出てきます。

にほんブログ村テーマ みんなのWeb内覧会へ【web内覧】

みんなのWeb内覧会

Web内覧会*ヘーベルハウス

WEB内覧会*リビング

WEB内覧会*ダイニング

WEB内覧会*キッチン

WEB内覧会*ワークスペース

WEB内覧会*洗面所

WEB内覧会*玄関

WEB内覧会*トイレ

WEB内覧会*和室

WEB内覧会*外構

web内覧会*収納・クローゼット

にほんブログ村テーマ インテリアデザインへ【インテリア・収納】

インテリアデザイン

シンプル・モダン インテリア

暮らしをつくるインテリア

おしゃれなインテリア家具・雑貨

インドア&インテリアグリーン

モダンインテリアとデザイン家電

シンプルで綺麗な収納&片付け

収納の法則

わが家の快適収納

にほんブログ村テーマ 新築一戸建て・注文住宅へ

【我が家が比較検討したハウスメーカー】

新築一戸建て・注文住宅

ヘーベルハウス

セキスイハイム

ダイワハウス

一条工務店

パナホーム

三井ホーム

トヨタホーム

積水ハウス

住友林業

ロハスフェスタのオフィシャルHPは以下。

event.lohasfesta.jp